2019年5月17日

働きたい企業1位にサントリー、2位味の素、3位トヨタ、海外企業部門1位はApple Japan ランスタッド調査

 総合人材サービスのランスタッド(東京・千代田、猿谷哲社長)は、勤務先として魅力ある企業を世界共通基準で測る「エンプロイヤーブランド・リサーチ~いま最も働きたい企業2019~」の調査結果と受賞企業を発表した。ランキング1位はサントリーホールディングス、2位は味の素、3位はトヨタ自動車で、海外企業部門の1位はApple Japanとなった。

表彰式の様子

表彰式の様子

調査は、全国の18~65歳の男女約7000人に対して、調査対象の225社について「社名を知っているか」と「その企業で働きたいか」を聞き、評価の高い企業を明らかにした。

 サントリーHDが1位に選ばれたのは2016年以来3回目。2位には味の素、3位にはトヨタ自動車となった。

 2012年に開始した同調査は、消費者向けサービスで知名度の高い企業が上位に入る傾向が強く、特に食品・飲料メーカーが1位に選ばれることが多い。食品・飲料メーカー以外の業種が1位となったのは2012年のソニー、昨年のパナソニックのみ。

総合上位20社は次の通り。

1位 サントリーホールディングス
2位 味の素
3位 トヨタ自動車 
4位 ソニー
5位 パナソニック
6位 楽天
7位 キリンホールディングス 
8位 日清食品ホールディングス 
9位 花王
10位 アサヒグループホールディングス
11位 明治ホールディングス
12位 全日本空輸
13位 キヤノン
14位 資生堂
15位 大塚ホールディングス
16位 富士フイルムホールディングス 
17位 日立製作所
18位 本田技研工業
19位 日本航空
20位 TOTO

海外企業部門はApple Japanが2年連続の1位となった。上位5社は次の通り。

1位 Apple Japan
2位 アマゾンジャパン 
3位 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン
4位 中外製薬
5位 ジョンソン・エンド・ジョンソン

業界別のランキング1位は次の通り。

建設/不動産/住関連:TOTO
食品/飲料:日清食品ホールディングス
ヘルスケア/ホームケア/化学:花王
資源/素材:ブリヂストン
機械/輸送用機械:トヨタ自動車
電気機器/精密機器/そのほか製造:ソニー
商社/卸/小売業:セブン&アイ・ホールディングス
金融/保険:日本郵政
運輸:全日本空輸
情報通信/サービス業:楽天

 革新的な技術やサービスで社会に新たな価値を提供する企業としてランスタッドが選出した「注目企業部門」では、Google Japanが2年連続で1位に選ばれた。注目企業上位5社は次の通り。
 
1位 Google Japan
2位 カルビー
3位 ヤフー
4位 クックパッド
5位 キーエンス

 同様の調査は世界32の国と地域で行われ、各国で順次結果発表・表彰が行われる。
2 件

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中