2017年7月21日

前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者数の割合は3割弱、前年比0.9ポイント減

 2017年4~6月に転職を決めた人のうち前職と比べて1割以上賃金が増加した人は28.1%だったことが、リクルートキャリア(東京・千代田、小林大三社長)の「転職時の賃金変動状況」の調査で分かった。

 (12867)

 2017年4~6月期、前職と比べ賃金が明確に(1割以上)増加した転職決定者の割合は28.1%。2013年度以降、上昇基調が続いていたが、2017年4~6月期は前年同期比0.9ポイント低下した。

 職種別にみると、「前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者の割合」が高かったのは「接客・販売・店長・コールセンター」で32.2%、次いで「営業職」(29.4%)、「IT系エンジニア」(26.7%)などとなった。

 「接客・販売・店⻑・コールセンター」は2011年度以降上昇基調が続いていたが、2017年4~6月期は前年同期比3.2ポイント低下した。

 「営業職」は2011年度以降、振れを伴いつつも緩やかな上昇が続いていたが、2017年4~6月期は前年同期比3.2ポイント低下した。

 「IT系エンジニア」は2011年以降下降一時下降したが、2013年からは上昇が続いており、2017年4~6月期は前年同期比0.8ポイント増加した。

【職種別 前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者の割合】
IT系エンジニア 26.7%(前年同期比0.8ポイント増)
機械・電気・化学エンジニア 23.4%(同3.2ポイント減)
営業職 29.4%(同3.2ポイント減)
事務系専門職 26.0%(同1.5ポイント増)
接客・販売・店長・コールセンター 32.2%(同3.2ポイント減)

おすすめの記事

人事実務の最新重要判例「歩合給から残業代を控除する賃金規則の有効性」国際自動車事件最高裁判決

人事実務の最新重要判例「歩合給から残業代を控除する賃金規則の有効性」国際自動車事件最高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考となる裁判例として、国際自動車事件の最高裁判決(最高裁判所第三小法廷判決平成29年2月28日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

3月の実質賃金0.8%増、現金給与総額は2.1%増

3月の実質賃金0.8%増、現金給与総額は2.1%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.8%増となったことが、厚生労働省が発表した3月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
2月の実質賃金0.5%減、現金給与総額は0.9%増

2月の実質賃金0.5%減、現金給与総額は0.9%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.5%減となったことが、厚生労働省が発表した2月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
1月の実質賃金0.9%減、現金給与総額は0.7%増

1月の実質賃金0.9%減、現金給与総額は0.7%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.9%減となったことが、厚生労働省が発表した1月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
一般労働者の賃金30万4300円、女性の賃金は過去最高

一般労働者の賃金30万4300円、女性の賃金は過去最高

 一般労働者の賃金は30万4300円(年齢42.5歳、勤続12.1年)となっていることが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。男性は33万5500円(年齢43.3歳、勤続13.5年)、女性は24万6100円(年齢41.1歳、勤続9.4年)だった。
2018年度は過去最高となる5割超の企業で賃金が改善する見込み

2018年度は過去最高となる5割超の企業で賃金が改善する見込み

 帝国データバンクが実施した賃金動向に関する企業の意識調査によると、5割を超える企業で2018年度の正社員の賃全が改善される見込みであることが分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース