2016年7月27日

個人の能力を磨き、組織のパフォーマンスを高めるプログラム エム・アイ・アソシエイツ

 人材開発サービスのエム・アイ・アソシエイツ(東京・港、松丘啓司社長)は、人材開発に力を入れ個人の能力を高めることで企業のパフォーマンスを上げるプログラム“パフォーマンスマネジメント革新サービス”の提供を開始した。

 (8774)

 パフォーマンスマネジメント革新サービスは、制度を構築するだけではなく、個人の強みを伸ばす効果的な対話を現場に定着させることで、多様な人材を生かしコラボレーションを促進することをゴールとしている。

 企業ごとに制度変更のコンサルティングから、導入・定着化のための研修まで一貫して支援する。

 エム・アイ・アソシエイツによれば、米国では“成果主義”や“年次評価”が見直されつつあり、代わりに年次という時間軸を取り払い、臨機応変な目標設定とフィードバックを繰り返して機敏な組織運営を実現しようという動きが始まっているという。

 多様な人材を生かす人材開発に主眼を置き、個々人を協働させることで組織のパフォーマンスを高める。“パフォーマンスマネジメント革新サービス”は、こうした背景から開発された。

 プログラムでは、個人とチームのパフォーマンス向上への貢献度が低い目標管理・評価制度を見直し、これからのビジネスニーズに則した新たなパフォーマンスマネジメントの構築を目指している。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース