2018年2月9日

2016年度の企業の経常利益は5年連続で増加、経常利益率は製造業・卸売業では調査開始以来の最高値

 2016年度の一企業当たりの経常利益は11.5億円で、前年度比1.5%増と5年連続で増加したことが、経済産業省の「企業活動基本調査」で分かった。売上高は230.4億円、前年度比2.9%減と3年連続で減少した。

 (14249)

 主要産業でみると、「製造企業」の一企業当たりの売上高は211.1億円(前年度比3.9%減)で、3年連続の減少となった。営業利益は10.0億円(同0.6%減)、経常利益は14.7億円(同2.4%増)だった。

 売上高は減少したものの、営業費用(特に売上原価)も減少(同4.1%減)したため、営業利益はわずかに減少した。経常利益は営業外費用の減少により2年ぶりに増加(同2.4%増)となった。

 経常利益の増加を業種別にみると、電子部品・デバイス・電子回路製造業、石油製品・石炭製品製造業等が増加した。

 「卸売企業」の一企業当たりの売上高は367.6億円(同1.7%減)で、3年連続の減少となった。営業利益は6.3億円(同16.5%増)、経常利益は9.5億円(同17.7%増)だった。

 営業費用(特に売上原価)が売上高以上に減少(同2.0%減)したため、営業利益は大幅に増加した。経常利益は3年ぶりに増加(同17.7%増)となった。

 経常利益の増加を業種別にみると、石油・鉱物卸売業(同1244.7%増)等が増加した。

 「小売企業」の一企業当たりの売上高は243.2億円(同0.5%減)で、2年ぶりにわずかに減少した。営業利益は6.8億円(同3.8%減)、経常利益は7.3億円(同3.7%減)

 営業費用は売上高ほど減少しなかった(同0.4%減)ため、営業利益は減少した。経常利益は2年ぶりに減少となった。

 経常利益の減少を業種別にみると、織物・衣服・身の回り品小売業等が減少した。

 一企業当たりの経常利益率は5.0%と前年度差比0.2ポイントの上昇となった。主要産業でみると、製造企業は7.0%(前年度差0.5ポイント上昇)、卸売企業は2.6%(同0.5ポイント上昇)と調査開始(1991年度)以来の最高値を更新した。

 調査は、2017年3月31日現在、経済産業省企業活動基本調査の対象業種に格付けされた企業3万7464社を対象に集計。

おすすめの記事

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了
労働契約法18条1項前段によれば、有期契約労働者は、①同一の使用者との間で2つ以上の有期労働契約を締結し、②その有期労働契約の通算期間が5年を超えることとなった場合、その契約の開始時点で無期転換権を取得します。  無期転換権が行使された場合、使用者はその申込みを承諾したものとみなされ、その行使の時点で無期労働契約が成立します。使用者は、有期契約労働者の申込みを承諾したものと「みなされる」ので、申込みの拒否や有期契約労働者の選別をすることはできません 。  ここでは、解雇や͡雇止め、定年による労働契約の終了について説明します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

ヒューマンホールディングス第2四半期連結決算 売上高は前年同期比5.3%の増収

ヒューマンホールディングス第2四半期連結決算 売上高は前年同期比5.3%の増収

 教育を中心にさまざまな人材サービスを手掛けるヒューマンホールディングス(東京・新宿、佐藤朋也社長)は2018年3月期第2四半期の連結決算を発表した。売上高は386億7300万円、営業利益は9億7800万円となった。
ウィルグループ第2四半期連結決算 営業利益は前年同期と比べ2倍

ウィルグループ第2四半期連結決算 営業利益は前年同期と比べ2倍

 人材サービスを手掛けるウィルグループ(東京・中野、大原茂社長)は2018年3月期第2四半期の連結決算を発表した。売上高は365億4300万円、営業利益は12億9900万円で増収増益となった。
キャリアデザインセンター連結決算 売上高は前期比115%、多項目で費用増加も売上高の増加で補正

キャリアデザインセンター連結決算 売上高は前期比115%、多項目で費用増加も売上高の増加で補正

 人材サービスを手掛けるキャリアデザインセンター(東京・港、多田弘實社長)は2017年9月期の連結決算を発表した。売上高は98億9300万円、営業利益は11億5300万円で、増収増益となった。
エン・ジャパン第2四半期連結決算 前年同期比20%超の増収増益で通期予想を上方修正

エン・ジャパン第2四半期連結決算 前年同期比20%超の増収増益で通期予想を上方修正

人材総合サービスを手掛けるエン・ジャパン(東京・新宿、鈴木孝二社長)は2018年3月期第2四半期の連結決算を発表した。売上高は189億300万円、営業利益は48億1100万円で、前年同期比20%以上の増収増益となった。
メイテック第2四半期決算 稼働人員数の増加と平均単価増加で増収増益

メイテック第2四半期決算 稼働人員数の増加と平均単価増加で増収増益

 研究開発・設計に特化したエンジニアの人材サービスを展開するエメイテック(東京・港、國分秀世社長)は2018年3月期第2四半期の連結決算を発表した。売上高は458億6700万円、営業利益は54億4200万円で、増収増益となった。
MS-Japan第2四半期決算 売上高、純利益共に過去最高を更新

MS-Japan第2四半期決算 売上高、純利益共に過去最高を更新

 管理部門に特化した人材サービスを展開するエムエス ジャパン(東京・千代田、有本隆浩社長)は2018年3月期第2四半期の決算を発表した。売上高は14億8300万円、純利益は4億3000万円で、いずれも第2四半期過去最高を更新した。
エス・エム・エス第2四半期決算 14期連続の増収増益を達成、より踏み込んだ投資で計画を遂行中

エス・エム・エス第2四半期決算 14期連続の増収増益を達成、より踏み込んだ投資で計画を遂行中

 介護・医療・ヘルスケアなどの情報サービスを提供するエス・エム・エス(東京・港区、後藤夏樹社長)は2018年3月期第2四半期累計の連結決算を発表した。売上高は131億6200万円、営業利益は21億4600万円で、創業以来14期連続の増収増益となった。
ヒト・コミュニケーションズ通期決算、売上高20%増、来期は83.2%増を目指す

ヒト・コミュニケーションズ通期決算、売上高20%増、来期は83.2%増を目指す

 人材サービスを手掛けるヒト・コミュニケーションズ(東京・豊島、安井豊明社長)は2017年8月期決算を発表した。売上高は前期比20%増となるも、M&A経費、スタッフ給与等の修正支払、貸倒引当金計上など一過性の販管費計上により営業利益は7.2%の減少となった。
ディップ第2四半期決算、売上高、営業利益ともに17%増と堅調

ディップ第2四半期決算、売上高、営業利益ともに17%増と堅調

 求人サービスを手掛けるディップ(東京・港、冨田英揮社長)が発表した第2四半期決算によると、売上高、営業利益ともに前年同期比17%を超える増加となっていることが明らかとなった。
主要人材会社の決算出そろう 人材サービス市場は拡大傾向

主要人材会社の決算出そろう 人材サービス市場は拡大傾向

 上場人材各社の通期決算が出そろった。有効求人倍率(季節調整値)が1990年以降で最高値を記録し、また完全失業率も2.8%と低水準となったことから、人手不足を背景とした多くの需要が寄せられ、人材サービスに関連する市場は全体として拡大傾向で推移している。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース