2017年8月16日

国家公務員の月例給0.15%、ボーナス0.1月の引き上げを勧告

 人事院は、民間の状況を反映して2017年の国家公務員の月例給を0.15%(631円)、特別給(ボーナス)を0.1月分引き上げるよう、国会と内閣に勧告した。月例給、ボーナスとも4年連続の引き上げ勧告となる

 (12965)

 民間の初任給との間に631円(0.15%)の差があることなどを踏まえ、総合職試験、一般職試験(大卒程度)、一般職試験(高卒者)の初任給を1000円引上げる。若年層についても同程度の改定となる。

 その他は、それぞれ400円の引上げを基本に改定し、平均改定率は0.2%となる。

 また、給与制度の総合的見直しにおける本府省業務調整手当の手当額を引上げる。

【月例給 勧告率】
2017年 0.15%
2016年 0.17%
2015年 0.36%
2014年 0.27%

【行政職職員の平均年間給与増減額】
2017年 前年比5.1万円増(0.8%増)
2016年 同5.1万円増(0.8%増)
2015年 同5.9万円増(0.9%増)
2014年 同7.9万円増(1.2%増)

 ボーナスは、民間の支給状況等を踏まえ、支給月数を0.1月分引き上げ、4.40月に改定する。

【特別給の年間支給月数】
2017年 4.40月(前年比0.10月増)
2016年 4.30月(同0.10月増)
2015年 4.20月(同0.10月増)
2014年 4.10月(同0.15月増)

おすすめの記事

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、長澤運輸事件の東京高裁判決(東京高等裁判所平成28年11月2日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2017年の実質賃金は2年ぶり減少、12月の実質賃金0.5%減

2017年の実質賃金は2年ぶり減少、12月の実質賃金0.5%減

 厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)によると、2017年の実質賃金は減少していることが分かった。5年ぶりに増加した昨年から一転して0.2%減となっている。
ベースアップ予定の上場企業は33.6%、昨年の実績は46.9%

ベースアップ予定の上場企業は33.6%、昨年の実績は46.9%

 労務行政研究所が東証上場企業を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」によると、上場企業の33.6%がベースアップを予定しており、3年ぶりに増加傾向となっていることが分かった。
大手企業の2017年の年末一時金83万625円、5年連続前年比が増加

大手企業の2017年の年末一時金83万625円、5年連続前年比が増加

 従業員1000人以上の大手企業において、2017年の年末一時金の平均妥協額は83万625円であることが、厚生労働省の集計で分かった。2016年と比べ16円増となっており、対前年比は5年連続でプラスとなっている。
11月の実質賃金0.1%増、現金給与総額は0.9%増

11月の実質賃金0.1%増、現金給与総額は0.9%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.1%増となったことが、厚生労働省が発表した17年11月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
2017年の平均年収418万円、金融系がトップ

2017年の平均年収418万円、金融系がトップ

 2017年の正社員平均年収は418万円で、職種別・業種別ランキングではともに金融分野の仕事が1位となっていることが、パーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース