2016年11月2日

外資系企業の従業員数は63.8万人、アジア系企業が増加

 経済産業省の外資系企業動向調査によると、外資系企業のうちアジア系企業の割合が上昇していることが明らかとなった。

 (10596)

 2014年度(2015年3月末)の集計企業数は3332社。

 業種別では、卸売業が1317社で全産業の39.5%を占めて最多、次いでサービス業474社(14.2%)、情報通信業356社(10.7%)となっている。

 母国籍別にみると、ヨーロッパ系企業が1464社(43.9%)、アメリカ系企業が862社(25.9%)、アジア系企業が792社(23.8%)。

 企業数を前年と比べるとヨーロッパ系は0.5ポイント、アメリカ系は0.9ポイント低下している一方、アジア系は1.6ポイント上昇している。

 企業数の過去の推移と合わせて見ると、2012年度は新規参入80社・撤退143社、13年度は新規参入73社・撤退168社、14年度は新規参入113社・撤退128社となっている。

 2014年は新規参入企業数が増えたものの、依然として撤退企業数が新規参入企業数を上回っており、日本における外資系企業数は減少を続けている状況だ。

 2014年の常時従業者数は63.8万人、前年度比4.6%の増加となった。過去の従業員数は、12年が53.5万人、13年が61.0万人だった。

 産業別にみると、製造業では22.2 万人で前年度比0.5%増、非製造業が41.6万人で同6.9%増となっている。

 特に製造業では輸送機械が最も多く8.8 万人(前年度比 2.1%増)、非製造業ではサービス業が最も多く8.2万人となったが、前年度比は1.0%低下した。

 売上高は47.7兆円で前年度比3.2%増加した一方、経常利益は3.0兆円で前年度比3.3%減少している。また、設備投資額は1.1兆円で前年度比14.0%増加した。

 日本人の人材確保上の阻害要因は「英語でのビジネスコミュニケーションの困難性」(54.9%)が最も多く、前年調査と比べ2.0ポイント上昇した。

 前年調査で最も多かった「給与等報酬水準の高さ」(53.3%)は3.3ポイント低下した。次いで「労働市場の流動性不足」(34.2%)、「募集・採用コスト」(29.2%)、「厳格な労働規制」(23.4%)、「法定外福利費水準の高さ」(23.3%)が続いた。

同一労働同一賃金で注目される長澤運輸事件・東京地裁判決

同一労働同一賃金で注目される長澤運輸事件・東京地裁判決
一億総活躍国民会議(2月23日)における安倍総理大臣の指示に基づき、3月23日以降、厚生労働省職業安定局が実施する検討会(同一労働同一賃金の実現に向けた検討会)において「同一労働同一賃金」の実現に向けた具体的方策について検討が進められています。そのような中、5月13日に言い渡された長澤運輸事件の東京地裁判決(労判1135号11頁)が注目を集めています。皆さんの中には実際に判決文をお読みになった方もいらっしゃるかもしれません。
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【バイリンガルの採用】複数国のマネジメントができるマルチリンガル人材に高い需要

【バイリンガルの採用】複数国のマネジメントができるマルチリンガル人材に高い需要

インテリジェンス・グローバル・サーチ ナイーム・イクバル マネジング・ダイレクター
【外資系企業の採用戦略】人材市場でのブランド力を高め、即戦力の女性・シニア層を狙う

【外資系企業の採用戦略】人材市場でのブランド力を高め、即戦力の女性・シニア層を狙う

実力主義のコンサルティング会社やネット系企業の積極的な採用、英語力を求める日本企業の増加などで、外資系企業の採用環境は厳しさを増しているという。採用事情に詳しい人材紹介会社コンコードエグゼクティブグループ社長の渡辺秀和氏に、外資系企業の採用戦略のポイントなどを聞いた。
外資系企業が採用を増やす若手・女性のポストコンサル

外資系企業が採用を増やす若手・女性のポストコンサル

近年、コンサルティング会社出身者である「ポストコンサル」を積極的に採用する動きが本格化し、外資系企業もターゲットにしているという。企業のポストコンサル採用を数多く支援している人材紹介会社コンコードエグゼクティブグループ社長の渡辺秀和氏に、外資系企業の採用動向やポストコンサル採用の狙いなどを聞いた。
外資系企業の人材採用 競争激化で厳しさ増す

外資系企業の人材採用 競争激化で厳しさ増す

バイリンガル人材を採用ターゲットとする国内の外資系企業の採用環境が厳しさを増している。日本に進出する外資系企業の増加に加え、海外に目を向け始めた日系企業ともバイリンガル人材を奪い合う状況となっている。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース