2017年4月8日

3月の米雇用9.8万人増、失業率4.5%

 米労働省が発表した3月の雇用統計によると、景気との連動性が高い非農業部門の雇用者数(季節調整値)が前月に比べ9万8000人の増加となった。事前の市場予測(約18万人増)を大幅に下回り、雇用改善の目安とされる20万人を3カ月ぶりに割り込んだ。

 (11849)

 民間部門は8万9000人増。業種別では、専門・企業向けサービス(5万6000人増)の増加、小売(2万9700人減)の減少以外は、小幅な増減となった。政府部門は9000人増だった。

 2月の雇用者数が21万9000人増(前回発表23万5000人増)、1月の雇用者数が21万6000人増(同23万8000人増)に修正された。

 3月の失業率(軍人除く、季節調整値)は前月から0.2ポイント低下して4.5%。2007年5月(4.4%)以来の低水準となった。

 週当たりの平均労働時間は前月から変わらず34.3時間、時間当たりの平均賃金は前月から0.05ドル増の26.14ドルだった。

おすすめの記事

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、長澤運輸事件の東京高裁判決(東京高等裁判所平成28年11月2日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

5月の完全失業率3.1%に増加、正規雇用50万人増

5月の完全失業率3.1%に増加、正規雇用50万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、5月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.3ポイント増となる3.1%だった。
4月の完全失業率2.8%、正規雇用14万人増

4月の完全失業率2.8%、正規雇用14万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、4月の完全失業率(季節調整値)は前月と同率となる2.8%だった。
3月の完全失業率2.8%、正規雇用26万人増

3月の完全失業率2.8%、正規雇用26万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、3月の完全失業率(季節調整値)は前月と同率となる2.8%だった。男女別にみると、男性の完全失業率は3カ月連続で改善傾向が続いている。
2月の完全失業率2.8%に改善、正規雇用51万人増

2月の完全失業率2.8%に改善、正規雇用51万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、2月の完全失業率(季節調整値)は前月から0.2ポイント低下して2.8%だった。
2月の米雇用23.5万人増、失業率4.7%

2月の米雇用23.5万人増、失業率4.7%

 米労働省が発表した2月の雇用統計によると、景気との連動性が高い非農業部門の雇用者数(季節調整値)が前月に比べ23万5000人の増加となった。1月に続いて雇用改善の目安とされる20万人を上回った。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース