2018年4月11日

労働者派遣事業の2016年度売上高は6兆5798億円、3年連続で増加

 労働者派遣事業の2016年度の売上高は6兆5798億円で、3年連続で増加したことが、厚生労働省が労働者派遣事業を行う7万754事業所が提出した事業報告を集計した結果で分かった。

 (15893)

 2016年度の労働者派遣事業の年間売上高は6兆5798億円(前年度比15.9%増)となった。

 事業別の内訳は、労働者派遣事業が5兆1826億円(前年度比28.4%増)、(旧)特定労働者派遣事業が1兆3971億円(同15.0%減)となった。

 売上高10億円以上の事業所は、労働者派遣事業が926事業所(全体の6.1%)、(旧)特定労働者派遣事業が100事業所(同0.4%)。

 労働者派遣事業では売上高1~5億円の事業所が最も多く全体の37.2%、(旧)特定労働者派遣事業では売上高1000万~5000万円の事業所が最も多く全体の41.3%を占めている。

 派遣先件数は71万5767件(前年度比3.9%増)で、1年ぶりに増加に転じた。労働者派遣事業が63万269件(前年度比9.1%増)、(旧)特定労働者派遣事業が8万5498件(同23.2%減)だった。

 派遣料金(8時間換算)は、労働者派遣事業が1万9083円(前年度比9.5%増)、(旧)特定労働者派遣事業が2万5159円(同2.5%増)。

 法改正後の分類で業務別にみると、労働者派遣事業で派遣料金が最も高かったのは「医師、歯科医師、獣医師、薬剤師」で3万4205円。

 派遣労働者の賃金(8時間換算)は、労働者派遣事業が1万2624円(前年度比5.8%増)、(旧)特定労働者派遣事業が1万5771円(同1.3%増)。

 法改正後の分類で業務別にみると、労働者派遣事業で賃金が最も高かったのは「医師、歯科医師、獣医師、薬剤師」(2万2403円)。

 派遣労働者数は、約177万人となっている。

 内訳は無期雇用派遣労働者が労働者派遣事業で21万5073人、(旧)特定労働者派遣事業で21万4356人。有期雇用派遣労働者は労働者派遣事業で128万9437人、(旧)特定労働者派遣事業で5万2158人だった。

 集計結果は、2016年4月1日~2017年3月31日の期間内に属する報告について、労働者派遣事業2万2153事業所、(旧)特定労働者派遣事業4万8601事業所の状況をまとめた。

おすすめの記事

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了
労働契約法18条1項前段によれば、有期契約労働者は、①同一の使用者との間で2つ以上の有期労働契約を締結し、②その有期労働契約の通算期間が5年を超えることとなった場合、その契約の開始時点で無期転換権を取得します。  無期転換権が行使された場合、使用者はその申込みを承諾したものとみなされ、その行使の時点で無期労働契約が成立します。使用者は、有期契約労働者の申込みを承諾したものと「みなされる」ので、申込みの拒否や有期契約労働者の選別をすることはできません 。  ここでは、解雇や͡雇止め、定年による労働契約の終了について説明します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

ANA品質の「人財」を提供し、企業の生産性向上を支援する ANAビジネスソリューション 矢澤潤子社長

ANA品質の「人財」を提供し、企業の生産性向上を支援する ANAビジネスソリューション 矢澤潤子社長

ANAビジネスソリューションは、人材派遣・紹介、教育・研修事業などを行っており、ANAグループのOB・OGなどの豊富な実務経験を持つ「人財」をスピーディーに提供できることが強みだ。付加価値の高いサービスによって多くの企業の生産性向上を支援し、信頼を得ている同社の矢澤潤子社長にサービスの特長や最近の状況などを聞いた。
ストライプインターナショナルとパーソルテンプスタッフがサービス利用における業務提携を開始 パーソルホールディングス

ストライプインターナショナルとパーソルテンプスタッフがサービス利用における業務提携を開始 パーソルホールディングス

 アパレルメーカーのストライプインターナショナル(岡山・岡山、石川康晴社長)と、総合人材サービスのパーソルグループで人材派遣・アウトソーシング事業を手掛けるパーソルテンプスタッフ(東京・渋谷、和田孝雄社長)は、ストライプインターナショナルが運営するファッションレンタルアプリ「mechakari(メチャカリ)」のサービス利用における業務提携を開始した。
パーソル、オーストラリア最大級の人材派遣会社を買収へ

パーソル、オーストラリア最大級の人材派遣会社を買収へ

パーソルホールディングス(東京・渋谷、水田正道社長)は、オーストラリア最大級の人材派遣・メンテナンス会社のProgrammed Maintenance Services(プログラムド社)を約691億円で買収すると発表した。
労働者派遣事業の2015年度売上高は5兆6790億円、2年続けて増加もピークの7割

労働者派遣事業の2015年度売上高は5兆6790億円、2年続けて増加もピークの7割

 労働者派遣事業の2015年度の売上高は5兆6790億円で、2年続けて増加したことが、厚生労働省が労働者派遣事業を行う7万7956事業所が提出した事業報告を集計した結果で分かった。
人材派遣 3年連続で増加、紹介予定派遣は2年連続で減少

人材派遣 3年連続で増加、紹介予定派遣は2年連続で減少

 人材派遣の実稼動者数が3年連続で増加したことが、日本人材派遣協会の労働者派遣事業統計調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース