2016年9月5日

実質賃金2.0%増、6カ月連続で増加 7月毎月勤労統計

 物価変動の影響を除いた実質賃金が前年同月比2.0%増となったことが、厚生労働省が発表した7月の毎月勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。

 (9828)

 7月の一人平均現金給与総額は前年同月比1.4%増の37万3808円。

 現金給与総額のうち、きまって支給する給与は0.3%増の26万658円で、所定内給与は0.4%増の24万1518円、所定外給与は1.8%減の1万9140円。特別に支払われた給与は、4.2%増の11万3150円となった。

 現金給与総額の前年同月比を業種別に見ると、不動産・物品賃貸業44万1873円(7.6%増)、学術研究等51万5544円(4.6%増)、卸売業・小売業35万5920円(4.3%増)、情報通信業51万6495円(3.9%増)などが増加した。

 一方、金融業・保険業43万5741円(2.6%減)、飲食サービス業等13万7220円(2.0%減)などが減少した。

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月比2.0%増で、6カ月続けて増加。2カ月続けて2.0%増の高い伸びとなった。

 7月の製造業の残業などの一人当たりの所定外労働時間は前年同月比1.3%減の15.7時間で、8カ月連続の減少。産業全体の所定外労働時間は、前年同月比1.9%減の10.7時間で、18カ月連続の減少。

 製造業以外で所定外労働時間の前年同月比を業種別に見ると、教育・学習支援業8.4時間(12.1%増)などが増加し、鉱業・採石業等12.3時間(12.7%減)、不動産・物品賃貸業11.5時間(8.0%減)、情報通信業16.2時間(6.4%減)、その他のサービス業10.9時間(5.1%減)などが減少した。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

国家公務員の月例給0.15%、ボーナス0.1月の引き上げを勧告

国家公務員の月例給0.15%、ボーナス0.1月の引き上げを勧告

 人事院は、民間の状況を反映して2017年の国家公務員の月例給を0.15%(631円)、特別給(ボーナス)を0.1月分引き上げるよう、国会と内閣に勧告した。月例給、ボーナスとも4年連続の引き上げ勧告となる
春季賃上げの平均妥結額6570円、賃上げ率は4年連続2%台が続く

春季賃上げの平均妥結額6570円、賃上げ率は4年連続2%台が続く

資本金10億円以上で従業員1000人以上の企業312社の春季賃上げの平均妥結額は6570円となったことが、厚生労働省の集計で分かった。
国内銀行の平均年間給与は615万2000円、5年ぶりに前年比減少

国内銀行の平均年間給与は615万2000円、5年ぶりに前年比減少

 東京商工リサーチの「国内銀行92行『平均年間給与』調査(2017年3月期)」によると、国内銀行92行の2017年3月期の平均年間給与は前年比0.8%減となる615万2000円だった。前年を下回ったのは、2012年3月期以来、5年ぶり。
6月の実質賃金0.8%減、現金給与総額は13カ月ぶりに減少

6月の実質賃金0.8%減、現金給与総額は13カ月ぶりに減少

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.8%減となったことが、厚生労働省が発表した17年6月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
上場企業の年間給与は7年連続増加の628万円

上場企業の年間給与は7年連続増加の628万円

 2017年3月期決算の上場企業2172社の平均年間給与は628万1000円となったことが、東京商工リサーチの調査で分かった。前年より4万1000円増(0.6%増)となり、2011年3月期以来、7年連続の増加となっている。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース