2016年11月18日

管理部門・士業に特化した人材紹介会社MS-Japanがマザーズ上場へ

管理部門、会計士・税理士・弁護士などの士業に特化した人材紹介会社では最大手のMS-Japan(有本隆浩社長、東京・千代田)の東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認された。上場は12月15日を予定している。

 (10853)

 MS-Japanは、1990年に大阪で創業し、以来、事業会社の経理財務、法務などの管理部門職種と公認会計士、税理士、弁護士等の有資格者を対象とした人材紹介を主な事業としている。

 士業の人材紹介にいち早く着目して、新たなマーケットを拡大。2016年3月には、全国会計事務所・法律事務所の検索サイト「J-ing」を開設するなど、仕業の紹介を強化している。

 売上高は、2012年3月期9億36百万円、2013年3月期10億61百万円、2014年3月期12億59百万円、2015年3月期16億7百万円、2016年3月期20億13百万円と景気の回復とともに4年で2倍以上の規模に拡大した。16年3月期は前期比で25%増となっている。

 経常利益は、12年3月期1億23百万円、13年3月期3億22百万円、14年3月期4億79百万円、15年3月期6億53百万円、16年3月期8億13百万円。経常利益率は40%(16年3月期)と、同業他社に比べて高い数値となっている。

 16年3月期の主な紹介実績の内訳は一般企業向け14億17百万円(前年同期比124.2%)、監査法人など専門組織向け5億82百万円(同131.5%)で、このうち有資格者の紹介実績は605百万円(同131.5%)だった。

 従業員数は10月末現在で112人(平均年齢28.8歳)となり、2012年3月期の66人から約2倍に増加した。

 直近の16年4月1日から9月30日の第2四半期の実績は、弁護士、公認会計士、税理士等の専門性の高い人材の紹介実績が堅調に推移したほか、その他の有資格者や管理部門職種経験者の紹介実績が大きく増加したことにより、同期累計の売上高11億87百万円、経常利益4億60百万円となっており、今期の実績についても前期を上回ることが予想される。

人材コンサルティング会社ガイド100選 MS-Japan「管理部門とスペシャリストに特化し、経験を積んだ即戦力の人材を紹介します」

人材コンサルティング会社ガイド100選 MS-Japan「管理部門とスペシャリストに特化し、経験を積んだ即戦力の人材を紹介します」
有本 隆浩 代表取締役
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【著者が語る】会計士・税理士の転職マニュアル

【著者が語る】会計士・税理士の転職マニュアル

VRPパートナーズ 大谷幸宏 代表
上場企業の不適切会計の開示が5年連続で増加

上場企業の不適切会計の開示が5年連続で増加

 上場企業で「不適切な会計・経理(以下、不適切会計)」を開示する企業が増えている。1~10月に不適切会計を開示した企業が48社に上り、5年連続で増加していることが、東京商工リサーチの「不適切な会計・経理の開示企業」調査で分かった。
MS-Japanが会計事務所・法律事務所の検索サイトを開設

MS-Japanが会計事務所・法律事務所の検索サイトを開設

 管理部門に特化する人材紹介会社MS-Japan(東京・千代田、有本隆浩社長)は、会計事務所や法律事務所を探す企業経営者や管理部門担当者のための事務所検索サイト「J-ing(ジェイング)」を開設した。
【人事分野の中途採用】「採用」と「人事企画・制度」に関する求人の伸びが大きい

【人事分野の中途採用】「採用」と「人事企画・制度」に関する求人の伸びが大きい

MS-Japan 窪塚 勝則 コーポレート事業部 チーフキャリアアドバイザー

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース