2016年12月19日

障がい者雇用が13年連続で過去最高、法定雇用率を達成企業は49%

 厚生労働省が発表した障がい者の雇用状況の取りまとめによると、企業に雇用されている障がい者数が13年連続で過去最高となっていることが分かった。

 (10989)

 今年6月1日現在で企業に雇用されている障がい者の数は47万4374.0人(前年比4.7%増)で13年連続で過去最高を更新した。

 うち、身体障がい者は32万7600.0人(同2.1%増)、知的障がい者は10万4746.0人(同7.2%増)、精神障がい者は4万2028.0人(同21.3%増)で、いずれも前年から増加した。

 実雇用率は1.92%で5年連続で過去最高を更新した(前年は1.88%)。法定雇用率(2.0%)を達成している企業は48.8%で前年(47.2%)を上回った。

 実雇用率を企業規模別に見ると、1000人以上2.12%、500~999人1.93%、300~499人1.82%、100~299人1.74%、50~99人1.55%となっている。

 業種別では、医療,福祉2.43%、農,林,漁業2.14%、生活関連サービス業、娯楽業2.11%、電気・ガス・熱供給・水道業2.05%、運輸業,郵便業2.00%が法定雇用率を上回っている。

 法定雇用率未達成企業は4万5790社。うち、障がい者を1人も雇用していない企業は58.9%だった。

 特例子会社の認定を受けている企業は448社で、雇用されている障がい者は2万6980.5人。

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策
今日において、「パワーハラスメント」やこれを略した「パワハラ」という用語は社会的に定着した用語として一般に用いられており、この用語を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。したがって、企業においては、規模や業種を問わず、パワハラ対策は優先的に取り組むべき課題であることを認識しておく必要がありますので、パワハラ問題の難点や裁判例の考え方を解説します。
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【著者が語る】発達障害の人の面接・採用マニュアル

【著者が語る】発達障害の人の面接・採用マニュアル

テスコ・プレミアムサーチ 石井京子 代表取締役
障がい者の就職件数8年連続で過去最高、就職率48.6%

障がい者の就職件数8年連続で過去最高、就職率48.6%

 ハローワークを通じた障がい者の就職件数が8年連続で過去最高を更新したことが、厚生労働省がまとめた2016年度の障がい者の職業紹介状況で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース