2017年1月30日

給与調査を発表、医療・ライフサイエンス業界の雇用増を予測 マイケル・ペイジ

 外資系人材紹介会社のマイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン(東京・港、リチャード・キングマネージング・ディレクター)は、「2017年日本給与調査」を発表した。17年の雇用動向について同社は、急速な高齢化に対応するための需要が高まり、医療やライフサイエンス業界の雇用が伸びると予測している。

 (11365)

 マイケル・ペイジ・ジャパンは、17年の日本企業の業績は上向き、特に急速な高齢化に対応するための革新的ソリューションに対しては継続的な需要によって、医療、ライフサイエンス業界の雇用増を予測している。

 人材不足は今後とも多くの産業で課題で、同社が人材紹介の対象とするような英語、日本語ともに堪能なバイリンガル人材は限られているため外資系企業が最も人材不足に悩まされると見ている。

 またクラウドコンピューティング、ビッグデータ、人工知能などの成長分野のIT企業は、経験豊富な中間管理職以上の人材を採用するのが難しく、エンジニアリングとプログラミング技術に長けた候補者は、複数の内定を受け取ることになると見込む。

 一方、金融業界は収益の減少、小売業界は消費者マインドの低下や訪日観光客による消費の減速で、ともに採用には慎重になると分析している。

人事職の採用市場動向(マイケル・ペイジ・ジャパン「2017年日本給与調査」より)

 人事分野における採用活動は好調を維持しており、今後12か月は同じ水準が継続すると見込まれています。採用活動が好調である要因の1つは、人事スキルのあるバイリンガル人材の不足です。

 求人数は継続的に安定しており、人事ビジネスパートナーやダイレクトソーシングの能力を持つ社内採用担当職に関しても増加しています。

 最も需要の高い業界は小売、医療、製造、ITです。金融業界では前年と同水準の採用活用が行われ、主な求人は後任採用のものでした。

 小売業界では常に人事職の需要が高いです。小売業界は、日本の有名ブランドと競争し、日本市場での優勢を維持するために人材投資に注力しています。2016年は、小売企が企業人事チームと連携して別の小売人事チームを作り、小売人事スタッフの採用活動を強化するが傾向が多く見られました。

 IT業界は常に革新、成長、多様性を実現しています。そのため、人材を増やして成長の可能性に投資するために、人事スタッフによるサポートがさらに必要になります。IT企業は、他の業界を率先し、独自のネットワークを通じて採用活用を行っていますが、その結果は様々です。多くの場合、欠員を埋めることには成功していますが、市場における最優秀の人材を集めることはできていません。また、人材のパフォーマンスが低いために、同じポジションの採用活動を繰り替えさなければならない状態になっています。

 戦略的な人事スタッフを求める企業の増加や、バイリンガル人材の不足や労働力の急速な高齢化が相まって、戦略的なマインドセットを持つ人事スタッフの採用活動が緊急に必要とされています。

マイケル・ペイジ・ジャパン 「世界各国のネットワークとオンラインの活用でグローバル人材を紹介します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

マイケル・ペイジ・ジャパン 「世界各国のネットワークとオンラインの活用でグローバル人材を紹介します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
リチャード・キング シニア・マネージング・ディレクター

おすすめの記事

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限
労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律が改正され、平成27年9月30日に施行されました。また、平成24年に改正され未施行であった部分も平成27年10月1日から施行されています。そこで、本稿では、今回施行された主な改正点について解説します。
8 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

 グローバル人材の採用は5割の企業で増加しているものの、いまだに約7割の企業が不足していると感じていることが、総務省が発表した「グローバル人材育成の推進に関する政策評価」で明らかとなった。
2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

 2018年の新卒採用予定者数が前年と比べて「増加」するとした事業所は、学歴別にみて「高校卒」、「大学卒(文科系)」、「大学院卒」、「専修学校卒」の4学歴で2017年5月調査の割合を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。
ものづくり人材の定着率5割程度、小規模企業ではより深刻

ものづくり人材の定着率5割程度、小規模企業ではより深刻

 新卒採用の技能者や技術者などの“ものづくり人材”が3年後も8割以上定着している企業は半数程度であることが、労働政策研究・研修機構の調査で分かった。
7割の企業で人材採用のための新たな取り組みを実施、運輸業では8割超

7割の企業で人材採用のための新たな取り組みを実施、運輸業では8割超

 より良い人材を採用するために新たな取り組みをしている企業は7割を超えていることが、帝国データバンクが実施した調査で明らかとなった。業界別で最も多かった「運輸・倉庫業」では8割を超え、切実な人材不足が裏付けられる形となった。
OFF-JTの教育訓練費1人当たり平均2.1万円、人材育成の問題点は「指導する人材の不足」

OFF-JTの教育訓練費1人当たり平均2.1万円、人材育成の問題点は「指導する人材の不足」

 厚生労働省の2016年度の能力開発基本調査によると、企業が社員1人に対して支出したOFF-JTの教育訓練費は平均2万1000円だったことが分かった。人材育成の問題点として「指導する人材の不足」を挙げる企業が最も多かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース