2018年5月9日

リクルート、米オンライン求人サービス会社を1300億円で買収

リクルートホールディングス(東京・千代田、峰岸真澄社長)は、求人企業の口コミや給与情報を求職者に提供するオンライン求人サービスを行う米Glassdoor(グラスドア)の発行済全株式を、12億ドル(約1300億円)で取得することを決定した。

 (20476)

 グラスドアは2007年創業で、従業員は750人。2018年3月期の売上高は1億7100万ドル(約190億円)。

 同社は求人企業の口コミや給与情報に関するデータを求人情報と結びつけることで求職者が仕事を見つけやすくし、求人企業には求人サイト上でのクリック課金型や月額課金型の求人広告などを通じた採用支援を行っている。

 求人サイトには、世界190カ国以上で投稿される77万社を超える企業の口コミ情報などが掲載されており、2018年1月現在、月間で5900万を超えるユーザーが訪れているという。

 今回の買収によってグラスドアはリクルートのHRテクノロジーセグメント傘下に入り、引き続き現CEOのRobert Hohman氏が指揮する。

 グラスドアの求人企業情報に関するデータベースは、リクルートのHRテクノロジーセグメントの求人検索エンジンサービス「Indeed」が持つ機能と補完関係にあるため、今後は各々のブランドを確立させつつ両者のシナジー効果を狙う。

 リクルートは5月15日の通期決算発表で19年3月期の連結業績予想を公表する予定だが、今回の買収が連結業績予想に与える影響として、売上収益160億円、EBITDAマイナス30億円、調整後当期利益マイナス31億円程度を見込んでいる。

Indeed「最適な候補者を見つけられるクリック課金型の求人検索エンジンです」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

Indeed「最適な候補者を見つけられるクリック課金型の求人検索エンジンです」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
高橋 信太郎 代表取締役
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

リクルートキャリアとHRテック領域における事業提携を締結 カオナビ

リクルートキャリアとHRテック領域における事業提携を締結 カオナビ

 クラウド人材管理ツール「カオナビ」を提供するカオナビ(東京・港、柳橋仁機社長)が、リクルートキャリア(東京・千代田、小林大三社長)と、HRテック領域における事業提携を締結した。
転職求人倍率1.79倍、転職求人数と転職希望者数はともに増加

転職求人倍率1.79倍、転職求人数と転職希望者数はともに増加

 リクルートキャリア(東京・千代田、柳川昌紀社長)が運営する転職支援サービス「リクルートエージェント」の2016年8月の転職求人倍率は1.79倍で前月と比べ増減はなかったが、求人数、転職希望者数はともに増加しており、過去最高を記録していることが分かった。
大卒求人倍率1.74倍、大企業への就職希望者増加で厳しくなる中小企業の新卒採用

大卒求人倍率1.74倍、大企業への就職希望者増加で厳しくなる中小企業の新卒採用

 2017年3月卒業予定の大卒求人倍率は1.74倍で前年から0.01ポイント上昇したことなどが、リクルートワークス研究所の調べで分かった。売り手市場化で大企業への就職希望者数が増加していることから、中小企業の新卒採用は前年以上に厳しくなる。
公開型研修サービスをリニューアル リクルートマネジメントソリューションズ

公開型研修サービスをリニューアル リクルートマネジメントソリューションズ

 リクルートマネジメントソリューションズ(東京・千代田、奥本 英宏社長)は、1~3日間の公開型研修サービス「リクルートマネジメントスクール」と、3時間のチケット制公開型研修サービス「リクルートラーニングクラブ」を統合しリニューアルする。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース