2016年4月26日

アデコ 世界中の若年層と家族を支援するプロジェクトの代表者を選出 

 人材派遣や人材紹介サービスのアデコ(東京・港、川崎健一郎社長)はアデコグループが日本を含む世界60か国で実施する若年層支援プロジェクト「Win4Youth」の日本からのアンバサダー3人を選出した。

 (816)

 「Win4Youth」は、世界中の子どもを含む若年層の「生活環境の質の向上」と「教育」の支援を目的にアデコグループ全体で取り組んでいる社会貢献活動。この活動はアデコグループ社員、派遣スタッフ、クライアント企業の従業員による「ランニング・ウォーキング」「サイクリング」「水泳」を通じて、目標総距離の達成に応じた寄付金を様々な国の若年層支援団体に寄付する。

 2010年のプログラム立ち上げ以来、これまでに合計で162万ユーロ以上の寄付を行っている。2016年度は37万4000ユーロを上限に寄付を行う予定だ。

 選出されたアンバサダーはアデコの川崎健一郎社長と宮田紀子氏、グループ会社VSNの八鍬清彦氏の3人。3人は2016年度の「Win4Youth」の日本代表として国内で行われる様々な活動を主導するほか、プログラムの締めくくりとして10月にスペインのランサローテで開催されるトライアスロン大会に参加する。

 アデコの社長でアンバサダーに選出された川崎健一郎氏は「子どもたちや若者が将来への希望を持つことができるよう、今年度も日本におけるアデコグループ全体でこの活動を行っていく」と話している。

アデコ 「職種別組織と360度式のコンサルティングで、専門性を深化させ“ベストマッチ”を実現します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

アデコ 「職種別組織と360度式のコンサルティングで、専門性を深化させ“ベストマッチ”を実現します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
板倉 啓一郎 人財紹介事業本部長
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

約7割の企業で副業禁止の現状、来たるべき副業・複業時代には「コミュニケーション能力」が必要

約7割の企業で副業禁止の現状、来たるべき副業・複業時代には「コミュニケーション能力」が必要

 管理職を対象にした調査によると、約7割の企業で副業・複業が禁止されていることが、人材サービスのアデコ(東京・港、川崎健一郎社長)が実施した「副業・複業に関する調査」で明らかとなった。禁止の理由は、長時間労働に対する懸念と情報漏洩のリスクという声が多くあがった。
世界53カ国670以上の都市の街頭で、若者就業支援のPR活動を実施 アデコ

世界53カ国670以上の都市の街頭で、若者就業支援のPR活動を実施 アデコ

 総合人材サービス企業のアデコ(東京・港区、川崎健一郎社長)は3月17日、若年層就労支援の重要性を街頭に立ってPRする取り組み「Street Day」を世界60カ国で一斉に開催した。
リクルートがオランダの人材派遣会社を買収

リクルートがオランダの人材派遣会社を買収

 リクルートホールディングス(東京・千代田、峰岸真澄社長)は12月22日、オランダの人材派遣会社USGピープルを買収すると発表した。買収額は1897億円。
【流通・販売分野の中途採用】物価上昇に見合う付加価値を持たせた営業ができる人財に高い需要

【流通・販売分野の中途採用】物価上昇に見合う付加価値を持たせた営業ができる人財に高い需要

アデコ 浅野 雅史 人財紹介事業本部 セールス&マーケティング紹介部長
アデコ マーク・デュレイ会長 多様化する人材ニーズに最適なソリューションを提供

アデコ マーク・デュレイ会長 多様化する人材ニーズに最適なソリューションを提供

60を超える国と地域で5500以上の拠点を展開するアデコは、日本でも全国190拠点にネットワークを持つ世界最大の人材サービス会社だ。震災の影響による企業の採用活動の変化や労働者派遣法改正の動きなどにより、同社を取り巻く経営環境は大きく変わりつつあるが、多様化する顧客の人材ニーズに、どのような戦略で応えようとしているのだろうか。会長兼社長兼アジア地域最高経営責任者のマーク・デュレイ氏に、人材ニーズの動向や多様化する人材サービスについて聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース