2017年3月11日

2月の米雇用23.5万人増、失業率4.7%

 米労働省が発表した2月の雇用統計によると、景気との連動性が高い非農業部門の雇用者数(季節調整値)が前月に比べ23万5000人の増加となった。1月に続いて雇用改善の目安とされる20万人を上回った。

 (11724)

 民間部門は22万7000人増で、建設(5万8000人増)、専門・企業向けサービス(3万7000人増)、医療(3万2500人増)、製造(2万8000人増)、レジャー(2万6000人増)など幅広い業種が増加した。

 一方、小売(2万6000人減)は減少した。政府部門は8000人増だった。

 1月の雇用者数が23万8000人増に修正された。

 2月の失業率(軍人除く、季節調整値)は前月から0.1ポイント低下して4.7%。

 週当たりの平均労働時間は前月から変わらず34.4時間、時間当たりの平均賃金は前月から0.06ドル増の26.09ドル。

おすすめの記事

組織の不祥事や社員の不正防止で問われる人事の役割 ISACA東京支部 五島浩徳会長

組織の不祥事や社員の不正防止で問われる人事の役割 ISACA東京支部  五島浩徳会長
ITと事業活動が密接になる中で従来の仕組みや考え方だけでは対応が難しい局面が多くなっている。ITマネジメントの専門家であるISACA東京支部会長の五島浩徳氏に、堅牢で継続可能な組織運営に向けて企業に求められている視点や人事を含む管理層の役割などを聞いた。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

6月の完全失業率2.8%、正規雇用68万人増

6月の完全失業率2.8%、正規雇用68万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、6月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.3ポイント減となる2.8%だった。
5月の完全失業率3.1%に増加、正規雇用50万人増

5月の完全失業率3.1%に増加、正規雇用50万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、5月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.3ポイント増となる3.1%だった。
4月の完全失業率2.8%、正規雇用14万人増

4月の完全失業率2.8%、正規雇用14万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、4月の完全失業率(季節調整値)は前月と同率となる2.8%だった。
3月の完全失業率2.8%、正規雇用26万人増

3月の完全失業率2.8%、正規雇用26万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、3月の完全失業率(季節調整値)は前月と同率となる2.8%だった。男女別にみると、男性の完全失業率は3カ月連続で改善傾向が続いている。
3月の米雇用9.8万人増、失業率4.5%

3月の米雇用9.8万人増、失業率4.5%

 米労働省が発表した3月の雇用統計によると、景気との連動性が高い非農業部門の雇用者数(季節調整値)が前月に比べ9万8000人の増加となった。事前の市場予測(約18万人増)を大幅に下回り、雇用改善の目安とされる20万人を3カ月ぶりに割り込んだ。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース