2017年4月27日

2018年卒採用 「増やす」見込みの企業が3割超 ディスコ調べ

 ディスコ(東京・文京、新留正朗社長)が企業を対象に、採用広報開始から約1カ月経過時点の採用活動の現状を調査した結果、2018年卒学生の採用を「増やす」見込みの会社が3割を超えていることが分かった。

 (11879)

 2018年卒学生の採用見込みは、2017年卒採用よりも「増やす」が31.3%、「減らす」が9.4%となり、増加傾向となった。

 従業員の規模別にみると、「増やす」が多いのは、従業員「1000人以上」(34.9%)の大手。次いで「300~999人」が32.2%、「300人未満」が28.3%となった。

 業界別で「増やす」が多いのは、「サービス、その他」が最も多く、34.8%だった。

【2018年卒学生の採用を増やす見込み(業界別)】
メーカー     29.6%
商社・流通    33.9%
金融       20.0%
IT・情報処理   31.3%
サービス、その他 34.8%

 現時点での学生のエントリー数は、前年より「増えた」(31.8%)と「減った」(35.4%)が3.6ポイント差と僅差となった。

 業界別エントリー数では、「IT、情報処理」で「増えた」(37.5%)が「減った」(19.7%)を17.8ポイント差で大きく上回った。一方、「メーカー」では「減った」(39.9%)が「増えた」(28.4%)を11.5ポイント上回るなど、業界によって差が生じた。

【業界別エントリー数(前年比)】
      増えた  減った
メーカー  28.4%   39.9%
商社・流通 32.5%   43.4%
金融     34.3%   34.3%
IT、情報処理 37.5%   19.7%
サービス、その他 32.0%   34.0%

 面接の開始時期は、4月が最多で36.3%となった。6月以降の面接開始は2割未満(16.1%)に留まる。

 従業員の規模別に見ると、いずれの規模でも4月開始が最多。ただし、「1000人以上」では6月開始も22.3%と比較的多い。

 業界別では、「IT、情報処理」は3月開始が43.8%と集中している。「メーカー」、「商社・流通」は4月に集中(メーカー42.9%、商社・流通39.7%)。「金融」は5月開始が最多で34.3%となったが、6月開始も3割を超える(31.4%)。「サービス、その他」は3割を超える月はなく、分散傾向だった。

 調査は、2017年3月27日~30日の間、2018年度の新卒採用を予定している全国の主要企業を対象にインターネットで実施し、670社から回答を得た。

おすすめの記事

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職
「勤怠が乱れている」「勤務態度が不良の社員がいる」「勤務成績が著しく悪い社員がいる」などの悩みは、多かれ少なかれ、どの企業においても抱えていると思います。近年、企業からの相談で増えているのは、このような問題社員に精神的な不調が疑われるというケースです。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

 グローバル人材の採用は5割の企業で増加しているものの、いまだに約7割の企業が不足していると感じていることが、総務省が発表した「グローバル人材育成の推進に関する政策評価」で明らかとなった。
HRテックの最新動向 高機能・低価格で大幅に生産性向上

HRテックの最新動向 高機能・低価格で大幅に生産性向上

 HRテックを取り入れる企業は近年拡大傾向にある。その背景には安価でかつ安全なサービスを取り入れることで、人事部門の生産性向上や社員の働きやすさ向上につなげる意図がある。新卒採用、中途採用、労務管理、タレントマネジメント、教育・研修、組織診断、社内SNSの7つの分野の日本におけるサービスを取材した。
2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

 2018年の新卒採用予定者数が前年と比べて「増加」するとした事業所は、学歴別にみて「高校卒」、「大学卒(文科系)」、「大学院卒」、「専修学校卒」の4学歴で2017年5月調査の割合を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース