2016年8月10日

社会人歴10年以上のキャリア女性を活用した業務委託サービス トーイングウーマン

 トーイングウーマン(東京・渋谷、新井貴子代表取締役)は、子育て中の女性を中心としたチーム体制で企業からのアウトソーシング業務に対応する「オンラインアシスタント」を開始した。サービス開始に伴い、先着5社に限り3時間利用無料トライアルを実施する。

 (9489)

 オンラインアシスタントは、在宅ワークで対応できる業務を企業から請け負い、クラウドサービスを活用して、社会人経験10年以上のキャリアを持つ育児中の在宅ワーカーに仕事を提供し、発注者に成果物を納品する。

 急な子供の病気などの場合も、チーム体制によって別のスタッフに仕事を振り分けるため、発注者は定めた期間内にクオリティを保持した成果物を受け取ることができる。
 業務は、一般事務をはじめデータクレンジング、提出資料作成、各種リサーチ、秘書業務、翻訳など多岐わたり、利用料金は実稼働20時間で月額65000円から。トライアルでは、ライティング作業、調べもの、アンケート集計、セミナー会場の手配、人材採用対応、等から業務を選ぶことができる。
 トーイングウーマンの新井貴子社長は、「育児中の女性が社会との繋がりを絶やさずに自分の能力が発揮できる時間を持つことは、社会復帰後の早期戦力化や仕事と家庭の両立にも大きく影響する」と話しており、今後はオンラインアシスタントで業務経験を積んだスタッフらが就職した際の子供を預ける保育施設の運営などサポートを強化する考えだ。
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

2016年の人事・労務の特徴を一言でいえば、人材不足の顕在化に対応した採用力強化や定着を促す官民を挙げた「働き方改革」が本格的に始動した年だった。
景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

 2017年の景気の懸念材料として、約4割の企業が「米国経済」を挙げていることが、帝国データバンクの「2017年の景気見通しに対する企業の意識調査」で明らかとなった。
人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
「結婚後も働きたい」女性の65%は「出産後も働きたい」

「結婚後も働きたい」女性の65%は「出産後も働きたい」

 「結婚後も働きたい」女性のうち65%は「出産後も働きたい」と考えていることが厚生労働省の「21世紀成年者縦断調査」で分かった。非正規雇用で結婚意欲のある男性は5割を下回っている。
社会全体で男女の地位が“平等”になっていると思う人は2割

社会全体で男女の地位が“平等”になっていると思う人は2割

 社会全体で男女の地位は“平等”になっていると思っている人はわずか21.1%にとどまり、“男性の方が優遇されている”と回答した人は74.2%にも上っていることが、内閣府が実施した「男女共同参画社会に関する世論調査」で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

セミナー・イベント

プレスリリース