2018年5月21日

働き方改革実践マニュアル 分野別サービス紹介

働き方改革実践に役立つサービスを提供している企業を厳選し、サービス内容についての取材を行った。

【人事評価制度】あしたのチーム/人事評価制度の定着を促し、働き方改革を実現

 人事評価制度を定着させることは生産性向上や離職率の低下につながり、働き方改革の実現を可能にする。

 あしたのチームが提供するクラウドサービス「コンピテンシークラウド™」は、人事評価業務を効率化し、評価制度の定着を促すクラウドサービス。同社はクラウドサービスだけでなく、評価制度の構築から運用までをサポートする「ゼッタイ!評価®」も併せて提供しており、ツールの提供だけでなく自社で運用できるようにトータルでサポートを行う。

 「コンピテンシークラウド™」はビッグデータに基づいて従業員の正当な評価を促すため、評価への納得感が増しモチベーションアップにつながる。「ゼッタイ!評価®」では、月に一度担当者が企業を訪問して運用のサポートを行うため、確実に制度を根付かせることができる。

 今後は個々人に合わせて目標を自動で設定できる機能や給与情報の自動連携などの機能を追加することで、さらに利便性を高めていく予定。
評価者としてのスキルも、自動でレーティング可能

評価者としてのスキルも、自動でレーティング可能

【職場の課題分析】パーソルプロセス&テクノロジー/働き方改革の課題を現場目線で分析し、解決策を提案

 働き方改革を実現するためには、職場の現状を的確に把握した上で施策を進めていく必要がある。

 パーソルプロセス&テクノロジーの「働き方改革プランニング」サービスは、現場目線による支援が特徴で、従業員へのヒアリングやサーベイによって「制度」「マネジメント」「業務」「環境」「意識」の5つの統合的観点から課題を分析し、組織階層別や部門別の課題とその出所を明確に把握する。

 経営陣に対して現場の生の声や客観的な分析結果を示すことで真の課題を明らかにし、解決に向けた具体的な施策まで提案する点がクライアントから評価されているという。また、同社はITシステムの開発・運用、業務プロセス改善などで豊富な実績があり、改革プランの策定だけでなく、導入・普及まで支援できる。

 まだ働き方改革が具体的に進んでいない企業は、同社のノウハウを活用することで取り組みを加速できるだろう。
働き方改革成功に必要な5つの観点から分析

働き方改革成功に必要な5つの観点から分析

【営業支援システム】ソフトブレーン/営業職の見える化・効率化で、労働生産性を向上

 営業職は日中は外回りをしており、帰社後に、資料の作成や報告、会議等を行うことが多く、残業がかさみ生産性が下がっている場合が多い。

 ソフトブレーンが提供する「eセールスマネージャー」は、営業プロセスを見える化し、生産性向上を実現する営業支援システムだ。一般的な営業職の報告業務は、報告を入力するソフト・ツールがバラバラに存在しており負荷が高い。しかし本サービスは出先のスマホ上で操作可能で、活動画面に報告を入力するだけでスケジュールや案件リスト、顧客情報などといった機能へ自動で情報が反映される。

 UIは営業職が使いやすいように設計されており、使い勝手の良さには定評がある。また入力された情報は経営者やマネジャー、さらにサポート部門へ再度情報をまとめ直す必要なく共有可能なため、情報共有や資料作成の手間が大幅に省け、売上向上と残業削減に寄与するのが特長だ。
一度の入力で、さまざまな情報へアウトプットされる

一度の入力で、さまざまな情報へアウトプットされる

【健康経営】RIZAP/食と運動の融合で、従業員の健康改善にコミット

 働き方改革実践に伴い、従業員の健康を維持することで、健全な事業の持続を目指す企業が増えている。

 個人向けフィットネス事業で知名度の高いRIZAPは、法人向けにも健康セミナーを提供しており、健康意識の向上を通じた、企業の働き方改革と健康経営の実践を支援している。

 生活習慣の変革をテーマとし、単発で実施する実践型健康セミナーと、約3カ月間トレーナーが企業に出張して行う出張型プログラムの両方を提供しており、どちらも食と運動の両面から学べる講義とトレーニングを受けることが可能。

 特に出張型プログラムでは、同社のメソッド踏まえた日々の食事管理を受けることができ、目に見えて体重や体脂肪率の改善が実感できる。

 同社の知名度を活かして集客が行えるため、今まで健康に無関心だった層を動かすことで、従業員に広く健康促進行動を促すきっかけとなる。今後も、食と運動の掛け合わせで働く人の健康をサポートしていく。
トレーナーが企業に出張してプログラムを実施

トレーナーが企業に出張してプログラムを実施

【シフト管理システム】リクルートジョブズ/店舗間のスタッフ配置を最適化し、稼働率向上を実現

 採用環境の厳しさが増す中、特に多店舗展開の業態ではアルバイト・パートの確保が課題となっている。

 リクルートジョブズのシフト管理システム「シフオプ」は、IT化によるシフト管理業務の工数削減にとどまらず、スタッフ稼働率の向上を実現させることによって、労働力の確保に効果を発揮している。

 同社のデータによると、スタッフが勤務希望として提出した時間のうち、約22%が却下されており、稼働率向上の余地があることが分かっている。店舗間のスタッフ調整を電話やメールで個別に行うと現場の負担が大きくなるが、一括連絡ができる「シフオプ」であれば調整が容易だ。実際に、小売業の利用企業(7店舗)では一人当たりの月間労働時間が65時間から73時間に増加し、稼働率が10%以上アップしている。

 このように店舗間のスタッフ配置を最適化し、稼働率向上を実現した上で必要な労働力を把握すれば、採用コストの削減にもつながる。
「シフオプ」を通じて一括連絡で調整できる

「シフオプ」を通じて一括連絡で調整できる

40 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

約7割の企業で副業禁止の現状、来たるべき副業・複業時代には「コミュニケーション能力」が必要

約7割の企業で副業禁止の現状、来たるべき副業・複業時代には「コミュニケーション能力」が必要

 管理職を対象にした調査によると、約7割の企業で副業・複業が禁止されていることが、人材サービスのアデコ(東京・港、川崎健一郎社長)が実施した「副業・複業に関する調査」で明らかとなった。禁止の理由は、長時間労働に対する懸念と情報漏洩のリスクという声が多くあがった。
クラウドワークの光と影

クラウドワークの光と影

クラウドワークは時間と場所を選ばず働けるため、近年注目されており同時に急増している。一方で待遇はどうだろうか。クラウドワークの現状について語る。
労務リスクを回避する 3つの取組テーマ

労務リスクを回避する 3つの取組テーマ

働き方改革を実行する上で、無期転換ルール、同一労働同一賃金、時間外労働の上限規制への対応は避けては通れない。「働き方改革関連法案」はまだ国会審議前だが、今から対応すべきことを中心に解説していく。(文・溝上憲文編集委員)
ヒューマンホールディングス RPAを全社導入し業務削減目指す、導入支援は全国9拠点に拡大

ヒューマンホールディングス RPAを全社導入し業務削減目指す、導入支援は全国9拠点に拡大

 ヒューマンホールディングス(東京・新宿、佐藤朋也社長)は、6月1日から定型的な業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を全社で本格導入する。ノウハウを有する人材サービスのヒューマンリソシア(東京・新宿、御旅屋貢社長)がグループ全社に対しRPA教育の機会を設け、必要に応じて導入支援、シナリオ作成サポートも行う。
女性の活躍を推進している中小企業は7割超も、課題が多く残るのが現状

女性の活躍を推進している中小企業は7割超も、課題が多く残るのが現状

 全国の中小企業のうち女性の活躍を推進している企業は76.2%と7割を超えることが日本商工会議所の「働き方改革関連施策に関する調査」で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース