2017年6月30日

AI・IoT人材の採用を成功に導き、企業の成長と変革に貢献する 兆 近藤保代表取締役

さまざまな分野でAI・IoTの活用が本格化する中、エンジニアや事業開発を担える人材の獲得競争が激しくなっている。AI・IoT分野専門のコンサルタントを擁し、クライアントの採用を支援しているエグゼクティブ・サーチ会社、兆(きざし)の近藤保代表取締役にコンサルティングの特徴や採用事例などを聞いた。

 クライアントに対して「必要なAI・IoT人材を定義してください」とお願いしても難しい場合がありますので、人材プールの中からベンチマークとなる候補者を見ていただきながら具体的なイメージを合わせていくことによって、採用条件やポジションスペックを明確にし、サーチ戦略をスピーディーに策定することができるのです。

 当社にはAI・IoT人材のサーチを得意とする石部秀樹をはじめ、技術やメーカー分野のコンサルタントが数人おり、いずれも10年以上の経験者で、クライアントの要請に対して情熱を持って人材獲得にコミットしています。
 AI・IoT人材の採用では大学や研究機関の研究者がターゲットになることもありますが、当社は産業界だけでなく大学や研究機関の人材にも強いネットワークを持っています。AI・IoT人材は自ら転職市場には出てこないのですが、最先端の仕事に取り組んでいますので関連する情報に対して強い好奇心を持っています。

 そのため、日頃からAI・IoT分野で多くの方とお会いして幅広い情報を得ている当社のコンサルタントからのアプローチであれば、様々な情報の得られる機会となると理解していただけて、高い確率で面談が実現するのです。

最近の人材サーチの成功事例を教えてください。

 大手化学メーカーのクライアントでは、AI・ビッグデータを活用した材料開発人材のサーチに成功しました。

 新材料や代替材料の探索は、これまで研究者の経験と勘に依存していましたが、物質特性をコンピューター上で高精度に計算した材料データベースやAIを活用するマテリアルズ・インフォマティクスによって、これまでにない新しい物質の開発が進んでいます。そのキーパーソンが欲しいということでクライアントとの共同作業で希望通りの素晴らしい人材が獲得できました。

 大手機械メーカーでは、データを解析して生産性向上につなげるスマート工場プロジェクトを推進する人材の獲得に成功しました。

 機械から入ってくる膨大なデータをAIを活用して分析し、その結果をグローバルにも展開して工場の見える化を一気に進めるというものです。その取り組みが最も進んでいる日本企業のマネジャーに当社のコンサルタントが接触し、クライアントの魅力を的確に伝えることによって採用ができました。
 過去2年ほどでは、特にBtoB分野(FA、ロボット、生産技術、製造技術等)の事例が多いのですが、最近はメーカーからだけでなく、IT企業やゲーム会社からの相談が増えています。大手金融機関からはフィンテック専門人材のサーチ依頼を受けています。

 常に新しい分野でのサーチに挑戦することによって人材プールは拡大していますので、クライアントの採用にさらに貢献していきたいと考えています。

AI・IoT人材の難しい採用を相次いで成功させている

AI・IoT人材のサーチを得意とする石部秀樹パートナー

AI・IoT人材のサーチを得意とする石部秀樹パートナー

AI、IoT人材の主なサーチ事例

▶ 大手化学メーカーへAI・ビッグデータを活用した開発人材
▶ 大手機械メーカーへスマート工場プロジェクト(インダストリー4.0)推進人材
▶ 大手制御機器メーカーへAIを活用した新規事業立ち上げ人材
▶ FA自動機メーカーへ画像認識AIを活用した商品開発人材
▶ 大手医療サービス企業へAIを活用した業務改善推進人材

兆株式会社

http://www.kizashi-group.com

代表者:代表取締役 近藤保
設立:2011年
所在地:東京オフィス 東京都千代田区丸の内2-2-2 丸の内三井ビル9F
TEL:03-6273-4106
大阪オフィス:大阪府大阪市西区西本町1-4-1 オリックス本町ビル4F
TEL:06-6532-5700
事業内容:エグゼクティブ・サーチ、リーダーシップコンサルティング
26 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

新たな環境を乗り越えていくニューリーダーの条件 日本コーン・フェリー・インターナショナル 妹尾輝男社長 

新たな環境を乗り越えていくニューリーダーの条件 日本コーン・フェリー・インターナショナル 妹尾輝男社長 

グローバル化の進展などによって日本企業を取り巻く環境が大きく変化している。経営幹部層の獲得や人材アセスメントの実態に詳しい日本コーン・フェリー・インターナショナル社長の妹尾輝男氏に、日本企業の人材戦略の課題や今後求められるリーダーの条件などについて聞いた。
経営幹部を外部から採用する企業の狙いと獲得手法 島本パートナーズ 安永雄彦社長

経営幹部を外部から採用する企業の狙いと獲得手法 島本パートナーズ 安永雄彦社長

経営組織課題の解決を目的に、経営幹部を外部から採用する企業が増えている。経営者や経営幹部、専門分野のプロフェッショナルを対象とするエグゼクティブ・サーチを手掛ける島本パートナーズの安永雄彦社長に、経営幹部を外部から採用する企業の狙いや人材獲得の手法について聞いた。
グローバル化で加速する経営人材の獲得 リテインド・サーチの現場から

グローバル化で加速する経営人材の獲得 リテインド・サーチの現場から

 企業のグローバル化が進行する中、経営幹部やスペシャリスト採用でリテインド・サーチを活用し始めた日本の企業が増えている。一般的な人材紹介との違いや活用事例について、グローバルな人材サーチ大手4社のリテインド・サーチの現場を取材した。
質の高いコンサルティングを支える経営で顧客の信頼を獲得 シグニアム インターナショナル 福居徹社長

質の高いコンサルティングを支える経営で顧客の信頼を獲得 シグニアム インターナショナル 福居徹社長

これまで経験したことがない経営危機に見舞われている人材紹介業界。本紙調査でも、各社それぞれの事情があるものの、人材紹介会社の売上は2008年度と2009年度の比較で40~60%の大幅ダウンとなっている。こうした状況の中でも、人員削減などのリストラを行わずに売上の減少幅を10%程度に抑えた会社がある。それが、エグゼクティブ・サーチのシグニアム インターナショナルだ。注目すべき特徴は、米国のサーチ・ビジネスで培われてきた質の高いコンサルティングと経営の実践にある。その秘訣をシグニアム インターナショナルの福居徹社長に聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(インタビュー担当) 編集部(インタビュー担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース