2016年3月18日

非正規社員から正社員へ登用 医療・福祉業界の企業は67%が実施

 厚生労働省の2月の労働経済動向調査によると、過去1年間に、医療・福祉業界の企業の67%が非正規社員から正社員へ登用していることが分かった。

 (764)

 過去1年間(2015年2月~2016年1月)に正社員以外の労働者から正社員へ登用した企業は45%で、産業別に見ると「医療,福祉」(67%)が最も高かった。次いで、「運輸業,郵便業」(48%)、「サービス業」(45%)などが高く、最も低いのは「建設業」(25%)だった。
 登用した企業のうち、年齢に上限を設けている企業は14%で、上限を設けている企業が2割を超えているのは「運輸業,郵便業」(24%)のみ。
 今後も登用していきたいと考えている企業は、過去1年間に登用した企業では66%(未定が23%)、過去1年間に登用がなかった企業では26%(未定が50%)となっている。
 調査は主要産業の30人規模以上の事業所のうち5835事業所を抽出して実施し、2946事業所から有効回答を得た。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2月の完全失業率2.5%、正規雇用33万人増

2月の完全失業率2.5%、正規雇用33万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、2月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.1ポイント増となる2.5%だった。
2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

 帝国データバンクの調査によると、2018年度に正社員の採用予定がある企業は4年連続で6割を超えた。一方、採用予定のない企業は8年連続で減少し、13年ぶりの低水準となった。
5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

 現在の従業員の過不足状況を聞くと(「該当なし/無回答」を除く)、正社員が「不足」していると回答した企業は51.1%で、調査開始(2006年5月)以降、最高水準で推移していることが帝国データバンクの調査で分かった。「適性」は41.2%、「過剰」は7.6%だった。
1月の完全失業率2.4%、正規雇用40万人増

1月の完全失業率2.4%、正規雇用40万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、1月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.3ポイント減となる2.4%だった。
一般労働者の賃金30万4300円、女性の賃金は過去最高

一般労働者の賃金30万4300円、女性の賃金は過去最高

 一般労働者の賃金は30万4300円(年齢42.5歳、勤続12.1年)となっていることが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。男性は33万5500円(年齢43.3歳、勤続13.5年)、女性は24万6100円(年齢41.1歳、勤続9.4年)だった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース