2018年7月11日

精神障害の労災請求件数が初めて1700件超え、嫌がらせ、いじめ、暴行が原因の最多 

 仕事による強いストレスなどが原因で発病した精神障害の2017年度の労災請求件数が1732件に上ったことが、厚生労働省がまとめた「過労死等の労災補償状況」で分かった。前年度と比べると146件増加となる。

 (21850)

 精神障害の労災請求件数は、2013年度に1409件、2014年1456件、2015年1515件、2016年1586件と増加傾向にあったが、2017年度はさらに大きく増え1700件を超えた。

 支給決定件数は506件で前年度から8件増となり、うち未遂を含む自殺の件数は前年度比14件増の98件だった。

 業種別請求件数は、「医療・福祉」313件、「製造業」308件、「卸売業・小売業」232件が多く、支給決定件数は「製造業」87件、「医療・福祉」82件、「卸売業・小売業」65件が多い。

 職種別請求件数は、「専門的・技術的職業従事者」429件、「事務従事者」329件、「販売従事者」225件の順に多く、支給決定件数は「専門的・技術的職業従事者」130件、「サービス職業従事者」70件、「事務従事者」66件の順に多い。

 年齢別では、請求件数は「19歳以下」17件、「20~29歳」363件、「30~39歳」446件、「40~49歳」522件、「50~59歳」318件、「60歳以上」66件。

支給決定件数は「19歳以下」6件、「20~29歳」114件、「30~39歳」131件、「40~49歳」158件、「50~59歳」82件、「60歳以上」15件となっている。

 支給決定の具体的な出来事は、「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、暴行を受けた」88件、「仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった」64件、「悲惨な事故や災害の体験、目撃をした」63件が多い。

 脳・心臓疾患に関する事案の請求件数は840件(前年度比15件増)、支給決定件数は253件(同7件減)となった。

おすすめの記事

ストレスチェック制度化で求められる安全配慮義務

ストレスチェック制度化で求められる安全配慮義務
平成26年6月25日に「労働安全衛生法の一部を改正する法律」が交付され、新たにストレスチェック制度が創設されました。同制度の施行 期日は、平成27年12月1日とされています。そこで、今回はストレスチェック制度の概要、使用者の安全配慮義務との関係で留意すべき点について説明します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

労働相談は10年連続100万件超、職場のいじめ・嫌がらせの相談が6年連続で最多

労働相談は10年連続100万件超、職場のいじめ・嫌がらせの相談が6年連続で最多

 都道府県労働局や労働基準監督署の総合労働相談コーナーへの相談内容のうち、職場のいじめ・嫌がらせに関するものが6年連続で最多だったことが、厚生労働省の「2017年度個別労働紛争解決制度の施行状況」で分かった。
労働災害の死亡者数は3年ぶりに増加、死傷者数は2年連続の増加

労働災害の死亡者数は3年ぶりに増加、死傷者数は2年連続の増加

 2017年の労働災害による1年間の死亡者数は978人で、前年と比べ5.4%増と3年ぶりに増加したことが厚生労働省のとりまとめで明らかになった。
職場のいじめ・嫌がらせの相談が5年連続で最多

職場のいじめ・嫌がらせの相談が5年連続で最多

 都道府県労働局や労働基準監督署の総合労働相談コーナーへの相談内容のうち、職場のいじめ・嫌がらせに関するものが5年連続で最多だったことが、厚生労働省の「2016年度個別労働紛争解決制度の施行状況」で分かった。
労働災害の死亡者数は2年連続過去最少、死傷者数は前年増

労働災害の死亡者数は2年連続過去最少、死傷者数は前年増

 労働災害による1年間の死亡者数は過去最少の928人と減少傾向にあるが、死傷者数は前年と比べ増加傾向にあることが厚生労働省のとりまとめで明らかになった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース