2016年9月9日

3年連続で就職が離職を上回る

 新しく就職した人の割合が離職した人の割合を3年連続で上回ったことが、厚生労働省が発表した2015年の雇用動向調査結果で分かった。

 (9959)

 2015年の1年間の入職者は775万人(年初の常用労働者数に対する割合16.3%)、離職者は713万人(同15.0%)。この結果、事業所の新設や閉鎖等の影響を除き、常用労働者数は62万人の増加となった。

 これを就業形態別に見ると、一般労働者は入職者447万人(年初の常用労働者のうち一般労働者の人数に対する割合12.4%)、離職者428万人(同11.8%)で、一般労働者は19万人の増加となった。

 一方、パートタイム労働者は入職者328万人(年初の常用労働者のうちパートタイム労働者の人数に対する割合29.0%)、離職者285万人(同25.2%)で、パートタイム労働者は43万人の増加となった。

 前年に比べ、入職率(16.3%)が1.0ポイント、離職率(15.0%)が0.5ポイント低下し、入職超過率は1.3ポイントとなり、前年の1.8ポイントに次ぐ大きさとなった。入職超過は3年連続。

 入職者を職歴別にみると、転職入職者は503万人(前年504万人)、未就業入職者は272万人(同294万人)で、転職入職率は10.6%(同10.9%)、未就業入職率は5.7%(同6.4%)となった。転職入職率は3年連続で10%を超えた。

 入職者が多かった産業は、宿泊業・飲食サービス業(140万人)、卸売業,小売業(133万人)、医療,福祉(104万人)、離職者が多かった産業は、卸売業,小売業(133万人)、宿泊業,飲食サービス業(122万人)、医療,福祉(94万人)で、入職者が多い産業は離職者も多かった。

 調査は、上半期調査1万157事業所、下半期調査9845事業所から回答を得た。

◆人事・マネジメント・キャリア関連書籍プレゼント キャンペーン中!

◆人事・マネジメント・キャリア関連書籍プレゼント キャンペーン中!
日本人材ニュースの無料会員にご登録いただくと、多くの企業で法律顧問として活躍中の安西法律事務所の弁護士陣による「雇用管理の法律相談」などの会員限定記事をご覧いただけます。人事・マネジメント・キャリア関連書籍プレゼント キャンペーン中!
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

 未充足の求人がある事業所が58%に上ることが、厚生労働省の2月の労働経済動向調査で分かった。宿泊業・飲食サービス業、医療、福祉業では7割以上となっている。
2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

 帝国データバンクの調査によると、2018年度に正社員の採用予定がある企業は4年連続で6割を超えた。一方、採用予定のない企業は8年連続で減少し、13年ぶりの低水準となった。
5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

 現在の従業員の過不足状況を聞くと(「該当なし/無回答」を除く)、正社員が「不足」していると回答した企業は51.1%で、調査開始(2006年5月)以降、最高水準で推移していることが帝国データバンクの調査で分かった。「適性」は41.2%、「過剰」は7.6%だった。
企業のリスクは「自然災害」が2年連続でトップ、人材不足が順位上げる

企業のリスクは「自然災害」が2年連続でトップ、人材不足が順位上げる

 監査法人のトーマツが実施した「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」(2017年版)によると、企業が国内で優先対応すべきと考えているリスクは2年連続で「自然災害」が最も多く挙がった。
日本で働く外国人が過去最多、前年比18.0%増

日本で働く外国人が過去最多、前年比18.0%増

 日本で働く外国人が127万人超と過去最多となったことが、厚生労働省の「外国人雇用状況」の届出状況のとりまとめで分かった。(2017年10月末現在)

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース