2018年10月23日

派遣労働者が就業している事業所12.7%、正社員登用制度のある事業所は13.1%

 2017年10月1日現在、派遣労働者が就業している事業所の割合は12.7%となっていることが、厚生労働省の「派遣労働者実態調査」で明らかとなった。

 (22759)

 産業別にみると、「情報通信業」で30.1%と最も高く、次いで「運輸業,郵便業」21.6%、「金融業,保険業」19.3%、「製造業」18.3%の順となっている。

 事業所規模別にみると、1000人以上では83.5%、300~999人は63.8%、100~299人は 50.1%、30~99人は24.9%、5~29人は9.3%と規模が大きいほど派遣労働者が就業している事業所の割合が高くなっている。

 全労働者数に対する派遣労働者の割合は 3.2%となっている。

 派遣労働者が就業している事業所について、性別に派遣労働者の割合をみると、男性49.5%、女性50.5%となっている。「金融業,保険業」、「複合サービス事業」では女性の割合が8割を超えている。

 産業別にみると、「製造業」が 34.0%と最も高くなっている。これを性別にみても男性41.4%、女性26.8%と「製造業」が最も高くなっており、次いで男性では「情報通信業」14.0%、女性では「卸売業,小売業」16.8%の割合が高い。

 派遣労働者が就業している事業所について、契約の件数を事業所が結んでいる派遣契約の期間別の割合でみると、「2カ月を超え3カ月以下」が46.7%と最も高く、次いで「3カ月を超え6カ月以下」21.0%、「6カ月を超え1年以下」12.5%の順となっている。

 派遣労働者が就業している事業所のうち「過半数労働組合(労働者の過半数で組織する労働組合)がある」事業所割合は 25.7%、「過半数労働組合がない」割合は 59.8%、「わからない」10.9%、「不明」3.6%となっている。「過半数代表者がいる」事業所割合は35.9%だった。

 派遣労働者が就業している事業所のうち労働者派遣法の施行(2015年9月30日)以降に締結された労働者派遣契約について、その派遣可能期間を延長するため、過半数労働組合等から「意見聴取をした」事業所の割合は21.6%、「意見聴取をしていない」事業所の割合は60.9%となっている。

 「労働者派遣契約がすべて2015年9月29日以前に締結」は2.7%、「不明」は14.9%だった。

 派遣労働者を正社員に採用する制度がある事業所の割合は13.1%で、このうち過去1年間に「派遣労働者を正社員に採用したことがある」は1.5%となっている。

 採用する制度がない事業所83.8%で、このうち過去1年間に「派遣労働者を正社員に採用したことがある」は 1.5%となっている。

 派遣労働者が就業している事業所についてみると、派遣労働者を正社員に採用する制度がある事業所の割合は24.4%、このうち「派遣労働者を正社員に採用したことがある」は6.3%となっている。

 調査は、2017年10月1日現在の状況について、2017年9月22日~10月15日、全国の5人以上の常用労働者を雇用する事業所を対象に実施し、1万158件の事業所の有効回答を得た。

おすすめの記事

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了
労働契約法18条1項前段によれば、有期契約労働者は、①同一の使用者との間で2つ以上の有期労働契約を締結し、②その有期労働契約の通算期間が5年を超えることとなった場合、その契約の開始時点で無期転換権を取得します。  無期転換権が行使された場合、使用者はその申込みを承諾したものとみなされ、その行使の時点で無期労働契約が成立します。使用者は、有期契約労働者の申込みを承諾したものと「みなされる」ので、申込みの拒否や有期契約労働者の選別をすることはできません 。  ここでは、解雇や͡雇止め、定年による労働契約の終了について説明します
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

人材派遣の実稼働者数、全地域平均は前年同期比102.7% 21四半期連続で前年同期比プラス

人材派遣の実稼働者数、全地域平均は前年同期比102.7% 21四半期連続で前年同期比プラス

 人材派遣の実稼動者数の四半期平均の前年同期比は102.7%となっていることが、日本人材派遣協会の労働者派遣事業統計調査で分かった。地域別に見てもすべての地域で前年同期比がプラスとなっている。
派遣スタッフ平均時給1640円、前年同月比が増加したのは東海エリアのみ リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1640円、前年同月比が増加したのは東海エリアのみ リクルート調べ

 9月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比4円減、0.2%減の1640円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、葛原孝司社長)の調査で分かった。前月比は3円減、0.2%減だった。
派遣スタッフ平均時給1643円、すべてのエリアで前年同月比が増加 リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1643円、すべてのエリアで前年同月比が増加 リクルート調べ

 8月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比15円増、0.9%増の1643円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、葛原孝司社長)の調査で分かった。前月比は5円減、0.3%減だった。
派遣スタッフ平均時給1648円、前月比はすべてのエリアで増加 リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1648円、前月比はすべてのエリアで増加 リクルート調べ

 7月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比13円増、0.8%増の1648円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、葛原孝司社長)の調査で分かった。前月比は10円増、0.6%増だった。
人材派遣の実稼働者数、全地域平均は前年同期比103.2% 実稼働者総数は9年ぶりに最多人数

人材派遣の実稼働者数、全地域平均は前年同期比103.2% 実稼働者総数は9年ぶりに最多人数

 人材派遣の実稼動者数の四半期平均の前年同期比は103.2%となっていることが、日本人材派遣協会の労働者派遣事業統計調査で分かった。実稼働者総数(四半期平均)は、2009年第2四半期以降9年ぶりの最多人数となっている。
派遣スタッフ平均時給1638円、前月比はすべてのエリアで減少 リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1638円、前月比はすべてのエリアで減少 リクルート調べ

 6月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比18円増、1.1%増の1638円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、葛原孝司社長)の調査で分かった。前月比は29円減、1.7%減だった。
派遣スタッフ平均時給1667円、すべてのエリアで前年同月比・前月比がプラス リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1667円、すべてのエリアで前年同月比・前月比がプラス リクルート調べ

 5月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比51円増、3.2%増の1667円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、柳川昌紀社長)の調査で分かった。前月比は5円増、0.3%増だった。
人材派遣 実稼働者数の全地域平均は前年同期比102.2%、前年比プラスとなるも伸び率は低迷

人材派遣 実稼働者数の全地域平均は前年同期比102.2%、前年比プラスとなるも伸び率は低迷

 人材派遣の実稼動者数の四半期平均の前年同期比は102.2%となっていることが、日本人材派遣協会の労働者派遣事業統計調査で分かった。地域別にみてもすべての地域で前年同期比がプラスとなっているが、2015年第4四半期以降で最も低い伸び率となっている。
派遣スタッフ平均時給1662円、すべてのエリアで前年同月比プラスも前月比は関東、関西でマイナス リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1662円、すべてのエリアで前年同月比プラスも前月比は関東、関西でマイナス リクルート調べ

 4月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比2.2%増の1662円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、柳川昌紀社長)の調査で分かった。前月比は8円減、0.5%減だった。
派遣スタッフ平均時給1670円、すべてのエリアで前年同月比・前月比が増加 リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1670円、すべてのエリアで前年同月比・前月比が増加 リクルート調べ

 3月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比4.4%増の1670円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、柳川昌紀社長)の調査で分かった。前月比は27円増、1.6%増だった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース