2017年11月6日

60歳定年を迎えた人の84.1%が継続雇用

 厚生労働省がまとめた「高年齢者の雇用状況」によると、過去1年間に60歳定年企業で定年を迎えた人の84.1%が継続雇用されたことが分かった。

 (13499)

 過去1年間に60歳定年企業で定年を迎えた34万5730人のうち、継続雇用された人は29万594(84.1%)、継続雇用を希望しなかった人は5万4481人(15.8%)、継続雇用を希望したが継続雇用されなかった人は655人(0.2%)だった。

 今年6月1日現在で、高年齢者雇用確保措置を実施済企業の割合は99.7%。実施済企業における雇用確保措置の内訳は、「定年制の廃止」(2.6%)、「定年の引き上げ」(17.1%)、「継続雇用制度の導入」(80.3%)となっている。

 継続雇用制度を導入している企業のうち、希望者全員を対象とした制度を導入している企業は70.0%、対象者を限定する基準がある制度を導入している企業は30.0%。

 雇用確保措置を講じている企業の継続雇用先は「自社のみ」の企業が94.1%、「自社以外の継続雇用先(親会社・子会社、関連会社等)がある」企業は5.9%となっている。

 希望者全員が66歳以上まで働ける企業の割合は5.7%(前年比0.8ポイント増)で、従業員数別に見ると、従業員300人未満の企業は6.1%(同0.9ポイント増)、300人以上の企業は2.2%(同0.3ポイント増)となっている。

 継続雇用の上限年齢別に見ると、上限年齢66~69歳は0.6%(同0.3ポイント増)、上限年齢70歳以上は5.1%(同0.6ポイント増)となっている。

 労働者31人以上の企業の常用労働者(約3080万人)のうち、60歳以上の常用労働者は11.3%の約347万人。60歳以上の常用労働者は増加が続いており、8年前の2009年と比較すると約131万人増加している。

 集計対象は、全国の常時雇用する労働者が31人以上の企業15万6113社。

おすすめの記事

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、山梨県民信用組合事件の最高裁判決(最高裁判所第二小法廷平成28年2月19日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

希望者全員が66歳以上まで働ける企業は10.6%

希望者全員が66歳以上まで働ける企業は10.6%

 厚生労働省がまとめた「高年齢者の雇用状況」によると、希望者全員が66歳以上まで働ける企業の割合は10.6%に上っていることが分かった。
60歳定年を迎えた人の82.9%が継続雇用

60歳定年を迎えた人の82.9%が継続雇用

 厚生労働省がまとめた「高年齢者の雇用状況」によると、過去1年間に60歳定年企業で定年を迎えた人の82.9%が継続雇用されたことが分かった。
働き方改革元年 人事担当者の緊急5テーマ

働き方改革元年 人事担当者の緊急5テーマ

働き方改革関連法が4月以降に順次施行され、2019年は「働き方改革元年」とも言うべき年になる。労務リスクを回避するための様々な対応が迫られる中、人事担当者が取り組むべき5つのテーマを解説する。(文・溝上憲文編集委員)
働き方改革で拡大する採用力格差

働き方改革で拡大する採用力格差

少子高齢化による労働力人口の減少で人材不足が慢性化する中、企業は働き方改革による生産性向上を迫られている。2019年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要人材コンサルティング会社のトップ・事業責任者に聞いた。
働き方改革関連法に対応済とする企業は4割にとどまる 東京商工会議所

働き方改革関連法に対応済とする企業は4割にとどまる 東京商工会議所

日本商工会議所がまとめた「働き方改革関連法への準備状況等に関する調査」によると、今年4月から順次施行される「働き方改革関連法」に関して「時間外労働の上限規制」に対応済の企業は45.9%、「年次有給休暇の取得義務化」に対応済の企業は44.0%と、どちらも4割にとどまっていることが明らかとなった。
残業規制、年休義務化、同一労働同一賃金 施行直前チェックリスト

残業規制、年休義務化、同一労働同一賃金 施行直前チェックリスト

昨年の働き方改革関連法の成立に伴って、4月から順次、労働基準法をはじめとする関連法令の改正が施行される。施行が直前に迫る中、確認すべき人事実務のポイントを社会保険労務士の細川芙美氏に解説してもらった。
2019年重要テーマ 分野別サービス紹介

2019年重要テーマ 分野別サービス紹介

2019年は働き方改革の本格的始動をはじめ、企業のグローバル化や売り手市場における採用活動、さらには社員へのメンタルケアや研修・評価管理の充実など、人事担当者が取り組むべき課題は山積みだ。これらの課題解決を支援する、今後さらに注目されるサービスを提供している企業に対し、取材を行った。
2018年 人事動向の振り返り

2018年 人事動向の振り返り

2018年は無期転換ルールの本格化、同一労働同一賃金で初の最高裁判断、働き方改革関連法の成立と、対応に追われた人事担当者も多いのではないか。本稿では今年1年間の人事動向を振り返っていく。(文・溝上憲文編集委員)
自社の働き方改革、「有給休暇の取得」と「コミュニケーション促進」で進んでいると評価

自社の働き方改革、「有給休暇の取得」と「コミュニケーション促進」で進んでいると評価

 日本能率協会(東京・港、中村正己会長)が管理者を対象に実施した働き方改革への意識について聞くアンケート調査によると、働き方改革の取り組みにより「有給休暇の取得」、「コミュニケーション促進」が進んでいると回答する管理者が5割に迫っていることが分かった。
賃金アップによる待遇強化で、待遇差のある各種手当の廃止へ

賃金アップによる待遇強化で、待遇差のある各種手当の廃止へ

働き方改革関連法の柱の一つである「同一労働同一賃金」について、正規と非正規の待遇差見直しに向けて各社は対応を進めている。今回は、その中でも従業員のうち非正規雇用社員が約半数を占める日本郵政グループの対応について解説する。(文・溝上憲文編集委員)

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース