2019年1月31日

【法務分野の中途採用】海外のM&A・契約交渉経験者、金融コンプライアンス人材に求人ニーズ

LCC 塚田 篤 代表取締役社長

 (22657)

 司法制度改革からの約10年で、企業内弁護士は着実に増えてきました。企業側の評価も良好で、若手・中堅の法務職採用は有資格者が主流です。
 求人ニーズとして多いのは、海外関連のM&Aや契約交渉の経験者です。高い語学力も必要とされるため、人材は奪い合いです。それ以外で最近少し目立つのはコンプライアンス関連の求人です。これまでそれほど人気がなかった分野ですが、フィンテックに取り組む上で金融庁とのやり取りや規制への対応が必要になるため、金融機関だけでなく、新たに金融分野への参入を目指す異業種やベンチャー企業からも専門人材のニーズが出ています。
 近年の企業内弁護士の採用は、司法修習後に弁護士事務所を経ないで企業へ就職したり、弁護士事務所から企業へ転職する若手・中堅の増加に支えられてきました。ところが、近年の働き方改革の影響で社内の法務業務を弁護士事務所にアウトソースする企業が増加し、若手・中堅の弁護士が転職を考える余裕すらない多忙な状況となり転職活動がやや鈍化しています。
 また企業内弁護士の実態についての情報が色々と入ってくることも増え、転職をより慎重に考える弁護士もいます。
 候補者が非常に限られている専門職種ですので、一定以上の給与水準が採用競争力のベースになり、実際に候補者が希望する水準は上昇傾向にあります。ただ、弁護士事務所の仕事はハードワークで、特に顧客獲得のプレッシャーが大きいため、潜在的に企業への転職を考えている弁護士は少なくありません。企業の給与水準に対する理解も進んできており、配偶者の出産で転職を考える男性も増えています。
 弁護士の転職活動は、積極的に転職サイトに登録したり直接応募する人は少なく、知り合いを通じて紹介されたエージェントに相談し、自分に適した求人が出てきた場合に声が掛かるのを待つのが大半です。
 そのため、効率的で精度の高い採用を実現するためには、求める専門知識や経験を明確にし、法務職専門のエージェントに候補者を探し出してもらうことが必要です。

LCC「法務人材エージェントのパイオニアとして最適な法務組織づくりや人材を提案します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

LCC「法務人材エージェントのパイオニアとして最適な法務組織づくりや人材を提案します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
LCCは日本における法務人材専門のブティック型エージェントのパイオニア。代表の塚田氏は1984年にリクルートに入社し、86年の法務部創設に関わる。88年に起きた「リクルート事件」に対処後、法務課長としてコンプライアンス強化に向けた組織の立て直しを担うという稀有な経験を積んだ。法務部門における圧倒的な実務経験と法務人材ネットワークを強みに、企業のニーズに応じた高精度なマッチングが高く評価されている。(日本人材ニュース編集部の評価)
9 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

長時間労働・残業時間の削減に取り組んだ企業は6割超

長時間労働・残業時間の削減に取り組んだ企業は6割超

 「働き方改革」として「長時間労働削減のための労働時間管理の強化」と「残業削減の推進」に取り組んだ企業は6割を超えていることが、厚生労働省の11月の労働経済動向調査で分かった。
要注意!給与の不満から考える転職活動

要注意!給与の不満から考える転職活動

転職市場は引き続き活況であり、これを機に自身の転職について考える人も多いだろう。その中で「現状より給与アップ」は転職理由ベスト3に入る。しかし転職によって給与は上がるのか、現在の転職市場の状況を踏まえながら解説していく。
2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

 2019年の新卒採用予定者数は、すべての学歴で前年と比べて「増加」するとした事業所が「減少」とする事業所を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。
未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

 未充足の求人がある事業所が58%に上ることが、厚生労働省の2月の労働経済動向調査で分かった。宿泊業・飲食サービス業、医療、福祉業では7割以上となっている。
【バイリンガルの中途採用】AI・IoT技術の実用化が加速し、営業スペシャリストやエンジニアが不足

【バイリンガルの中途採用】AI・IoT技術の実用化が加速し、営業スペシャリストやエンジニアが不足

ロバート・ウォルターズ・ジャパン デイビッド ・スワン 代表取締役社長
【障がい者の中途採用】法定雇用率引き上げに対応するための採用で求人がさらに増加

【障がい者の中途採用】法定雇用率引き上げに対応するための採用で求人がさらに増加

セントメディア 森 晴貴 チャレンジド雇用支援事業部長

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース