2017年8月15日

平均家賃相場は?気になる同棲生活を徹底解剖!

同棲生活を成功させるためには、平均家賃相場や自分たちに適した間取りなどを事前に2人できちんとリサーチし、納得のいくまで話し合うことが大切です。今回は30代のカップル向けに、家賃の平均相場やオススメの間取り、同棲生活を成功させるコツまで、余すことなくご紹介します!

気になる同棲生活に関してのあれこれ

悩む男女|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (15868)

結婚を意識した同棲を始めるにあたって、自分たちと同じ年代のカップルがどんな同棲生活をしているのか、家賃や生活費の支払い分担はどうしているのか、気になることだらけで悩んではいませんか?

事前にほかのカップルがどうやって生活しているのか把握しておくことで、自分たちの話し合いもスムーズに進むかもしれません。まずは、30代カップルの平均家賃から見ていきましょう。

30代カップルの平均家賃が知りたい!

賃貸に住む場合、毎月の家賃は、手取り収入の約3分の1までに抑えるとよいでしょう。たとえば同棲する2人の年収が合わせて500万円だとすると、月々の手取り収入はおよそ42万円。すると、この場合の家賃目安は、月13万円~14万円です。

実際に、30代の同棲カップルが支払っている家賃は、この月13万円~14万円台が最も多いといわれています。しかし、同棲カップルにおける年代別の平均家賃相場は、住んでいる地域によっても大きく異なるため、一概にこの価格帯が適切とはいえません。

関東を例にあげると、埼玉などの関東近郊は、東京都内の平均家賃よりも2万円近く安いです。地方はこれより更に安くなる傾向がありますので、家賃を決める際は、平均相場よりもお互いの収入面を考慮して選択するのがよいでしょう。

同棲にベストな間取りとは?

同棲経験のあるカップルに、オススメの間取りを聞いたところ、一番多かった回答は「2DK」でした。その主な理由はこちら。

・お互いのプライベートな空間がもてることで、程よい距離感を保てる
・これ以上広い間取りに住むと、掃除に手間がかかる
・2DKの間取りであれば、荷物の多くても収納に困らなくて済む

プライベートな場所や時間を確保できることから、この間取りを選ぶ方が多いのですね。

家賃の支払い方法はどうする?

平均の家賃相場や間取りが分かったところで、次に気になるのは、家賃や生活費等を分担して支払う方法。家賃を支払う際は、「完全折半」もしくは「収入の多いほうが少し多めに出す」方法を選択するのが好ましいです。

たとえば、女性よりも男性のほうが多く稼いでいる場合には、男性が家賃を多めに払い、女性はその分家事を積極的に行うなど、2人が気持ちよく生活していけるような配慮が大切。

また、家賃以外の光熱費や生活費、2人の食費などを計算し、それぞれいくらずつ出し合えば良いのか、相談し合って決めているカップルもいます。

同棲生活成功のカギは○○だった!

同棲する上で気を付けるポイントは2つあります。1つは「見栄を張らないで素の自分をさらけ出すこと」。もう1つは「期間を決めて同棲をすること」です。

同棲生活の中で、相手の生活ペースや家の中での様子などから、自分は本当にこの人と結婚して良いのか、自分に合っている相手なのかどうかを判断することは重要です。その際、相手に良くみせようと見栄を張ったり、普段と違う自分を無理してつくったりしていたのでは、2人の正確な相性は判断できません。

また、同棲生活がダラダラと続いて婚期を逃してしまうことのないようにすることも大切です。最初から同棲の期間を決めて、その期間が過ぎたら結婚するという決まりを、2人の中につくったうえで同棲を始めるとよいでしょう。

2人らしい暮らし方のススメ

「おはよう」や「おやすみ」を毎日言い合える同棲は、楽しいことや嬉しいことがいっぱいです。今回ご紹介した家賃の平均価格や、オススメの間取りを参考に、自分たちらしい、素敵な暮らし方を見つけていってくださいね。
13 件

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中