2017年4月27日

セントメディア、クリニック(診療所)に特化した人材紹介サービス提供開始

ウィルグループのグループ会社、セントメディア(東京・新宿、大原 茂社長)は、クリニック(診療所)に特化した人材紹介サービス、「クリニックエージェント」の提供を開始した。

 (12038)

 セントメディアはクリニック(診療所)に特化した人材紹介サービス、「クリニックエージェント」の提供を開始し、医療業界・人材業界を熟知したエージェントによる常勤・非常勤医師の採用からコンサルティングまで、クライアントのニーズに合わせた提案や紹介を行う。

 日本には、団塊の世代(1947~49年生まれ)が2025年までに後期高齢者(75歳)に達することで、介護・医療費などの社会保障費の急増が懸念されるという2025年問題がある。

 その中で、本サービスはウィルグループの他事業とのシナジーを活用し、「誰もが最適な医療を受けられる社会を実現するチェンジエージェント」を事業コンセプトとし、迫りくる2025年問題に対して、人材不足である在宅領域の医師・看護師・その他人材への人材紹介やサポートを行う。

セントメディア「企業の事業拡大や繁忙期におけるサービス業(接客・販売職)の採用を一括で請け負います」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

セントメディア「企業の事業拡大や繁忙期におけるサービス業(接客・販売職)の採用を一括で請け負います」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
大原 茂 代表取締役社長

おすすめの記事

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、山梨県民信用組合事件の最高裁判決(最高裁判所第二小法廷平成28年2月19日判決)を紹介します。
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

主要人材会社の決算出そろう 人材サービス市場は拡大傾向

主要人材会社の決算出そろう 人材サービス市場は拡大傾向

 上場人材各社の通期決算が出そろった。有効求人倍率(季節調整値)が1990年以降で最高値を記録し、また完全失業率も2.8%と低水準となったことから、人手不足を背景とした多くの需要が寄せられ、人材サービスに関連する市場は全体として拡大傾向で推移している。
キャリアデザインセンター中間決算、売上高14%増 人材紹介とIT派遣が拡大

キャリアデザインセンター中間決算、売上高14%増 人材紹介とIT派遣が拡大

 人材サービスのキャリアデザインセンター(東京・港、多田弘實社長兼会長)は2017年9月期第2四半期の決算説明会を開催した。人材紹介とIT派遣の売上高が前年同期比20%を超える伸びとなり、女性対象の求人サイトも好調で増収増益となった。
職業紹介事業の手数料収入3535億円、3年連続で過去最高を更新

職業紹介事業の手数料収入3535億円、3年連続で過去最高を更新

 2015年度の職業紹介事業の手数料収入は約3535億円となり、3年連続で過去最高を更新したことが、厚生労働省が発表した「職業紹介事業報告書」集計結果で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース