2017年4月27日

2018年卒採用 「増やす」見込みの企業が3割超 ディスコ調べ

 ディスコ(東京・文京、新留正朗社長)が企業を対象に、採用広報開始から約1カ月経過時点の採用活動の現状を調査した結果、2018年卒学生の採用を「増やす」見込みの会社が3割を超えていることが分かった。

 (11879)

 2018年卒学生の採用見込みは、2017年卒採用よりも「増やす」が31.3%、「減らす」が9.4%となり、増加傾向となった。

 従業員の規模別にみると、「増やす」が多いのは、従業員「1000人以上」(34.9%)の大手。次いで「300~999人」が32.2%、「300人未満」が28.3%となった。

 業界別で「増やす」が多いのは、「サービス、その他」が最も多く、34.8%だった。

【2018年卒学生の採用を増やす見込み(業界別)】
メーカー     29.6%
商社・流通    33.9%
金融       20.0%
IT・情報処理   31.3%
サービス、その他 34.8%

 現時点での学生のエントリー数は、前年より「増えた」(31.8%)と「減った」(35.4%)が3.6ポイント差と僅差となった。

 業界別エントリー数では、「IT、情報処理」で「増えた」(37.5%)が「減った」(19.7%)を17.8ポイント差で大きく上回った。一方、「メーカー」では「減った」(39.9%)が「増えた」(28.4%)を11.5ポイント上回るなど、業界によって差が生じた。

【業界別エントリー数(前年比)】
      増えた  減った
メーカー  28.4%   39.9%
商社・流通 32.5%   43.4%
金融     34.3%   34.3%
IT、情報処理 37.5%   19.7%
サービス、その他 32.0%   34.0%

 面接の開始時期は、4月が最多で36.3%となった。6月以降の面接開始は2割未満(16.1%)に留まる。

 従業員の規模別に見ると、いずれの規模でも4月開始が最多。ただし、「1000人以上」では6月開始も22.3%と比較的多い。

 業界別では、「IT、情報処理」は3月開始が43.8%と集中している。「メーカー」、「商社・流通」は4月に集中(メーカー42.9%、商社・流通39.7%)。「金融」は5月開始が最多で34.3%となったが、6月開始も3割を超える(31.4%)。「サービス、その他」は3割を超える月はなく、分散傾向だった。

 調査は、2017年3月27日~30日の間、2018年度の新卒採用を予定している全国の主要企業を対象にインターネットで実施し、670社から回答を得た。

おすすめの記事

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職
「勤怠が乱れている」「勤務態度が不良の社員がいる」「勤務成績が著しく悪い社員がいる」などの悩みは、多かれ少なかれ、どの企業においても抱えていると思います。近年、企業からの相談で増えているのは、このような問題社員に精神的な不調が疑われるというケースです。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

上場企業の2017年卒大学生の初任給は21万868円、“据え置き”率は2年連続上昇

上場企業の2017年卒大学生の初任給は21万868円、“据え置き”率は2年連続上昇

 労務行政研究所が東証第1部上場企業228社を対象に実施した初任給調査によると、2017年度の大学卒者の初任給は21万868円で、初任給を前年度と同額に「据え置き」した企業は前年度より4.1ポイント上昇の70.2%となり、据え置き率が2年連続で上昇したことが分かった。
2018年3月卒の大卒求人倍率は前年並みの1.78倍、従業員規模別の倍率差は拡大

2018年3月卒の大卒求人倍率は前年並みの1.78倍、従業員規模別の倍率差は拡大

 リクルートホールディングス(東京・千代田、峰岸真澄社長)の研究機関、リクルートワークス研究所が実施した調査によると、2018年3月卒業予定の大卒求人倍率は前年とほぼ同水準となる1.78倍だったが、従業員規模や業種間で倍率差が拡大していることが分かった。
未充足の求人がある事業所が53%、サービス業では71%

未充足の求人がある事業所が53%、サービス業では71%

 未充足の求人がある事業所が53%に上ることが、厚生労働省の2月の労働経済動向調査で分かった。サービス業は7割以上、医療・福祉業や宿泊・飲食サービス業では6割以上となっている。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース