2015年10月23日

【コンサルティング分野の中途採用】サイバーセキュリティの脅威深刻化でセキュリティ領域のニーズ高まる

アクシスコンサルティング 伊藤 文隆 エグゼクティブコンサルタント/執行役員

 (3487)

 経営の意思決定・変革スピードが早くなり業界全般でプロジェクト受注が好調な状況で、コンサルタントの採用ニーズも高まっています。
 特にニーズが高いのがセキュリティ領域です。サイバーセキュリティの脅威が深刻化し、国が主導し対策に取り組んでいるほどですから、企業においてもセキュリティの対策は重要な課題になっています。コンサルティング会社はセキュリティ領域のサービスを拡充し人員増を計画していますが、経験者が市場に少なく人員確保に苦慮しています。
 採用の対象としては同業他社の他、セキュリティベンダー等でセキュリティ製品の導入やプリセールスの経験者です。ポテンシャルクラスでは、ネットワークエンジニアも一定のセキュリティの知識があるため対象になるケースがあります。
 その他のトレンドには、デジタルマーケティング、ビックデータ、クラウド等があります。また共通のスキルには、グローバルプロジェクトが増えているため、語学力(特に英語)がより重要視されるようになっています。
 候補者の立場では現在の転職市場を「売り手市場」と考える方が増えており、待遇面の向上だけでなく業務内容(より上流の経験が積める等)にこだわりを持った候補者が増えています。また人員不足により現職の引き留めが強化され、内定を獲得しても現職へ残留するケースも増えています。
 前述の理由もあり、同業他社からの採用はカジュアルな形式での面談が有効です。またポテンシャル採用を強化している企業が増えていますが、ポテンシャルの定義を少しずらすと採用が上手くいくと思います。
 例えば人事コンサルタントの場合、企業内人事経験者が一般的にポテンシャル採用に該当します。逆にITなど別領域のコンサルタントをポテンシャル採用し、人事知識を身に付けてもらっても良いと思います。
 ITからビジネス領域にいきたいコンサルタントは多く、ベーススキルは持っているためキャッチアップが早いはずです。実際こうした取り組みを行う会社の採用は成果が出ています。

アクシスコンサルティングの関連記事

アクシスコンサルティング「コンサルタント人材、フリーランス、グローバル人材によるハイブリッドソリューションを強化しています」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

アクシスコンサルティング「コンサルタント人材、フリーランス、グローバル人材によるハイブリッドソリューションを強化しています」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
アクシスコンサルティングは、コンサルタントとグローバル人材の紹介で強みを発揮し、キャリアアドバイザーとして中長期にわたってキャリア支援に取り組む姿勢が評価されている。市場ニーズの高い事業会社のコンサルタント採用では、グループ会社のケンブリッジ・リサーチ研究所と連携し、ポストコンサルタントのサービスを強化している。また、優秀なフリーランスのコンサルタントの活用、海外向けサービスの拡充など、成長企業をさらに支援できる仕組みづくりを進めている。(日本人材ニュース編集部の評価)
11 件

関連する記事

コンサルティング特化の人材紹介アクシスコンサルティングが、老舗人材紹介ケンブリッジ・リサーチ研究所の全株式を取得

コンサルティング特化の人材紹介アクシスコンサルティングが、老舗人材紹介ケンブリッジ・リサーチ研究所の全株式を取得

人材コンサルティング会社のアクシスコンサルティング(東京・千代田、山尾幸弘社長)は、民営人材紹介事業で労働大臣許可首都圏第1号の老舗として54年の歴史があるケンブリッジ・リサーチ研究所(東京・港、橋本寿幸社長)の全株式を取得した。これにより両社は事業協力関係を強化し、コンサルティングファーム出身者の事業会社への人材紹介及び製造業に対するものづくりコンサルティングを強化する。
アクシスコンサルティング 山尾幸弘社長 顧客の成長戦略と向き合い新たな雇用を創出していく

アクシスコンサルティング 山尾幸弘社長 顧客の成長戦略と向き合い新たな雇用を創出していく

少子高齢化、グローバル化が進む中で、優秀な人材が活躍できる場を創出することで日本経済の発展に寄与したいというアクシスコンサルティング。代表取締役社長の山尾幸弘氏に、そのための取り組みや今後の人材紹介業の展望について話を聞いた。

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中