2018年11月30日

大卒初任給20万6700円、すべての学歴で前年超

 2018年の大卒初任給は前年比0.3%増となる20万6700円で、すべての学歴で前年を上回ったことが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。

 (23074)

 2018年の初任給を学歴別にみると、大学院修士課程を修了した人は23万8700円(前年比2.3%増)、大学卒は20万6700円(同0.3%増)、高専・短大卒は18万1400円(同1.2%増)、高校卒16万5100円(同1.9%増)となり、全ての学歴で前年を上回った。

 大学卒の初任給を男女別にみると、男性が21万100円で前年比1.1%増となった一方、女性は20万2600円で前年比0.7%減少した。

 大学卒の初任給を企業規模別にみると、常用労働者1000人以上の大企業では21万500円(前年比0.2%減)、100~999人の中企業では20万4200円(同0.8%増)、10~99人の小企業では20万円(同0.2%増)となった。

 大学卒の初任給を産業別にみると、「学術研究、専門・技術サービス業」が最も高く22万4500円(前年比5.0%増)、次いで「情報通信業」21万5800円(同0.4%増)、「建設業」21万4600円(同2.8%増)が続いた。

【産業別 大学卒の初任給】
学術研究、専門・技術サービス業 22万4500円(前年比5.0%増)
情報通信業 21万5800円(同0.4%増)
建設業   21万4600円(同2.8%増)
教育・学習支援業 20万5900円(同0.2%減)
卸売業・小売業  20万5500円(同0.8%減)
製造業   20万5200円(同1.0%増)
金融業・保険業   20万4600円(同0.4%減)
サービス業(他に分類されないもの) 20万2000円(同1.4%増)
医療・福祉 20万1500円(同1.7%減)
運輸業・郵便業 19万8600円(同1.8%増)
宿泊業・飲食サービス業 19万8100円(同1.9%増)

 男女別でみても、男女ともに「学術研究、専門・技術サービス業」が最も高く、男性は22万6800円、女性は22万700円だった。

 最も低い産業は、男性が「宿泊業・飲食サービス業」(20万1700円)、女性は「運輸業・郵便業」(19万5100円)となっている。

 調査は、2018年7月に、2018年6月末日現在の状況について10人以上の常用労働者を雇用する民間の事業所のうち新規学卒者を採用し、初任給が確定している1万5155事業所を対象に集計した。

おすすめの記事

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義
「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」の当初の政府案には、企画業務型裁量労働制の対象拡大も含まれていました。ところが、裁量労働制に関する調査データの不備等の問題が顕在化し、平成30年2月末に法案から削除されました。今回、法案削除にまで至ってしまった企画業務型裁量労働制の改正ですが、本稿では、そもそも労働基準法上の企画業務型裁量労働制とはどのような制度なのかについて確認してみます。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

大卒初任給20万6100円、すべての学歴で前年超

大卒初任給20万6100円、すべての学歴で前年超

 2017年の大卒初任給は前年比1.3%増となる20万6100円で、すべての学歴で前年を上回ったことが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。
大卒初任給20万3400円で過去最高

大卒初任給20万3400円で過去最高

 2016年の大卒初任給は前年比0.7%増となる20万3400円で、過去最高額となったことが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。
上場企業の2018年卒大学生の初任給は21万1039円、初任給の“全学歴引き上げ”約4割

上場企業の2018年卒大学生の初任給は21万1039円、初任給の“全学歴引き上げ”約4割

 労務行政研究所が東証第1部上場企業239社を対象に実施した初任給調査によると、2018年度の大学卒者の初任給は21万1039円となっていることが分かった。2018年度の初任給を「全学歴引き上げ」した企業は39.7%に上った。
上場企業の2017年卒大学生の初任給は21万868円、“据え置き”率は2年連続上昇

上場企業の2017年卒大学生の初任給は21万868円、“据え置き”率は2年連続上昇

 労務行政研究所が東証第1部上場企業228社を対象に実施した初任給調査によると、2017年度の大学卒者の初任給は21万868円で、初任給を前年度と同額に「据え置き」した企業は前年度より4.1ポイント上昇の70.2%となり、据え置き率が2年連続で上昇したことが分かった。
10月の実質賃金0.1%減、現金給与総額は1.5%増

10月の実質賃金0.1%減、現金給与総額は1.5%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.1%減となったことが、厚生労働省が発表した10月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
2018年に賃上げを実施した企業9割に迫る、9割超えは9産業に増加

2018年に賃上げを実施した企業9割に迫る、9割超えは9産業に増加

 2018年中に1人平均賃金を引き上げた又は引き上げる企業が89.7%となり、上位9産業では9割を超えていることが厚生労働省の「賃金引上げ等の実態に関する調査」で分かった。
10月1日現在の大学生の就職内定率77.0%、3年連続で調査開始以来の最高値を更新

10月1日現在の大学生の就職内定率77.0%、3年連続で調査開始以来の最高値を更新

 来春卒業予定の大学生の就職内定率が77.0%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、10月1日現在の状況を取りまとめた。
2019年卒学生の採用充足率8割台、採用活動は前年より厳しかった企業が4割超

2019年卒学生の採用充足率8割台、採用活動は前年より厳しかった企業が4割超

 2019年卒学生の「採用充足率」(内定者数/募集人数)は前年を1.4ポイント上回る84.4%となっており、企業にとって厳しい状況が続いていることが、マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)の「2019年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」で明らかとなった。
9月の実質賃金0.4%減、現金給与総額は1.1%増

9月の実質賃金0.4%減、現金給与総額は1.1%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.4%減となったことが、厚生労働省が発表した9月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース