2019年4月17日

2019年の業績見通しは「増収増益」が4.5ポイント減、「減収減益」が5.1ポイント増

 帝国データバンクの「2019年度の業績見通しに関する企業の意識調査」によると、2019年度の業績見通しは、「増収増益」と回答した企業が24.8%となり、前回調査の2018年度見通しから4.5ポイント減少したことが明らかとなった。「減収減益」は5.1ポイント増加した。

 (23770)

 2019年度(2019年4月決算~2020年3月決算)の業績見通し(売上高および経常利益)は、「増収増益」と回答した企業が24.8%、「前年度並み」が22.5%、「減収減益」が21.8%、「増収減益」が6.6%、「減収増益」が5.3%となった。

 前回調査(2018年3月)と比べると、「増収増益」の減少幅より「減収減益」の増加幅の方が大きくなっているほか、前回調査より「増収」(前年比5.5ポイント減)(「増収」は、「増収増益」「増収減益」「増収だが利益は前年度並み」の合計)と「増益」(同4.2ポイント減)(「増益」は、「増収増益」「減収増益」「増益だが売り上げは前年度並み」の合計)を見込む企業が減少している。

 2018年度実績見込みも「増収増益」が29.9%、「減収減益」が22.5%となり、前回調査の2017年度実績見込みより悪化した。

 2019年度の業績見通しを従業員数別にみると、1000人超の企業では39.2%(前年46.6%) が「増収増益」を見込んでいる一方、5人以下の企業では22.7%(同24.8%)となった。

 2019年度の業績見通しを上振れさせる材料を聞くと、「個人消費の回復」が27.0%で最高となった。8年連続で上振れ材料のトップとなったものの、前回調査より6.0ポイント減少した。

 次いで、「消費税率10%への引き上げを控えた駆け込み需要」(20.5%)、「公共事業の増加」(20.4%)などが続いている。

【2019年業績見通しの上振れ材料 トップ5】
1位 個人消費の回復 27.0%
2位 消費税率10%への引き上げを控えた駆け込み需要 20.5%
3位 公共事業の増加 20.4%
4位 東京五輪需要の拡大 17.9%
5位 人手不足の緩和 16.4%

 一方、2019年度の業績見通しを下振れさせる材料は、「人手不足の深刻化」が39.0%で最高となった。前回調査とほぼ同水準の結果となり、引き続き労働力の確保・維持に強い危機感を持っている様子がうかがえる。

 次いで、「中国経済の悪化」(32.2%)、「個人消費の一段の低迷」(31.5%)などが続いた。

 また、「中国経済の悪化」(14.9ポイント増)、「欧州経済の悪化」(5.3ポイント増)、「米国経済の悪化」(5.0ポイント増)となるなど、前回調査より5ポイント以上増加した下振れ材料はすべて海外経済に関連していた。

【2019年業績見通しの下振れ材料 トップ5】
1位 人手不足の深刻化 39.0%
2位 中国経済の悪化 32.2%
3位 個人消費の一段の低迷 31.5%
4位 消費税率引き上げによる消費低迷 30.3%
5位 米国経済の悪化 21.2%

 調査は、2019年3月15日~31日、全国の2万3181社を対象に実施し、9712社の有効回答を得た。

おすすめの記事

人事実務の最新重要判例 定年再雇用時における労働条件の留意事項

人事実務の最新重要判例 定年再雇用時における労働条件の留意事項
高年齢者雇用安定法において、65歳までの雇用確保措置としてもっとも多く導入されているのは、継続雇用制度です。今回は、定年再雇用後の継続雇用の際に、いかなる労働条件の提示が高年齢者雇用安定法違反とな
4 件

関連する記事

2018年度の人手不足関連倒産は過去最多の400件、後継者難が6割超

2018年度の人手不足関連倒産は過去最多の400件、後継者難が6割超

 2018年度の「人手不足」関連倒産は前年度比28.6%増となる400件となったことが東京商工リサーチの調査で分かった。年度ベースでは、2013年度に調査を開始以来の最多件数となっている。
2018年は「踊り場」局面だったとする企業が2年ぶりに半数超、「悪化」判断も増加

2018年は「踊り場」局面だったとする企業が2年ぶりに半数超、「悪化」判断も増加

 2018年の景気動向について、「踊り場」局面とした企業は54.7%と2年ぶりに半数を超え、「悪化」局面は17.2%と2年ぶりに2ケタ台へと増加したことが、帝国データバンクの「2019年の景気見通しに対する企業の意識調査」で明らかとなった。
正社員が不足している企業が5割超、非正社員は3割超で不足

正社員が不足している企業が5割超、非正社員は3割超で不足

 2018年7月現在、正社員が不足している企業は50.9%に上っていることが、帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査」で明らかとなった。前年同月比5.5ポイント増となっており、7月としては初めて半数を超えて、過去最高を更新した。
2017年は「回復」局面だった企業が4年ぶりに2割超、2018年の景気の懸念材料は「人手不足」

2017年は「回復」局面だった企業が4年ぶりに2割超、2018年の景気の懸念材料は「人手不足」

 2017年の景気動向について、「回復」局面だったと判断する企業は21.2%となったことが、帝国データバンクの「2018年の景気見通しに対する企業の意識調査」で明らかとなった。前回調査(2016年11月)から15.5ポイント増加し、4年ぶりに2割台へ回復した。
医師・看護師の採用を成功させる3つのポイント

医師・看護師の採用を成功させる3つのポイント

 高齢化の進展により高まり続ける医療ニーズ、訪問介護などの在宅医療の需要も増加している。こうした中、医師や看護師を中心とした医療スタッフの人手不足は深刻になっている。医療機関の人材採用や経営・人事を支援する専門会社に、最近の採用事情や医療機関の取り組みなどを聞いた。
7割の事業所で中途採用を実施、「医療、福祉」では9割と人手不足続く

7割の事業所で中途採用を実施、「医療、福祉」では9割と人手不足続く

 2017年4~6月に中途採用を実施した事業所は全体の70%で、前年同期を5ポイント上回ったことが、厚生労働省の8月の労働経済動向調査で分かった。
6割超の企業で人手不足、3年連続で不足感強まる

6割超の企業で人手不足、3年連続で不足感強まる

人手不足と感じている企業が6割を超えたことが日本商工会議所の調査で分かった。「宿泊・飲食業」、「運輸業」、「介護・看護」では7割を超えており、人手不足が深刻化している。
約8割の経営者が景気拡大を予測、現時点で人手不足の企業は過半数

約8割の経営者が景気拡大を予測、現時点で人手不足の企業は過半数

 約8割の経営者が2017年後半(7~12月)の景気は緩やかに拡大していくと予測していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
大企業の7割、中小企業の5割で恒常的な残業 残業時間の上限設定で仕事の積み残し

大企業の7割、中小企業の5割で恒常的な残業 残業時間の上限設定で仕事の積み残し

 東京商工リサーチの「長時間労働」に関する企業調査によると、大企業の約7割、中小企業の約5割で恒常的な残業が発生している実態が明らかになった。
景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

 2017年の景気の懸念材料として、約4割の企業が「米国経済」を挙げていることが、帝国データバンクの「2017年の景気見通しに対する企業の意識調査」で明らかとなった。

この記事のキーワード

セミナー・イベント一覧

◆次世代事業経営ゼミナール(第5期)~ものづくり企業の国内外事業運営の基幹要員の育成【8月開講】

セミナー・イベント一覧