2018年9月11日

7月の実質賃金0.4%増、現金給与総額は1.5%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.4%増となったことが、厚生労働省が発表した7月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。

 (22468)

 7月の一人当たりの平均現金給与総額は37万6338円で、前年同月比が1.5%増となった。

 現金給与総額のうち、きまって支給する給与は1.1%増の26万4551円で、所定内給与は1.0%増の24万5010円、所定外給与は1.9%増の1万9541円。特別に支払われた給与は、2.4%増の11万1787円。

 現金給与総額の前年同月比を業種別に見ると、鉱業・採石業等46万3860円(16.6%増)、建設業50万8656円(13.0%増)、学術研究等56万808円(9.0%増)などが増加した。

 減少したのは、複合サービス事業37万7528円(9.6%減)、不動産・物品賃貸業40万6920円(7.6%減)、医療・福祉32万2146円(3.3%減)などだった。

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.4%増となった。5月から1.3%増、2.8%増と2カ月連続で大きく増加していたが、今月は微増にとどまった。

 7月の一人当たりの所定外労働時間は前年同月比1.8%減の10.6時間となった。

 所定外労働時間の前年同月比を業種別に見ると、複合サービス事業9.9時間(43.4%増)、電気・ガス業14.8時間(21.4%増)、教育・学習支援業9.5時間(6.7%増)などが増加し、情報通信業13.2時間(10.2%減)、不動産・物品賃貸業10.8時間(8.4%減)、生活関連サービス等6.4時間(7.2%減)などが減少した。

おすすめの記事

人事実務の最新重要判例「歩合給から残業代を控除する賃金規則の有効性」国際自動車事件最高裁判決

人事実務の最新重要判例「歩合給から残業代を控除する賃金規則の有効性」国際自動車事件最高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考となる裁判例として、国際自動車事件の最高裁判決(最高裁判所第三小法廷判決平成29年2月28日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

6月の実質賃金2.8%増、現金給与総額は3.6%増

6月の実質賃金2.8%増、現金給与総額は3.6%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ2.8%増となったことが、厚生労働省が発表した6月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
5月の実質賃金1.3%増、現金給与総額は2.1%増

5月の実質賃金1.3%増、現金給与総額は2.1%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ1.3%増となったことが、厚生労働省が発表した5月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
4月の実質賃金は増減なし、現金給与総額は0.8%増

4月の実質賃金は増減なし、現金給与総額は0.8%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べて増減なしの同水準となったことが、厚生労働省が発表した4月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
3月の実質賃金0.8%増、現金給与総額は2.1%増

3月の実質賃金0.8%増、現金給与総額は2.1%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.8%増となったことが、厚生労働省が発表した3月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
実質賃金 5年ぶりに増加

実質賃金 5年ぶりに増加

 厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)によると、2016年の実質賃金が5年ぶりに増加したことが分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース