2017年12月28日

景気の現状は拡大傾向とする経営者が9割に迫る

 景気の現状について“拡大”“穏やかに拡大”していると回答している経営者が9割に迫っていることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。

 (13769)

 経営者に対して景気の現状についての判断を聞いたところ、「拡大」(2.6%)、「緩やかに拡大」(84.1%)、「横ばい」(12.4%)となった。「緩やかに拡大」は前回の2017年9月調査の77.0%から7%増と大きく増加した。

 今後6カ月の景気見通しについては、「拡大」(2.6%)、「緩やかに拡大」(81.4%)、「横ばい」(14.3%)、「緩やかに後退」(0.9%)、「後退」(0.4%)となった。今回の調査と比較すると、「緩やかに拡大」が2.7ポイント低下し、「横ばい」が2.1ポイント上昇、「後退」が0.4ポイント上昇した。

 景気見通しの根拠を聞いたところ、「設備投資の増加」(66.2%)、「輸出の増加」(44.4%)、「個人消費の増加」(26.2%)、「生産・販売の増加」(19.1%)が多く挙がった。前回調査と比較すると、「個人消費の増加」の回答割合が36.0%から9.8ポイント低下している点が目立った。

 半年後(2018年6月末時点)の対ドル円相場の予想は「110~115円未満」(64.3%)、株価の予想は「2万3000円台」(34.5%)が最も多い。

 内部留保とした資金の保有額・水準について自由記述で聞くと、「運転資金に支障のない範囲で保有している。過大でない」(建設)といった意見が上がり、現状では適正であるとの意見が多く、さらに積み増しが必要との意見も出た。

 企業の収益が堅調に推移する一方で、賃金の水準が低く抑えられているのではないかとの指摘については、何らかの形(ベア、業績連動)で上昇という回答が多かった。

 調査は2017年11月29日~12月8日に実施し、経済同友会会員ら233人の経営者から回答を得た。

おすすめの記事

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、長澤運輸事件の東京高裁判決(東京高等裁判所平成28年11月2日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

景気の現状は拡大傾向とみる経営者が7割も、横ばい傾向との見方も増加

景気の現状は拡大傾向とみる経営者が7割も、横ばい傾向との見方も増加

 約7割の経営者は景気が拡大傾向にあると回答している一方、横ばい傾向とする意見も2割超に増加したことが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
景気の現状は拡大傾向とみる経営者が8割も、前回調査からは減少

景気の現状は拡大傾向とみる経営者が8割も、前回調査からは減少

 約8割の経営者は景気が拡大傾向にあると回答していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。しかし、前回調査と比較すると拡大傾向とする回答は減少している。
景気の現状は拡大傾向とする経営者が8割超、デジタル化経済の問題点は人材・ノウハウ・スキル不足

景気の現状は拡大傾向とする経営者が8割超、デジタル化経済の問題点は人材・ノウハウ・スキル不足

 8割超の経営者は景気が拡大傾向にあると回答していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
2017年は「回復」局面だった企業が4年ぶりに2割超、2018年の景気の懸念材料は「人手不足」

2017年は「回復」局面だった企業が4年ぶりに2割超、2018年の景気の懸念材料は「人手不足」

 2017年の景気動向について、「回復」局面だったと判断する企業は21.2%となったことが、帝国データバンクの「2018年の景気見通しに対する企業の意識調査」で明らかとなった。前回調査(2016年11月)から15.5ポイント増加し、4年ぶりに2割台へ回復した。
景気の現状は拡大傾向としつつ、今後の見通しは“横ばい”に票流れ

景気の現状は拡大傾向としつつ、今後の見通しは“横ばい”に票流れ

 約8割の経営者は景気の現状について“拡大”“穏やかに拡大”していると回答していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。今後の見通しについては、“穏やかに拡大”は前回調査から4ポイントも低下し、“横ばい”が2ポイント超となった。
約8割の経営者が景気拡大を予測、現時点で人手不足の企業は過半数

約8割の経営者が景気拡大を予測、現時点で人手不足の企業は過半数

 約8割の経営者が2017年後半(7~12月)の景気は緩やかに拡大していくと予測していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
6割の経営者が17年上半期の景気は「緩やかに拡大」と予測、「輸出の増加」を見込む

6割の経営者が17年上半期の景気は「緩やかに拡大」と予測、「輸出の増加」を見込む

 約6割の経営者が17年上半期の景気は緩やかに拡大していくと予測していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

 2017年の景気の懸念材料として、約4割の企業が「米国経済」を挙げていることが、帝国データバンクの「2017年の景気見通しに対する企業の意識調査」で明らかとなった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース