2019年2月12日

2018年12月の実質賃金1.4%増、現金給与総額は1.8%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ1.4%増となったことが、厚生労働省が発表した2018年12月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。

 (23566)

 2018年12月の一人当たりの平均現金給与総額は56万7151円で、前年同月比が1.8%増となった。

 現金給与総額のうち、きまって支給する給与は0.8%増の26万5771円で、所定内給与は0.9%増の24万5443円、所定外給与は1.0%減の2万328円。特別に支払われた給与は、2.7%増の30万1380円。

 現金給与総額の前年同月比を業種別に見ると、鉱業・採石業等67万8959円(21.7%増)、建設業69万380円(8.5%増)、卸売業・小売業48万9044円(5.2%増)などが増加した。

 減少したのは、不動産・物品賃貸業57万7618円(9.8%減)、複合サービス事業73万5464円(5.4%減)、金融業・保険業87万6573円(3.6%減)などだった。

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ1.4%増となり、2カ月連続で増加した。

 2018年12月の一人当たりの所定外労働時間は前年同月比4.3%減の10.9時間となった。

 所定外労働時間の前年同月比を業種別に見ると、複合サービス事業13.4時間(65.5%増)、鉱業・採石業等14.6時間(25.9%増)、電気・ガス業13.1時間(4.8%増)などが増加し、情報通信業13.3時間(13.1%減)、不動産・物品賃貸業10.9時間(11.4%減)、運輸業・郵便業24.8時間(8.5%減)などが減少した。

※掲載する数値は、従来公表してきた値から、2012年以降において東京都の「500人以上規模の事業所」について復元して再集計した値(再集計値)に変更している。

おすすめの記事

人事実務の最新重要判例 定年再雇用時における労働条件の留意事項

人事実務の最新重要判例 定年再雇用時における労働条件の留意事項
高年齢者雇用安定法において、65歳までの雇用確保措置としてもっとも多く導入されているのは、継続雇用制度です。今回は、定年再雇用後の継続雇用の際に、いかなる労働条件の提示が高年齢者雇用安定法違反となるかについて、裁判例を踏まえ解説します。
5 件

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中