2016年3月9日

マネジメントスキルの国際資格更新単位に11科目が認定 サイコム・ブレインズ

 企業研修会社のサイコム・ブレインズ (東京・千代田、西田忠康社長) の公開・映像講座が、プロジェクトマネジメントスキルの国際資格 Project Management Professional (PMP ®)の更新に必要な学習単位に承認された。

 (852)

 サイコム・ブレインズの公開講座「人と組織のマネジメント」「問題解決の思考技術」や映像講座「アカウンティング」など11科目が、プロジェクトマネジメントに従事するプロとして必要な継続性を持った教育及び、職務能力の育成プログラムとして単位取得対象コースとなる。

 PMP®の日本国内の啓蒙・普及を支援するプロジェクトマネジメント協会では、3年毎に更新が必要な単位取得プログラムを有資格者に実施している。

 サイコム・ブレインズでは、今回の公開講座の提供を通じて、日本企業を中心にアジアにおける社員のPMP®取得・維持を支援する。
2 件

関連する記事

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
サイコム・ブレインズ/ビッグデータを活用した人材育成サービスを開始 

サイコム・ブレインズ/ビッグデータを活用した人材育成サービスを開始 

国内外で企業の人材育成を支援するサイコム・ブレインズ (東京・千代田、西田忠康社長) は、ビッグデータを活用して効果的な学習モデルを構築する「研修プラットフォーム サービス」の提供を開始した。
経営幹部の採用・選抜・育成の課題

経営幹部の採用・選抜・育成の課題

伝統的な日本企業で、生え抜きではなく外部から企業トップを招くケースが出てきている。一方、社内で選抜した人材を次の経営幹部として育てるための取り組みを強化する企業も増えている。変革の時代にふさわしい経営幹部の採用・選抜・育成の課題は何か。企業の人材戦略を支援する専門家に聞いた。

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中