2017年3月22日

転職求人数20%増、転職希望者数32%増 インテリジェンス調べ

 人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、2月の転職求人数は前年同月比20.6%増で27カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新した。転職希望者数は同31.8%増だった。

 (11737)

 求人数は前月比2.5%増、前年同月比20.6%増、転職希望者数は前月比1.3%増、前年同月比31.8%増だった。求人倍率は前月比0.03ポイント増の2.38倍となった。

 業種別にみると、求人数が増加したのは9業種のうち「その他」を除く8業種だった。特に伸びたのは、「メディア」(前月比6.9%増)、「メディカル」(前月比5.1%増)。

 「メディア」では、インターネット広告代理店やWeb制作会社が積極的な採用活動を行っているのに加え、新聞社や出版社でもWebや海外関連など新興の部門で中途採用を行う動きがあった。

 「メディカル」では、製薬会社で研究職などの医療系専門職や、CSO(医薬品販売業務受託機関)でのMRの採用が活発化したため、求人数が増加している。

【業種別 求人数増加率】
メディア  6.9%増
メディカル 5.1%増
商社・流通 4.3%増
メーカー  3.5%増
小売・外食 3.4%増
金融    3.0%増
IT・通信  2.5%増
サービス  2.2%増
その他   5.0%減

 職種別では、求人数が増加したのは11職種のうち「営業系」を除く10職種だった。特に伸びたのは「事務・アシスタント系」(前月比12.1%増)、「企画・管理系」(前月比6.1%増)だった。

 「事務・アシスタント系」では、前月に続き、契約が満了となるポジションで新たに募集を始める動きが活発で、秘書や経理、翻訳など、専門性の高いスキルを持つ人を対象とする求人の増加が目立った。

 「企画・管理系」では、マーケティング、経営企画・事業企画・営業企画、人事の求人の数が特に増加している。

【職種別 求人数増加率】
事務・アシスタント系12.1%増
企画・管理系  6.1%増
技術系(化学・食品)4.7%増
販売・サービス系  4.4%増
技術系(IT・通信)4.2%増
クリエイティブ系  3.3%増
技術系(建築・土木)3.1%増
技術系(メディカル)2.7%増
専門職  2.1%増
技術系(電気・機械)0.2%増
営業系   0.3%減

 今後の転職市場についてインテリジェンスでは、「3月以降も企業の採用意欲は引き続き衰えず、求人数は多い状態が続くでしょう。転職希望者は1~2月と比べると新たに転職活動を始める動きは落ち着きを見せ、求人倍率は上昇する」と予測している。

おすすめの記事

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例
多くの会社では、新卒採用か、中途採用かを問わず、正社員の採用に当たり、就業規則の規定に基づいて、一定の試用期間が設けられることがあります。今回は試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

転職希望者数は前年同月比4割増しに迫る増加率、転職求人数も20%増、 インテリジェンス調べ

転職希望者数は前年同月比4割増しに迫る増加率、転職求人数も20%増、 インテリジェンス調べ

 人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、4月の転職求人数は前年同月比20.1%増で29カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新した。転職希望者数は同39.7%増だった。
転職求人数20%増、28カ月連続で最高値更新 インテリジェンス調べ

転職求人数20%増、28カ月連続で最高値更新 インテリジェンス調べ

 人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、3月の転職求人数は前年同月比21.2%増と28カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新した。転職希望者数は同31.4%増だった。
経験・スキルを持つ人材をピンポイントでスカウト ダイレクト・ソーシングサービス「DODA Recruiters」

経験・スキルを持つ人材をピンポイントでスカウト ダイレクト・ソーシングサービス「DODA Recruiters」

採用環境は厳しさを増し、もはや求職者の応募を待っているだけでは欲しい人材を獲得することが困難だ。企業の採用課題を解決する新たな手法として、大手人材会社インテリジェンスがダイレクト・ソーシングサービスを提案している。
2018年3月卒の大卒求人倍率は前年並みの1.78倍、従業員規模別の倍率差は拡大

2018年3月卒の大卒求人倍率は前年並みの1.78倍、従業員規模別の倍率差は拡大

 リクルートホールディングス(東京・千代田、峰岸真澄社長)の研究機関、リクルートワークス研究所が実施した調査によると、2018年3月卒業予定の大卒求人倍率は前年とほぼ同水準となる1.78倍だったが、従業員規模や業種間で倍率差が拡大していることが分かった。
3月の有効求人倍率1.45倍、2016年度の有効求人倍率は前年度比0.16ポイント増の1.39倍

3月の有効求人倍率1.45倍、2016年度の有効求人倍率は前年度比0.16ポイント増の1.39倍

 厚生労働省が発表した3月の有効求人倍率(季節調整値)は1.45倍で、前月を0.02ポイント上回った。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース