2018年5月9日

リクルート/米オンライン求人サービス会社を1300億円で買収

リクルートホールディングス(東京・千代田、峰岸真澄社長)は、求人企業の口コミや給与情報を求職者に提供するオンライン求人サービスを行う米Glassdoor(グラスドア)の発行済全株式を、12億ドル(約1300億円)で取得することを決定した。

 (20476)

 グラスドアは2007年創業で、従業員は750人。2018年3月期の売上高は1億7100万ドル(約190億円)。

 同社は求人企業の口コミや給与情報に関するデータを求人情報と結びつけることで求職者が仕事を見つけやすくし、求人企業には求人サイト上でのクリック課金型や月額課金型の求人広告などを通じた採用支援を行っている。

 求人サイトには、世界190カ国以上で投稿される77万社を超える企業の口コミ情報などが掲載されており、2018年1月現在、月間で5900万を超えるユーザーが訪れているという。

 今回の買収によってグラスドアはリクルートのHRテクノロジーセグメント傘下に入り、引き続き現CEOのRobert Hohman氏が指揮する。

 グラスドアの求人企業情報に関するデータベースは、リクルートのHRテクノロジーセグメントの求人検索エンジンサービス「Indeed」が持つ機能と補完関係にあるため、今後は各々のブランドを確立させつつ両者のシナジー効果を狙う。

 リクルートは5月15日の通期決算発表で19年3月期の連結業績予想を公表する予定だが、今回の買収が連結業績予想に与える影響として、売上収益160億円、EBITDAマイナス30億円、調整後当期利益マイナス31億円程度を見込んでいる。

リクルートの関連記事

リクルートエージェント「業界最大のデータベースを駆使し、企業の人材戦略を支援します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

リクルートエージェント「業界最大のデータベースを駆使し、企業の人材戦略を支援します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
リクルートエージェントは、リクルートグループで社員募集領域を担うリクルートキャリアの人材紹介サービスで、登録者数、求人企業数、採用決定数は圧倒的。人材の「量」「質」を「スピード」をもって「継続的」に紹介できる総合力が強みで、転職者と求人企業双方に数多くの選択肢を提供している。科学的な手法やビッグデータを活用したサービス開発にも積極的に取り組んでおり、より効率的な採用プロセスや入社後活躍の支援を強化している。(日本人材ニュース編集部の評価)

リクルートエグゼクティブエージェント「経営幹部、社外取締役、女性幹部などエグゼクティブ人材の紹介に実績があります」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

リクルートエグゼクティブエージェント「経営幹部、社外取締役、女性幹部などエグゼクティブ人材の紹介に実績があります」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
リクルートエグゼクティブエージェントは、リクルートグループの人材紹介事業の中で、日本企業を中心とした経営幹部層の紹介に特化している。リクルートの知名度の高さは、有力候補者との接触も容易にしている。採用したいポジションに応じてヘッドハンティングによるサーチの手法を用いて探すこともできる。グローバル人材の採用では、リクルートグループの充実したデータベース、欧米、中国・アジアに築いているネットワークを活用して候補者をリストアップできる点が強みだ。(日本人材ニュース編集部の評価)

リクルートキャリア RPO「“採用の充足”を実現するために、リクルートのノウハウを投入して採用の最適化を支援します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

リクルートキャリア RPO「“採用の充足”を実現するために、リクルートのノウハウを投入して採用の最適化を支援します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
リクルートキャリアは、国内最大手の人材サービス企業で、RPOサービスは採用業務の効率化にとどまらず、採用の「量」「質」をともに充足させることを最大の提供価値としている。昨今の採用難易度が上昇する中で、事業計画達成に向けた人材確保は企業の急務であり、同社のRPOサービスはノウハウと実力で結果を出し続け、リピート率を高めている。クライアントの期待により一層応えていくため、専門性の高い人材や難しいポジションの採用力強化に注力している。(日本人材ニュース編集部の評価)

リクルートマーケティングパートナーズ「スマホで手軽に学習できる英語学習アプリで、ビジネス英語力を短期間で向上させます」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

リクルートマーケティングパートナーズ「スマホで手軽に学習できる英語学習アプリで、ビジネス英語力を短期間で向上させます」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
「スタディサプリENGLISH法人サービス」は、個人向けの英語学習アプリ「スタディサプリENGLISH」を利用した社員の英語力向上に着目した企業から要望を受け、人事用管理画面を追加しリリースされた。スマホで1回3分から学べるため、多忙な社員でも場所や時間を選ばず学習できると好評。学習内容はTOEICⓇ Listening&Reading Testに準拠し、インプットとアウトプットの両方に対応したコンテンツで、確実な英語力の向上が見込める。(日本人材ニュース編集部の評価)
7 件

関連する記事

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答2)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答2)

2021年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要コンサルティング会社の事業責任者を対象にアンケート調査で聞いた。【回答社名:Results、リクルートキャリア、Youth Planet、みらいワークス、プロフェッショナルネットワーク】
リクルートキャリア/1day仕事体験向けのプログラムを開発 他

リクルートキャリア/1day仕事体験向けのプログラムを開発 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【リクルートキャリア、SIGNATE、みらいワークス、ヒューマンリソシア】
フルキャストグローバル/特定技能外国人の受け入れ業務を支援 他

フルキャストグローバル/特定技能外国人の受け入れ業務を支援 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【フルキャストグローバル、マイナビ、KIYOラーニング、リクルートマーケティングパートナーズ】