2016年11月23日

ストレス・チェックの義務化や育児支援の強化で法定外福利費が増加

 大手企業の法定外福利費が増加に転じたことが経団連のまとめで分かった。ストレス・チェックの義務化や育児支援の強化が背景となっているもようだ。

 (10855)

 経団連が会員企業を対象にした調査によると、2015年度に企業が負担した福利厚生費は、従業員1人1カ月平均で11万627円(前年度比2.1%増)となり、初めて11万円を超えた。

 このうち、法定福利費が8万5165円(同2.0%増)、法定外福利費が2万5462円(同2.3%増)だった。

 法定福利費は6年連続の増加。現金給与総額の伸び(同1.2%増)を上回って増加する傾向は80年度以降変わらないが、加えて社会保険料の増加などの影響があったと考えられる。

 法定外福利費は抑制傾向が続いているものの、9年ぶりに増加に転じた。法定外福利費の伸びが現金給与総額、法定福利費の伸びを上回るのは02年度以来となる。

 ただし、02年度は調査方法を大幅に変更し数値の変動幅が大きいため、それ以前では93年度まで遡る。

 内訳をみると、医療・健康費用の「ヘルスケアサポート」が1036円と大幅に増加し(同10.6%増)、初めて1000円を超えた。

 これは、昨年12月から義務化されたストレスチェックへの対応や健康経営の高まりが原因と考えられる。

 また、「育児関連」も387円(同11.2%増)となり、引き続き企業が子育て支援策を充実させていることがうかがえる。

 調査は、経団連会員企業など667社(1社当たりの平均従業員数4583人)から回答を得た。

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職
「勤怠が乱れている」「勤務態度が不良の社員がいる」「勤務成績が著しく悪い社員がいる」などの悩みは、多かれ少なかれ、どの企業においても抱えていると思います。近年、企業からの相談で増えているのは、このような問題社員に精神的な不調が疑われるというケースです。
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

 ビジネスパーソンの職場の悩みはもっぱら人間関係であることが「働く人の電話相談室」を開設した日本産業カウンセラー協会の集計で分かった。人間関係に悩んでいる人は約4割にも上った。
企業のストレスチェック義務化対応進まず 保健同人社、ヒューマネージ共同調査

企業のストレスチェック義務化対応進まず 保健同人社、ヒューマネージ共同調査

 企業のストレスチェックの対応がほとんど進んでいないことが、企業向けEAP(従業員支援プログラム)サービスを共同で提供する保健同人社(東京・千代田、古川弘和社長)とヒューマネージ(東京・千代田、齋藤 亮三社長)がメンタルヘルス担当者を対象に実施したアンケート調査で分かった。
従業員がチャットで健康相談 ストレスチェック後の保健指導にも活用 iCARE

従業員がチャットで健康相談 ストレスチェック後の保健指導にも活用 iCARE

 EAPなど健康支援サービスのiCARE(アイケア、東京・渋谷、山田洋太CEO)は、従業員がチャット機能で健康相談ができる法人向けサービス「carely(ケアリー)」の提供を開始した。
「うつ」寛解率80%以上の実績 YSメソッドによるメンタルヘルス対応策

「うつ」寛解率80%以上の実績 YSメソッドによるメンタルヘルス対応策

2015年12月から改正労働安全衛生法により、従業員50人以上の企業に「ストレスチェック」が義務付けられる。しかし、企業業績向上のためには「ストレスチェックだけの“消極的メンタルヘルス”では不十分。“積極的メンタルヘルス”が求められる」とYSメンタルヘルスの岡田基良社長は指摘する。従業員の「心の健康」を守るための対応策について聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース