2018年9月28日

景気の現状は拡大傾向とみる経営者が7割も、横ばい傾向との見方も増加

 約7割の経営者は景気が拡大傾向にあると回答している一方、横ばい傾向とする意見も2割超に増加したことが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。

 (22552)

 経営者に対して景気の現状についての判断を聞いたところ、「拡大」(1.4%)、「緩やかに拡大」(75.0%)、「横ばい」(23.6%)となった。「穏やかに後退」、「後退」は0.0%だった。

前回の2018年6月調査と比較すると「横ばい」は6.9ポイント増加し、「拡大」は2.6ポイント減少した。

 今後6カ月の景気見通しについては、「拡大」(1.4%)、「緩やかに拡大」(62.5%)、「横ばい」(29.2%)、「緩やかに後退」(5.1%)、「後退」(0.9%)となった。今回の調査と比較すると、「緩やかに拡大」が12.5ポイント低下し、「横ばい」が5.6ポイント、「穏やかに後退」が5.1ポイント上昇した。

 景気見通しの根拠を聞いたところ、「設備投資の増加」(57.7%)、「個人消費の増加」(30.7%)、「輸出の増加」(19.1%)が多く挙がった。

 前回調査と比較すると、「設備投資の増加」、「輸出の増加」の回答割合がそれぞれ4.9ポイント、7.0ポイント低下しており、「輸出の減少」は6.2ポイント増加している点が目立った。

 半年後(2019年3月末時点)の対ドル円相場の予想は「110~115円未満」(53.6%)、株価の予想は「2万3000円台」(39.1%)が最も多い。

 昨今の保護主義的な通商政策によって「影響を受けている」(直接、間接合わせて)と回答する企業は38.1%となり、製造業では51.4%、非製造業では31.3%となった。

 両業種ともに「間接的に、影響を受けている」が「直接、影響を受けている」を上回った。

 「直接、影響を受けている」では、中国生産の米国向け製品の出荷見合わせ、関税によるコストアップなどの声が上がった。「間接的に影響を受けている」では、報復関税によるマーケット価格の変動、中国製品の輸出仕向国の変更の影響など。

 貿易戦争の悪影響を回避するための防衛策・対応策は、事業展開・計画の変更として「中国以外の顧客への販売シフト」「地産地消をベースに海外生産」、生産・調達の見直しとして「最終組立工程を日本から米国に移す」「他国工場への生産シフト」などの意見があった。

 調査は2018年8月27日~9月5日に実施し、経済同友会会員ら216人の経営者から回答を得た。

おすすめの記事

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策
今日において、「パワーハラスメント」やこれを略した「パワハラ」という用語は社会的に定着した用語として一般に用いられており、この用語を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。したがって、企業においては、規模や業種を問わず、パワハラ対策は優先的に取り組むべき課題であることを認識しておく必要がありますので、パワハラ問題の難点や裁判例の考え方を解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

景気の現状は拡大傾向とみる経営者が8割も、前回調査からは減少

景気の現状は拡大傾向とみる経営者が8割も、前回調査からは減少

 約8割の経営者は景気が拡大傾向にあると回答していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。しかし、前回調査と比較すると拡大傾向とする回答は減少している。
景気の現状は拡大傾向とする経営者が8割超、デジタル化経済の問題点は人材・ノウハウ・スキル不足

景気の現状は拡大傾向とする経営者が8割超、デジタル化経済の問題点は人材・ノウハウ・スキル不足

 8割超の経営者は景気が拡大傾向にあると回答していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
景気の現状は拡大傾向とする経営者が9割に迫る

景気の現状は拡大傾向とする経営者が9割に迫る

 景気の現状について“拡大”“穏やかに拡大”していると回答している経営者が9割に迫っていることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
2017年は「回復」局面だった企業が4年ぶりに2割超、2018年の景気の懸念材料は「人手不足」

2017年は「回復」局面だった企業が4年ぶりに2割超、2018年の景気の懸念材料は「人手不足」

 2017年の景気動向について、「回復」局面だったと判断する企業は21.2%となったことが、帝国データバンクの「2018年の景気見通しに対する企業の意識調査」で明らかとなった。前回調査(2016年11月)から15.5ポイント増加し、4年ぶりに2割台へ回復した。
景気の現状は拡大傾向としつつ、今後の見通しは“横ばい”に票流れ

景気の現状は拡大傾向としつつ、今後の見通しは“横ばい”に票流れ

 約8割の経営者は景気の現状について“拡大”“穏やかに拡大”していると回答していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。今後の見通しについては、“穏やかに拡大”は前回調査から4ポイントも低下し、“横ばい”が2ポイント超となった。
約8割の経営者が景気拡大を予測、現時点で人手不足の企業は過半数

約8割の経営者が景気拡大を予測、現時点で人手不足の企業は過半数

 約8割の経営者が2017年後半(7~12月)の景気は緩やかに拡大していくと予測していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
6割の経営者が17年上半期の景気は「緩やかに拡大」と予測、「輸出の増加」を見込む

6割の経営者が17年上半期の景気は「緩やかに拡大」と予測、「輸出の増加」を見込む

 約6割の経営者が17年上半期の景気は緩やかに拡大していくと予測していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

 2017年の景気の懸念材料として、約4割の企業が「米国経済」を挙げていることが、帝国データバンクの「2017年の景気見通しに対する企業の意識調査」で明らかとなった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース