2015年6月30日

【経営幹部の中途採用】「グローバル」と「ダイバーシティ」が推進できる経営幹部を求める

AIMSインターナショナルジャパン 藤枝 美佳 コンサルタント

 (3432)

 各社人事担当役員の方とお会いすると、必ず口にされるのは「グローバル」と「ダイバーシティ」という言葉です。それは、中小企業だけではなく、大企業でも同じです。
 国内市場の縮小に伴い、海外市場への拡大が必須となっている日本企業にとって、ビジネスのグローバル化や海外の会社を買収するM&Aの活発化が不可欠となっており、海外事業を推進させる経営幹部を求める企業が増えていることは事実です。
 しかし、既に先行している、例えば、武田薬品工業、サントリー、LIXILなどの第一陣の様子を、これまで慎重に見て来た企業が、今後、必要に迫られる中、海外事業展開の経営幹部や、海外で買収した先のマネジメントを積極的に採用していく流れになっていくと予想します。
 日本人は、言葉の問題もあってか、海外事業を推進してきた経験者やグローバルな立ち位置でマネジメントを経験して来た方がそう多くありません。同じ業界での経験者となると、より難しくなります。
 事業のグローバル化によって、さまざまな面で多様化が進むことは必然であり、それは人材も同じです。採用責任者は、業界に拘らず、経営幹部など必要な人材に求める要件を見極めつつも、これまでとは違う経験の方にも目を向けることが必要かもしれません。
 そして、日本企業において経験者が少ない、外国人、女性という視点からの「ダイバーシティ」も同じことが言えます。
 収益を考えての「グローバル」、そして、働き手不足からの「ダイバーシティ」という点からの採用がますます増えていくと思われます。そうでなければいけないとも。チャレンジ精神のある人材を見極めて採用して欲しいと考えます。
 そして、何かを変える時は、必ずリスクを伴うものです。その人材を必要と判断したなら、これまでの報酬体系や人事体系を変えてでも、採用するという決断をすることも重要です。

AIMSインターナショナルジャパン 「グローバルサーチとヒューマン・アソシエイツグループの連携で経営人材をサーチします」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

AIMSインターナショナルジャパン 「グローバルサーチとヒューマン・アソシエイツグループの連携で経営人材をサーチします」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
渡部 昭彦 代表取締役CEO
10 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

約4割の人がダイバーシティ推進を“大切”と認識、20代女性は5割超 ランスタッド

約4割の人がダイバーシティ推進を“大切”と認識、20代女性は5割超 ランスタッド

 ダイバーシティの推進を大切と捉える人は約4割にのぼっており、特に20代女性にとっては企業を選ぶ際の基準にもなっているということが、総合人材サービスのランスタッド(東京・千代田、猿谷哲社長)が実施した「企業のダイバーシティ(人材の多様性)の推進に関する調査」 で分かった。
自分が管理する組織の「働き方」に危機感を持っている管理職が44.7% P&G調べ

自分が管理する組織の「働き方」に危機感を持っている管理職が44.7% P&G調べ

 外資系消費財メーカーのP&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン、兵庫・神戸、スタニスラブ・ベセラ社長 )が従業員100人以上の企業で働く管理職1000人を対象に実施した調査によると、自分が管理するチーム・組織の現在の「働き方」に課題や危機感を持っている管理職の割合が44.7%だったことが分かった。部・課長よりも本部長で危機感を持っている人の割合が高い。
テルモ 「がん就労支援ルール」で、がん治療と仕事の両立を支援

テルモ 「がん就労支援ルール」で、がん治療と仕事の両立を支援

 医療機器や医薬品を手掛けるテルモ(東京・渋谷、新宅祐太郎社長)は、がん闘病中の社員の多様な働き方を支援する「がん就労支援ルール」を新設した。
人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
ダイバーシティ最前線 動き始めたLGBTへの取り組み

ダイバーシティ最前線 動き始めたLGBTへの取り組み

LGBTと呼ばれる性的少数者に対するダイバーシティの推進が官民で始まっている。大手企業を中心に社内規定を見直す動きも相次いでいるが、性的少数者が働きやすい環境を整備するために重要なのが、LGBTに対する偏見をなくし、職場の理解と啓発を促す活動だ。企業の取り組みを取材した。(文・溝上憲文編集委員)
【金融分野の中途採用】外資系・日系ともに、「本当に必要な人材」だけの限られた採用に

【金融分野の中途採用】外資系・日系ともに、「本当に必要な人材」だけの限られた採用に

AIMSインターナショナルジャパン 藤枝美佳 シニアコンサルタント
社内外の人材を活用できるオープンな人事システムが必要 ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス 渡部昭彦社長

社内外の人材を活用できるオープンな人事システムが必要 ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス 渡部昭彦社長

 労働力人口の減少やグローバル化の進展などに企業人事はどう対応していく必要があるのだろうか。大手銀行、セブン-イレブン、楽天で人事部長などを歴任し、企業人事の実態にも詳しいヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス社長の渡部昭彦氏に、企業人事の課題や人材市場の動向などについて聞いた。
西友 内山明香 採用グループマネジャー パート社員の正社員登用に注力、新卒は3分の1が海外経験者

西友 内山明香 採用グループマネジャー パート社員の正社員登用に注力、新卒は3分の1が海外経験者

世界第2位の小売チェーン・ウォルマートグループの一員である西友。パート社員から正社員への登用をはじめ、女性の活躍を促す施策に積極的に取り組み、採用にも好影響を及ぼしている。同社採用責任者の内山明香氏に、採用の状況やダイバーシティ推進の取り組みなどを聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース