2018年7月2日

5月の完全失業率2.2%、正規雇用74万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、5月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.3ポイント減となる2.2%だった。

 (21809)

 男女別の完全失業率は、男性が2.4%で前月比0.4ポイント減。女性は2.0%で前月比0.1ポイント減となった。

 完全失業者数は158万人(前年同月比52万人減)。完全失業者のうち「定年又は雇用契約の満了」は19万人(同7万人減)、「勤め先や事業の都合」は22万人(同7万人減)、「自己都合」は64万人(同27万人減)だった。

 就業者数は6698万人(前年同月比151万人増)で、65カ月連続の増加となった。就業者数のうち雇用者数は5931万人(同135万人増)。

 正規雇用は3511万人(同74万人増)、非正規雇用は2079万人(同76万人増)となった。

 非正規雇用の内訳は、パート1023万人(同37万人増)、アルバイト428万人(同40万人増)、派遣社員136万人(同4万人増)、契約社員287万人(同11万人減)、嘱託126万人(同4万人増)、その他80万人(同3万人増)。

 就業者数の前年同月比を産業別に見ると、宿泊業・飲食サービス業(21万人増)、情報通信業(14万人増)、医療・福祉(14万人増)などが増加し、教育・学習支援業(5万人減)のみが減少した。

おすすめの記事

同一労働同一賃金で注目される長澤運輸事件・東京地裁判決

同一労働同一賃金で注目される長澤運輸事件・東京地裁判決
一億総活躍国民会議(2月23日)における安倍総理大臣の指示に基づき、3月23日以降、厚生労働省職業安定局が実施する検討会(同一労働同一賃金の実現に向けた検討会)において「同一労働同一賃金」の実現に向けた具体的方策について検討が進められています。そのような中、5月13日に言い渡された長澤運輸事件の東京地裁判決(労判1135号11頁)が注目を集めています。皆さんの中には実際に判決文をお読みになった方もいらっしゃるかもしれません。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

7月の完全失業率2.5%、正規雇用93万人増

7月の完全失業率2.5%、正規雇用93万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、7月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.1ポイント増となる2.5%だった。
6月の完全失業率2.4%、正規雇用44万人増

6月の完全失業率2.4%、正規雇用44万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、6月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.2ポイント増となる2.4%だった。
4月の完全失業率2.5%、正規雇用67万人増

4月の完全失業率2.5%、正規雇用67万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、4月の完全失業率(季節調整値)は前月と同水準となる2.5%だった。
3月の完全失業率2.5%、正規雇用41万人増

3月の完全失業率2.5%、正規雇用41万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、3月の完全失業率(季節調整値)は前月と同水準となる2.5%だった。
2月の完全失業率2.5%、正規雇用33万人増

2月の完全失業率2.5%、正規雇用33万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、2月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.1ポイント増となる2.5%だった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース