2017年10月16日

ディップ第2四半期決算、売上高、営業利益ともに17%増と堅調

 求人サービスを手掛けるディップ(東京・港、冨田英揮社長)が発表した第2四半期決算によると、売上高、営業利益ともに前年同期比17%を超える増加となっていることが明らかとなった。

 (13425)

 2017年3月1日~8月31日の累積売上高は187億7700万円(前年同期比17.8%増)、累計営業利益は50億6900万円(同17.9%増)、累計経常利益は50億7400万円(同17.9%増)となった。

 売上高を事業別に見ると、バイトル、はたらこねっとなどを運営するメディア事業の累積売上高は174億3600万円(前年同月比19.4%増)、累計営業利益は63億1500万円(同10.8%増)。

 バイトルでは月間契約社数が前年同期と比べ12.4%増、掲載情報数も27.3%増、はたらこねっとでは月間契約社数が前年同期と比べ93.7%増、掲載情報数は11.5%増と好調だ。

 ナースではたらこなどを運営するエージェント事業の累積売上高は13億4000万円(前年同期比0.7%増)、累計営業利益は4億6100万円(同860.5%増)。

 今期は広告宣伝活動を強化し、TVCMやWeb広告のプロモーションを展開したほか、新たなイベントへの協賛やユーザー集客施策を実施した。

 また、新卒307人入社による営業力強化と2拠点の新設、3拠点の増床などの効果的な拠点拡充でクライアント基盤を拡大してきた。

 2017年3月1日~2018年2月28日の通期業績予想では、売上高は380億円(前年比14.5%増)、営業利益は105億円(同15.1%増)、経常利益は105億100万円(同14.9%増)純利益70億2300万円(同13.9%)と見込んでいる。

おすすめの記事

人事実務の最新重要判例「歩合給から残業代を控除する賃金規則の有効性」国際自動車事件最高裁判決

人事実務の最新重要判例「歩合給から残業代を控除する賃金規則の有効性」国際自動車事件最高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考となる裁判例として、国際自動車事件の最高裁判決(最高裁判所第三小法廷判決平成29年2月28日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

エン・ジャパン第2四半期連結決算 前年同期比20%超の増収増益で通期予想を上方修正

エン・ジャパン第2四半期連結決算 前年同期比20%超の増収増益で通期予想を上方修正

人材総合サービスを手掛けるエン・ジャパン(東京・新宿、鈴木孝二社長)は2018年3月期第2四半期の連結決算を発表した。売上高は189億300万円、営業利益は48億1100万円で、前年同期比20%以上の増収増益となった。
メイテック第2四半期決算 稼働人員数の増加と平均単価増加で増収増益

メイテック第2四半期決算 稼働人員数の増加と平均単価増加で増収増益

 研究開発・設計に特化したエンジニアの人材サービスを展開するエメイテック(東京・港、國分秀世社長)は2018年3月期第2四半期の連結決算を発表した。売上高は458億6700万円、営業利益は54億4200万円で、増収増益となった。
MS-Japan第2四半期決算 売上高、純利益共に過去最高を更新

MS-Japan第2四半期決算 売上高、純利益共に過去最高を更新

 管理部門に特化した人材サービスを展開するエムエス ジャパン(東京・千代田、有本隆浩社長)は2018年3月期第2四半期の決算を発表した。売上高は14億8300万円、純利益は4億3000万円で、いずれも第2四半期過去最高を更新した。
エス・エム・エス第2四半期決算 14期連続の増収増益を達成、より踏み込んだ投資で計画を遂行中

エス・エム・エス第2四半期決算 14期連続の増収増益を達成、より踏み込んだ投資で計画を遂行中

 介護・医療・ヘルスケアなどの情報サービスを提供するエス・エム・エス(東京・港区、後藤夏樹社長)は2018年3月期第2四半期累計の連結決算を発表した。売上高は131億6200万円、営業利益は21億4600万円で、創業以来14期連続の増収増益となった。
ヒト・コミュニケーションズ通期決算、売上高20%増、来期は83.2%増を目指す

ヒト・コミュニケーションズ通期決算、売上高20%増、来期は83.2%増を目指す

 人材サービスを手掛けるヒト・コミュニケーションズ(東京・豊島、安井豊明社長)は2017年8月期決算を発表した。売上高は前期比20%増となるも、M&A経費、スタッフ給与等の修正支払、貸倒引当金計上など一過性の販管費計上により営業利益は7.2%の減少となった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース