2018年1月18日

2018年重要テーマ 分野別サービス紹介

2018年に注目される人事担当者にとって特に役立つサービスを提供している企業を厳選し、サービス内容についての取材を行った。

 (14004)

【新卒採用】Legaseed/学生に支持されるインターンで、早期母集団を形成

 就活生のトレンドや情勢は年々変化しており、従来のやり方では採用目標が達成できない企業も多く、採用活動を抜本的にイノベーションする必要がある。

 採用コンサルティングを手掛けるLegaseedは、スタートアップながら、就活生が参加したいインターンランキングで、大企業に並び32位に入り、年間1万2000人以上の学生が応募している人気ぶりだ。学生から支持されるインターンや選考プログラム作りに定評のある同社は、これまでに350社を超える企業の採用の成功を導いてきた。
 採用設計図を作成する支援から、インターン企画、優秀人材と出逢えるイベントへの参画、説明会や選考会の設計、リクルータートレーニング、内定者の即戦力化など一気通貫した人材サービスを提供している。

 同社は、「2020年の新卒採用を見据え、今からインターンを活用した早期母集団形成を成功させる設計図を描くことが大切」と語る。
学生に人気の同社インターン

学生に人気の同社インターン

【中途採用】JOBKUL/手軽な転職相談アプリで、潜在層にアプローチ

 企業の採用難は深刻化しており、転職潜在層に向けても自社をアピールし、候補者を獲得する必要がある。

 smiloopsが提供する転職相談アプリ「JOBKUL」は、求職者がチャット形式で手軽にキャリアアドバイザーに転職相談ができる。それだけでなく、希望条件や経歴からAIが自分に合った求人を提案してくれるなど、アプリを使って隙間時間で転職活動が行える。
 若手を中心として月間6000人の求職者の新規登録があり、アプリの手軽さもあり、転職潜在層が登録しているケースも多く、掲載企業にとってアプローチが難しい層へ働きかけることができるメリットがある。費用は成功報酬で、候補者の年収に関わらず一律70万円と、通常のエージェントを通すよりも比較的安価で導入できる点も魅力だ。

 今後について同社は、「正社員の採用だけでなく、アルバイトや派遣社員向けのサービスとして広げていきたい」としている。
求職者はチャット形式で転職相談を行うことが可能

求職者はチャット形式で転職相談を行うことが可能

【外国人採用】TalentHub/外国籍エンジニアの採用で、人材不足を解消

 国内の労働人口は減少傾向であり、特にエンジニアの人材不足が顕著だ。その中でスタートアップ企業や中小企業を中心に外国籍エンジニアを採用する企業が増えている。

 プレイネクストラボが提供するグローバルエンジニア採用サービス「TalentHub」は、日本で働きたい外国籍エンジニアと、エンジニアを採用したい企業をつなぐサービス。

 求職者は「TalentHub」で日本で働く上で必要な情報を得ることができたり、履歴書の自動作成なども行うことができる。また、エンジニアならではのコーディングスキルを他の候補者と競うことができるため、自身のスキルアップにもつながる。
 企業は「TalentHub」に掲載されている求職者情報を見てダイレクトに連絡を取ることができたり、同社から人材を紹介してもらうことも可能。候補者情報にはコンサルタントからの評価やエンジニアのスキルがわかるコーディングテストのコードなどが記載されており、候補者を選ぶ上での重要な指標となっている。

 同社は、「今後は転職者のインタビューや成功事例など、求職者の役に立つような記事を載せたメディアとしてサービスを成長させていき、さらに多くの優秀なエンジニアを企業に紹介できるようにしていきたい」としている。

【リファラル採用】Refcome/リファラル採用から組織作りまでを一気通貫で支援

 リファラル採用は従業員が友人や知人を会社に推薦する採用手法だが、人事担当者や従業員の負荷が大きいため、企業によっては運用されていないケースが多い。

 リフカムが提供するリファラル採用クラウドサービス「Refcome」はリファラル採用に関する煩雑なやり取りや情報を一元管理することができる。

 人事はシステム上に募集を開示し、その情報を見た従業員が推薦したい人に募集要項をFacebookやLINEを通して共有。情報を見て興味を持った候補者が直接応募できる仕組みになっている。人事担当者、従業員双方の手間を減らすことができ、また採用単価が下がるため効率的な採用が行える。

 同社では従業員の自社満足度とリファラル採用数に相関があることに着目し、社内環境改善サポートにも取り組んでいる。従業員のエンゲージメント診断サービス「Refcome Engage β」で、「採用と組織作りの一気通貫を目指したい」としている。
リファラル採用をエンゲージメント診断につなげる

リファラル採用をエンゲージメント診断につなげる

37 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

テレワーク導入企業は1割超、セキュリティ対策に課題

テレワーク導入企業は1割超、セキュリティ対策に課題

 テレワークを導入している企業は13.9%に上ったことが、総務省の「通信利用動向調査」で明らかとなった。具体的な導入予定があるのは4.3%となっている。
“働き方改革”の取り組みを通じて企業の魅力を高める サトーホールディングス 江上 茂樹 執行役員 最高人財責任者

“働き方改革”の取り組みを通じて企業の魅力を高める サトーホールディングス 江上 茂樹 執行役員 最高人財責任者

ハードウェア製品の開発、製造、販売を行うサトーホールディングスは、“健康経営”や“働き方改革”への取り組みを通じて働きやすい会社づくりだけでなく、生産性向上を目指している。人事部門を統括する江上茂樹氏に、人事施策の取り組み状況などを聞いた。
勤務先にテレワーク制度がある割合は1割程度

勤務先にテレワーク制度がある割合は1割程度

 勤務先にテレワーク制度等があると回答した割合は雇用者全体のうち1割程度で、このうち半数はテレワーク制度を利用しており、そのうち7割がプラス効果を実感しているという実態が、国土交通省の「テレワーク人口実態調査」でわかった。
テレワークは理想的な制度か?在宅勤務のメリットとデメリット

テレワークは理想的な制度か?在宅勤務のメリットとデメリット

近年、在宅勤務などテレワークを導入する企業が増えている。政府の「働き方改革実行計画」でも柔軟な働き方としてテレワークの普及を加速させていくことを掲げている。(文・溝上憲文編集委員)
人材確保の困難さが生産性向上のボトルネック、人材育成・スキルアップ強化へ

人材確保の困難さが生産性向上のボトルネック、人材育成・スキルアップ強化へ

 東京商工会議所(三村明夫会頭)が中小企業を中心とする会員企業を対象に実施した「生産性向上・ICT活用状況に関するアンケート調査」によると、人材確保の困難さが生産性向上のボトルネックとなっている実態が明らかとなった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース