2020年6月11日

外資系企業の中途採用比率は9割以上、中途採用比率の公表義務化の認知度は2割弱

 企業の中途採用比率は、外資系企業で「9割以上」、日系企業では「5割程度」と回答するが最も多いことが、エンワールド・ジャパン(東京・中央、ヴィジェイ・ディオール社長)の調査で明らかとなった。

 (27230)

 現在の中途採用比率を聞くと、外資系企業は「90%以上」が最多で52%、日系企業は「50~69%」が最多で30%となった。中途採用比率が50%を超えている企業は、外資系企業で79%、日系企業で62%だった。

 厚生労働省が発表した「中途採用比率の公表義務化」(2021年4月施行開始予定、従業員301人以上の企業対象)について知っているか聞くと、「知っている」と回答した企業は外資系企業で20%、日系企業で14%と2割弱にとどまった。

 「中途採用比率の公表義務化」は、企業にメリットがあると思うか聞くと「ある」と回答した企業は外資系企業で14%、日系企業で16%となり15%程度に留まった。「分からない」と回答した企業が最も多く、外資系企業で58%、日系企業で59%と約6割となった。

 企業にメリットが「ある」と回答した企業にどの様なメリットがあると思うか聞くと、最も多かった回答は、外資系企業では「求職者が転職先を探す際の、公平な情報提供の機会となる」(80%)、日系企業では「求職者の応募を集めやすくなる」(67%)だった。

 「中途採用比率の公表義務化」は、求職者にメリットがあると思うか聞くと、「ある」と回答した企業は外資系企業で42%、日系企業で46%と4割強だった。

 求職者にメリットが「ある」と回答した企業にどの様なメリットがあると思うか聞くと、最も多かった回答は、外資系企業、日系企業ともに「転職の際に企業の体質を比較しやすくなる」となり、外資系企業で79%、日系企業で71%が回答した。

 一方、転職サービス登録者を対象に「中途採用比率の公表義務化」について知っているか聞くと、「知っている」と回答した人は外資系企業社員で8%、日系企業社員で10%と1割以下となった。「知らない」と回答した人は 約7割(外資系企業社員72%、日系企業社員67%)だった。

 また、「中途採用比率」のどの項目の比率に興味があるか聞くと、1位は「年代」(同55%、64%)だった。次いで「全体」(同46%、44%)、「職種」(同38%、41%)となった。

【中途採用比率のどの項目の比率に興味があるか トップ5】
1位 年代 (外資系企業社員55%、日系企業社員64%)
2位 全体 (同46%、同44%)
3位 職種 (同38%、同41%)
4位 管理職 (同29%、同35%)
5位 性別 (同25%、同23%)
2 件

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中