2016年7月7日

【メディカル(医療)分野の中途採用】メンタル不調者の課題が多い企業は、保健師に加え心理職を配置

プライマリー・アシスト 石山 知良 代表取締役社長

 (6965)

 ストレスチェック初年度を迎え、4月入社で保健師の増員・新規採用を行う会社が多かったと考えます。産業医のもと、実務にあわせた保健師の配置体制の見直しをはじめ、健康管理体制のない企業は新たな配置を検討、もしくは外部委託活用の準備を整えるケースも多くあります。

 これまで看護師を配置していた企業が保健師に切り替えるケースも少なくありません。さらに、メンタル不調者の課題が多い企業は、保健師に加え心理職を配置するケースも出ています。

 産業医の月の勤務日数を増やす動きも見られ、健康経営に向けた意識が高まっています。産業保健分野の求人は大半が保健師の募集で、経験があっても看護師資格だけでは応募先が絞られる状況です。1つの募集に応募が殺到することも多く、企業勤務後の転職回数や勤務期間が短いなどの場合、書類選考すら通過できないこともあります。
 しかし、必ずしも若年層が求められている訳ではなく、しっかりとした経験や実績、中堅ベテラン層ならではのコミュニケーション能力を求める企業も多くあります。
 ストレスチェック対応のため、複数事業所を巡回することが求められ、日帰り出張なども必須条件となりつつあります。また、従業員数の多い大手では、健康管理室をまとめるマネジメント経験もしくはポテンシャルを求めるケースもあり、企業の医療職の役割も一般職同様に、より組織人としての役割を求められることが増えています。
 企業の医療職募集はいまだ無料媒体の利用が半数を占めます。都心部では、保健師求人が少ないことから大量のエントリーが集まり、書類や1次選考に膨大な時間を掛けても、なかなか希望の人材に出会えないということも少なくありません。
 専門の紹介会社に依頼する企業も増えていますが、医療職の採用の実績が少ない場合が大半であることから、採用した人材を定着させるために紹介予定派遣を上手く活用するケースが増えています。また必ずしも産業保健経験者だけでなく、あえて未経験者を採る場合も増えています。

プライマリー・アシスト「『健康経営』取得の支援から、産業医・保健師の配置まで産業保健分野が専門です」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

プライマリー・アシスト「『健康経営』取得の支援から、産業医・保健師の配置まで産業保健分野が専門です」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
石山 知良 代表取締役社長

おすすめの記事

ストレスチェック制度化で求められる安全配慮義務

ストレスチェック制度化で求められる安全配慮義務
平成26年6月25日に「労働安全衛生法の一部を改正する法律」が交付され、新たにストレスチェック制度が創設されました。同制度の施行 期日は、平成27年12月1日とされています。そこで、今回はストレスチェック制度の概要、使用者の安全配慮義務との関係で留意すべき点について説明します。
10 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース