2017年11月6日

60歳定年を迎えた人の84.1%が継続雇用

 厚生労働省がまとめた「高年齢者の雇用状況」によると、過去1年間に60歳定年企業で定年を迎えた人の84.1%が継続雇用されたことが分かった。

 (13499)

 過去1年間に60歳定年企業で定年を迎えた34万5730人のうち、継続雇用された人は29万594(84.1%)、継続雇用を希望しなかった人は5万4481人(15.8%)、継続雇用を希望したが継続雇用されなかった人は655人(0.2%)だった。

 今年6月1日現在で、高年齢者雇用確保措置を実施済企業の割合は99.7%。実施済企業における雇用確保措置の内訳は、「定年制の廃止」(2.6%)、「定年の引き上げ」(17.1%)、「継続雇用制度の導入」(80.3%)となっている。

 継続雇用制度を導入している企業のうち、希望者全員を対象とした制度を導入している企業は70.0%、対象者を限定する基準がある制度を導入している企業は30.0%。

 雇用確保措置を講じている企業の継続雇用先は「自社のみ」の企業が94.1%、「自社以外の継続雇用先(親会社・子会社、関連会社等)がある」企業は5.9%となっている。

 希望者全員が66歳以上まで働ける企業の割合は5.7%(前年比0.8ポイント増)で、従業員数別に見ると、従業員300人未満の企業は6.1%(同0.9ポイント増)、300人以上の企業は2.2%(同0.3ポイント増)となっている。

 継続雇用の上限年齢別に見ると、上限年齢66~69歳は0.6%(同0.3ポイント増)、上限年齢70歳以上は5.1%(同0.6ポイント増)となっている。

 労働者31人以上の企業の常用労働者(約3080万人)のうち、60歳以上の常用労働者は11.3%の約347万人。60歳以上の常用労働者は増加が続いており、8年前の2009年と比較すると約131万人増加している。

 集計対象は、全国の常時雇用する労働者が31人以上の企業15万6113社。

おすすめの記事

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、山梨県民信用組合事件の最高裁判決(最高裁判所第二小法廷平成28年2月19日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

60歳定年を迎えた人の82.9%が継続雇用

60歳定年を迎えた人の82.9%が継続雇用

 厚生労働省がまとめた「高年齢者の雇用状況」によると、過去1年間に60歳定年企業で定年を迎えた人の82.9%が継続雇用されたことが分かった。
約7割の企業で副業禁止の現状、来たるべき副業・複業時代には「コミュニケーション能力」が必要

約7割の企業で副業禁止の現状、来たるべき副業・複業時代には「コミュニケーション能力」が必要

 管理職を対象にした調査によると、約7割の企業で副業・複業が禁止されていることが、人材サービスのアデコ(東京・港、川崎健一郎社長)が実施した「副業・複業に関する調査」で明らかとなった。禁止の理由は、長時間労働に対する懸念と情報漏洩のリスクという声が多くあがった。
クラウドワークの光と影

クラウドワークの光と影

クラウドワークは時間と場所を選ばず働けるため、近年注目されており同時に急増している。一方で待遇はどうだろうか。クラウドワークの現状について語る。
労務リスクを回避する 3つの取組テーマ

労務リスクを回避する 3つの取組テーマ

働き方改革を実行する上で、無期転換ルール、同一労働同一賃金、時間外労働の上限規制への対応は避けては通れない。「働き方改革関連法案」はまだ国会審議前だが、今から対応すべきことを中心に解説していく。(文・溝上憲文編集委員)
ヒューマンホールディングス RPAを全社導入し業務削減目指す、導入支援は全国9拠点に拡大

ヒューマンホールディングス RPAを全社導入し業務削減目指す、導入支援は全国9拠点に拡大

 ヒューマンホールディングス(東京・新宿、佐藤朋也社長)は、6月1日から定型的な業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を全社で本格導入する。ノウハウを有する人材サービスのヒューマンリソシア(東京・新宿、御旅屋貢社長)がグループ全社に対しRPA教育の機会を設け、必要に応じて導入支援、シナリオ作成サポートも行う。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース