2017年10月31日

エス・エム・エス第2四半期決算 14期連続の増収増益を達成、より踏み込んだ投資で計画を遂行中

 介護・医療・ヘルスケアなどの情報サービスを提供するエス・エム・エス(東京・港区、後藤夏樹社長)は2018年3月期第2四半期累計の連結決算を発表した。売上高は131億6200万円、営業利益は21億4600万円で、創業以来14期連続の増収増益となった。

 (13470)

 前年同期と比べると、売上高は10%増、営業利益は7%減と、採用の強化等の投資により、増収減益だった。

 同社のメイン事業であるキャリア分野の中で、介護キャリアは売上高27億7100万円(前年度期比33%増)、医療キャリアは売上高60億7600万円(同9%増)と共に売上を大きく伸ばした。

 介護キャリアは、介護職向け人材紹介でキャリアパートナーを上期に大幅増員し大きく成⻑したほか、リハビリ職向け人材紹介も大きく成⻑した。医療キャリアは、看護師向け人材紹介が順調に成長している。

 介護事業者分野は、売上高15億9300万円(前年度期比19%増)。同社が行う経営支援サービスである「カイポケ」の会員拠点数が今期累計で800拠点増加し、タブレット追加等のオプションサービスやファクタリングサービスの利用が増加したことで順調に成長している。

 海外分野の売上高は20億1100万円(前年度期比9%減)。前年度実施のスリランカ等の海外事業売却、MIMS Book発刊時期のズレが影響して、前年同期比で減少した。対計画で見ると、Melorita社の買収時期が予定より遅れたため、売上未達が発生している。

 今後の介護キャリアの戦略については、70万人の会員基盤を活用し、求人情報のみならず人材紹介・人材派遣を展開、従事者・事業者への提供価値を最大化し、資格取得も支援、社会的要請の強い介護職の増加に貢献するとしている。進捗状況は順調で、現在介護キャリアでは計画より踏み込んだ投資を実施している。

おすすめの記事

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了
労働契約法18条1項前段によれば、有期契約労働者は、①同一の使用者との間で2つ以上の有期労働契約を締結し、②その有期労働契約の通算期間が5年を超えることとなった場合、その契約の開始時点で無期転換権を取得します。無期転換権が行使された場合、使用者はその申込みを承諾したものとみなされ、その行使の時点で無期労働契約が成立します。使用者は、有期契約労働者の申込みを承諾したものと「みなされる」ので、申込みの拒否や有期契約労働者の選別をすることはできません 。ここでは、解雇や͡雇止め、定年による労働契約の終了について説明します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

エン・ジャパン第2四半期連結決算 前年同期比20%超の増収増益で通期予想を上方修正

エン・ジャパン第2四半期連結決算 前年同期比20%超の増収増益で通期予想を上方修正

人材総合サービスを手掛けるエン・ジャパン(東京・新宿、鈴木孝二社長)は2018年3月期第2四半期の連結決算を発表した。売上高は189億300万円、営業利益は48億1100万円で、前年同期比20%以上の増収増益となった。
メイテック第2四半期決算 稼働人員数の増加と平均単価増加で増収増益

メイテック第2四半期決算 稼働人員数の増加と平均単価増加で増収増益

 研究開発・設計に特化したエンジニアの人材サービスを展開するエメイテック(東京・港、國分秀世社長)は2018年3月期第2四半期の連結決算を発表した。売上高は458億6700万円、営業利益は54億4200万円で、増収増益となった。
MS-Japan第2四半期決算 売上高、純利益共に過去最高を更新

MS-Japan第2四半期決算 売上高、純利益共に過去最高を更新

 管理部門に特化した人材サービスを展開するエムエス ジャパン(東京・千代田、有本隆浩社長)は2018年3月期第2四半期の決算を発表した。売上高は14億8300万円、純利益は4億3000万円で、いずれも第2四半期過去最高を更新した。
ヒト・コミュニケーションズ通期決算、売上高20%増、来期は83.2%増を目指す

ヒト・コミュニケーションズ通期決算、売上高20%増、来期は83.2%増を目指す

 人材サービスを手掛けるヒト・コミュニケーションズ(東京・豊島、安井豊明社長)は2017年8月期決算を発表した。売上高は前期比20%増となるも、M&A経費、スタッフ給与等の修正支払、貸倒引当金計上など一過性の販管費計上により営業利益は7.2%の減少となった。
ディップ第2四半期決算、売上高、営業利益ともに17%増と堅調

ディップ第2四半期決算、売上高、営業利益ともに17%増と堅調

 求人サービスを手掛けるディップ(東京・港、冨田英揮社長)が発表した第2四半期決算によると、売上高、営業利益ともに前年同期比17%を超える増加となっていることが明らかとなった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース