2016年6月28日

【エンジニアの人材派遣動向】即戦力採用は困難で、未経験者や地方・グローバル人材の活用が目立つ

パソナテック 吉永 隆一  代表取締役社長

 (3967)

 IT業界ではIoTやAI、ビッグデータなど、尽きることのないニーズで盛り上がっています。エンジニアは、「技術スキル」で評価されていた時代から「仕事力」が評価される時代に変化しています。
 ITベンチャーや事業会社の成長、フリーランス契約の普及など多種多様な考え方を持つ企業や働き方が生まれたことによって、評価軸も変化しています。
 ある会社では収益化することができるエンジニア。また別の会社ではオフショアにおけるマネジメント力を必要としているなど、技術スキルだけで共通評価される時代から各社の事業戦略に沿った能力がこれまで以上に求められるようになりました。
 企業は現在、慢性的な人材不足を解消するためにあらゆるエンジニアリソースを戦略的に獲得するため採用やアウトソーシングの多角化を図っています。
 即戦力の採用が困難なため、未経験者の採用や地方にいる人材、グローバル人材の活用が目立ちますが、大切なことは既成概念を崩すことのように感じます。
 例えば、派遣という働き方は「必要な時」に「必要な期間」だけ、「必要なスキル」を持っているというコンセプトがありますが、IT業界では、企業もエンジニアもニーズが多様化しすぎていることでマッチングが難しい状況です。
 技術経験が浅くても覚えが人より速い方や専門スキルを研修した上で派遣し、顧客と一緒にエンジニアを育成しながら戦力化するプログラムを活用する企業が増えています。プロフェッショナル派遣と同様に育成派遣を活用する企業も増えています。
 当社に登録するエンジニアは約13万人ですが、会社に属さずキャリアプランに合った働き方を実践したり、ニーズに合わせ現場を自由に変えられることを望むなど、キャリアを創る手段として登録する方が多数います。登録者が増えたことで、企業で活躍するエンジニアも増えています。
 業界全体の取り組みとしてニーズに応え、エンジニアの裾野を広げ、スキルの底上げを行う必要があると思っています。

パソナテック 「高度化・専門化する領域で、付加価値の高い技術人材の確保・育成に取り組みます」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

パソナテック 「高度化・専門化する領域で、付加価値の高い技術人材の確保・育成に取り組みます」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
吉永 隆一  代表取締役社長
11 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

労働者派遣事業の2015年度売上高は5兆6790億円、2年続けて増加もピークの7割

労働者派遣事業の2015年度売上高は5兆6790億円、2年続けて増加もピークの7割

 労働者派遣事業の2015年度の売上高は5兆6790億円で、2年続けて増加したことが、厚生労働省が労働者派遣事業を行う7万7956事業所が提出した事業報告を集計した結果で分かった。
人材派遣 3年連続で増加、紹介予定派遣は2年連続で減少

人材派遣 3年連続で増加、紹介予定派遣は2年連続で減少

 人材派遣の実稼動者数が3年連続で増加したことが、日本人材派遣協会の労働者派遣事業統計調査で分かった。
【製造/自動車の採用】ITや電機など業界をまたいだエンジニアの求人ニーズが増加

【製造/自動車の採用】ITや電機など業界をまたいだエンジニアの求人ニーズが増加

ビジネスキャリア マネジメント 瀧田 淳雄  シニアコンサルタント
人材派遣の増加が継続、紹介予定派遣は5四半期連続で減少

人材派遣の増加が継続、紹介予定派遣は5四半期連続で減少

 人材派遣が13四半期連続で増加したことが、日本人材派遣協会の労働者派遣事業統計調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース