2016年7月27日

エム・アイ・アソシエイツ/個人の能力を磨き、組織のパフォーマンスを高めるプログラム

人材開発サービスのエム・アイ・アソシエイツ(東京・港、松丘啓司社長)は、人材開発に力を入れ個人の能力を高めることで企業のパフォーマンスを上げるプログラム“パフォーマンスマネジメント革新サービス”の提供を開始した。

 (8774)

 パフォーマンスマネジメント革新サービスは、制度を構築するだけではなく、個人の強みを伸ばす効果的な対話を現場に定着させることで、多様な人材を生かしコラボレーションを促進することをゴールとしている。

 企業ごとに制度変更のコンサルティングから、導入・定着化のための研修まで一貫して支援する。

 エム・アイ・アソシエイツによれば、米国では“成果主義”や“年次評価”が見直されつつあり、代わりに年次という時間軸を取り払い、臨機応変な目標設定とフィードバックを繰り返して機敏な組織運営を実現しようという動きが始まっているという。

 多様な人材を生かす人材開発に主眼を置き、個々人を協働させることで組織のパフォーマンスを高める。“パフォーマンスマネジメント革新サービス”は、こうした背景から開発された。

 プログラムでは、個人とチームのパフォーマンス向上への貢献度が低い目標管理・評価制度を見直し、これからのビジネスニーズに則した新たなパフォーマンスマネジメントの構築を目指している。

エム・アイ・アソシエイツの関連記事

1on1navi(ワンオンワンナビ)「上司と部下の頻繁な対話の場“1on1”を支援し、個人と組織のパフォーマンス向上を実現します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

1on1navi(ワンオンワンナビ)「上司と部下の頻繁な対話の場“1on1”を支援し、個人と組織のパフォーマンス向上を実現します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
人と組織の内発的変革を支援しているアジャイルHRは、個人のパフォーマンス向上を通じて、組織全体のパフォーマンスを高める「パフォーマンスマネジメント」にいち早く着目し、臨機応変な目標設定とフィードバックを支援するスマートフォンアプリ「1on1navi(ワンオンワンナビ)」を開発した。これまでの目標管理に問題を感じながらも変革に取り組めていなかった企業にとっては、リアルタイムでのフィードバックや個人の特性に応じたマネジメントを実現していくための強力な武器になりそうだ。(日本人材ニュース編集部の評価)
4 件

関連する記事

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
2016年度 中途採用を成功に導く6つのポイント

2016年度 中途採用を成功に導く6つのポイント

2016年度の中途採用がスタートした。中途採用に最も影響を与えそうなのが一層の景気拡大による人材需要の増加だ。中国経済の減速による不安定化を指摘する声もあるが、産業全体が好調なことに加え、東京オリンピック開催までのインバウンド需要などで国内外の人材需要はさらにひっ迫しそうだ。

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中