2016年4月21日

女性活躍推進 行動計画策定届出率は71.1%

 4月1日施行の女性活躍推進法で企業に義務付けられた一般事業主行動計画策定の届出率が71.1%だったことが、厚生労働省のまとめで分かった。

 (778)

 「女性活躍推進法」は常用労働者301人以上の企業に、(1)自社の女性の活躍状況の把握・課題分析、(2)行動計画の策定・届出・公表、(3)自社の女性の活躍に関する情報公表などを義務付けている。

 4月1日までに一般事業主行動計画を策定した旨の届出件数は、全国の労働者301人以上の企業1万5472社のうち、1万1068社で71.1%だった。届出が努力義務の労働者300人以下の企業は724社が届け出た。

 届出の状況を都道府県別に見ると、届出率が最も高かったのは秋田県の95.1%(届出78社/対象82社)。次いで、大分県の92.5%(届出99社/対象107社)、埼玉県の90.0%(届出397社/対象441社)と続いた。

 労働者301人以上の企業が最も多い東京都は77.1%(届出3417社/対象4434社)で全体平均を上回ったが、次いで企業数が多い大阪府は51.9%(届出735社/対象1416社)で47都道府県中46位。最も低かったのは広島県の51.4%(届出196社/対象381社)。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

女性活躍推進 7割以上の企業が「短時間勤務」の効果を実感

女性活躍推進 7割以上の企業が「短時間勤務」の効果を実感

 日本生産性本部の「コア人材としての女性社員育成に関する調査」によると、女性の活躍推進の取り組みとして、7割以上の企業が「出産・育児・介護のための短時間勤務制度」の効果を感じていることが分かった。
2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

若年労働力の不足が深刻になる中、多様な労働力の活用が課題となっており、従来型の採用手法では人材確保が難しくなっている。2017年の日本の雇用情勢と企業の人材採用数の予測を、企業の人材採用を支援する主要人材コンサルティング会社50社を対象にアンケート調査で聞いた。
働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

2016年の人事・労務の特徴を一言でいえば、人材不足の顕在化に対応した採用力強化や定着を促す官民を挙げた「働き方改革」が本格的に始動した年だった。(文・溝上憲文編集委員)
景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

 2017年の景気の懸念材料として、約4割の企業が「米国経済」を挙げていることが、帝国データバンクの「2017年の景気見通しに対する企業の意識調査」で明らかとなった。
人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース