2016年11月10日

R&D支出額トップはフォルクスワーゲン アマゾンとグルーグルが上昇、トヨタは10位

 2016年の世界のR&D支出トップ1000社のR&D支出額は6800億ドルで、前年比0.04%増の微増だったことがPwCの戦略コンサルティングを担うStrategy&(東京・千代田、今井俊哉代表)が実施した「グローバル・イノベーション調査」で分かった。1000社の売上高は16兆ドルで前年比11.8%減だった。

 (10620)

 R&D支出が最も多かったのはフォルクスワーゲンで132億ドル、次いでサムスンが127億ドルとなり、上位2社は前年と同じだった。

 一方、3位には前年7位だったアマゾンが、4位には前年6位だったグーグルが順位を上昇させた。日本企業ではトヨタが10位という結果だった。

【2016年調査R&D支出額 トップ10】(単位は10億ドル)
1位 フォルクスワーゲン 13.2
2位 サムスン 12.7
3位 アマゾン 12.5
4位 グーグル 12.3
5位 インテル 12.1
6位 マイクロソフト 12.0
7位 ロシュ 10.0
8位 ノバルティス 9.5
9位 ジョンソン・エンド・ジョンソン 9.0
10位 トヨタ自動車 8.8

 世界のトップ1000社に日本企業は165社がランクインした。R&D支出額は合計1010億ドルで米国に次いで2位だったが、R&D支出額は8%減、ランクイン企業数は16社減とともに昨年と比べ減少。特に、ランクイン企業数は調査開始の2005年の276社から100以上減っている。

【2016年調査R&D支出額 日本トップ5】(単位は10億ドル)
1位 トヨタ自動車 8.8
2位 本田技研工業 5.5
3位 日産自動車 4.4
4位 ソニー 3.9
5位 パナソニック 3.8

 R&D支出額を産業別に見ると、多い順にコンピュータ・エレクトロニクス(24.0%)、ヘルスケア(22.1%)、自動車(15.4%)、ソフトウェア・インターネット(12.9%)となった。

 2005~2016年のR&D支出成長率はソフトウエア・インターネットが15.4%と最も高く、このまま推移すると2018年にはソフトウエア・インターネットは自動車を抜き3位の業界になると見込まれている。

 また、ヘルスケアのR&D支出成長率は3.6%増で、2018年にはコンピュータ・エレクトロニクスを抜いてトップになる可能性が高い。

 R&D支出の対象比率は、ソフトウエアやサービスが2010年に54%だったのが2015年には59%に増加しており、今後2020年までには63%に増加するもようだ。

 一方、製品ハードウエアの比率は2010年に46%、2015年には41%に減少しており、2020年にはサービスより少ない37%にまで減少すると予想されている。

 調査を行ったStrategy&のイノベーション・R&D担当プリンシパルのバリー・ヤルゼルスキ氏は、「従来型産業においてすら、ソフトウエアとサービスの増加は、ソフトウエア開発、製品関連データの収集・分析プラットフォームを提供できる人材採用増の動向を生み出した。この動向によって、ビジネススクールも既に提供するコースの種類を見直しているほどであり、教育、そして、より全般的な未来の雇用の両方に、甚大な影響を及ぼすであろう」と分析している。

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限
労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律が改正され、平成27年9月30日に施行されました。また、平成24年に改正され未施行であった部分も平成27年10月1日から施行されています。そこで、本稿では、今回施行された主な改正点について解説します。
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【著者が語る】正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考

【著者が語る】正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考

コーン・フェリー・ヘイグループ 高野研一 代表取締役社長
職場のデジタル化の重要性 男女間で意識に違い ランスタッド調査

職場のデジタル化の重要性 男女間で意識に違い ランスタッド調査

 職場におけるデジタル化の重要性に対して男女間で意識の違いが大きいことが、総合人材サービス会社ランスタッドが実施した調査で明らかになった。
人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
会計監査人の異動に東芝の不正会計の余波

会計監査人の異動に東芝の不正会計の余波

 2016年の1月~9月に会計監査人(監査法人)を退任した社数が最も多かった監査法人は、東芝の不正会計で金融庁より処分を受けた「新日本有限責任監査法人」であることが帝国データバンクの調査で分かった。
自動車やヘルスケア業界の大手企業とスタートアップ連携を推進 日本アイ・ビー・エム

自動車やヘルスケア業界の大手企業とスタートアップ連携を推進 日本アイ・ビー・エム

 日本アイ・ビー・エム(東京・中央、ポール与那嶺社長)は、国内スタートアップの事業育成を支援するインキュベーション・プログラム「IBM(R) BlueHub(ブルーハブ)」の活動領域を広げ、自動車業界とヘルスケア業界の大手企業とスタートアップ企業との連携を推進する。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース