2019年11月14日

【消費財分野の中途採用】デジタルに強いPR・広報職、売上を伸ばせる販売マネジャーは奪い合い

Connect 齊藤 康生 代表取締役

 (25498)

 当社が人材紹介を行っている高級消費財・ファッション分野の企業は常に人材を探している状況ですが、採用条件はハイレベルです。

 最近は求人サイトや人材データベースに登録している求職者に対して、人材紹介コンサルタントや企業の採用担当者が手軽にスカウトメールを送信できる手法が利用されていますが、ハイレベルな人材はそうしたデータベースにほとんど登録していません。

 そのため、有力な候補者へ何とかアプローチしたいと考えている採用担当者は、独自ネットワークを持つ人材紹介コンサルタントとのパートナーシップを強化しています。

 職種としては、PR・広報の専門職、特にデジタルスキルの強みを持つ人材を必要とする企業は年々増えています。5年ほど前から求人が顕在化してきたのですが、当時に比べると各社でそうした仕事に携わる人が増えてきたことによって、候補者も増えています。

 ただ、高いスキルを持つ人ほど新しいチャレンジができることを希望して転職を考えるため、魅力的な仕事内容を示すことができないと振り向いてもらえないという状況です。

 販売現場で売り上げを伸ばせるマネジャーも高いニーズがあります。働き方改革などの変化が販売現場にも影響を与えている中で、ピープルマネジメントに長け、スタッフを率いることができるリーダーシップを備えた人材は奪い合いとなっています。

 候補者を探し出して企業との面談にこぎつけたにも関わらず候補者から断られる企業には共通の特徴があります。それは面談の重要性が経営、現場、人事の間で共有されていないために候補者に採用の熱意が全く伝わらず、意欲を持って面談に足を運んだ候補者と温度差が出てしまう点です。

 面談(Face to Face)の機会を大切にしない企業は採用が上手くいきません。例えば、人材紹介コンサルタントを一斉に集めて求人説明会を開く企業がありますが、それだけでは「採用を助けてほしい」という気持ちは感じにくく、本気になって候補者を探すコンサルタントは少ないと思います。
2 件

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中