2017年8月1日

オプトワークス/AI、ビッグデータに特化した人材紹介を開始

 企業のAI・ビッグデータの活用を支援するオプトワークス(東京・千代田、夏井丈俊社長)は、データサイエンティスト、 ハイエンドエンジニア、ハイクラスに特化した「人財紹介サービス」を開始する。

 (12934)

 AIやビッグデータに対する社会的なニーズの高まりを受け、AI開発を推進するデータサイエンティスト、RPAエンジニア、IoT技術者をはじめとするハイエンドエンジニア、その他ハイクラス人材に特化する。まずは、オプトグループが運営するデータ分析コンテスト・プラットフォーム「DeepAnalytics」と連携し、5,000人のデータサイエンティスト会員に対し転職支援の一環として求人紹介サービスを提供する。
 現在、オプトワークスはオプトグループと共同で「DeepAnalytics」をプラットフォームとしてデータサイエンティストの育成、企業のAI開発・ビッグデータ活用支援、データサイエンティストの採用支援サービスを提供しているが、2017年4月の設立からデータサイエンティストの採用相談を多数受けるなど人材が大幅に不足している状態だという。オプトワークスでは「『人財紹介サービス』を展開することで、さらにお客様へのメリットを提供できる」として、今後2年間で100人超の紹介実績を見込んでいる。
■オプトワークスの「人財紹介サービス」の対象
・データサイエンティスト
・RPAエンジニアやIoT技術者等のハイエンドエンジニア
・経営企画や事業開発など難易度の高いポジションで経験とノウハウを有する人財
■DeepAnalyticsとは
 DeepAnalyticsは、企業のAI開発・データサイエンティスト採用・育成のための日本最大のオープンイノベーションプラットフォーム。参加会員は5,000人を超え、大学や研究機関の研究者、企業の社員、フリーランス等、様々な領域で活躍するデータ分析の専門家が登録している。企業や公的機関が、このプラットフォームを利用してコンテストを開催し、成績上位者は懸賞金を受け取る。一方、アルゴリズムに関する権利を依頼者へ譲渡する仕組みとなっている。
 (12933)

6 件

関連する記事

オンラインAI教育システム「SIGNATE Quest」実践的な疑似体験プログラムでAI人材の育成課題を解決

オンラインAI教育システム「SIGNATE Quest」実践的な疑似体験プログラムでAI人材の育成課題を解決

AI開発人材ネットワーク「SIGNATE(シグネイト)」を運営するSIGNATEは、オンラインAI教育システム「SIGNATE Quest」をリリースした。AIの活用を検討する企業が増加する中、社員全員にAIリテラシーを育む「SIGNATE Quest」はどんな効用をもたらすのか。同社取締役副社長COOの夏井丈俊氏に聞いた。
企業の命運を分けるデジタル人材の採用と育成

企業の命運を分けるデジタル人材の採用と育成

IoT、ビッグデータ、AI(人工知能)などのテクノロジーによって、これまでのビジネスのあり方が大きく変わろうとしている。人材市場では稀少なデジタル技術者や事業責任者などの奪い合いとなっており、多くの企業が人材確保に頭を悩ませている。事業変革を推進していくためのデジタル人材の採用や育成について、最新事情を取材した。
SIGNATE 夏井丈俊副社長COO データサイエンティストの不足を “AI開発コンペティション”で解決

SIGNATE 夏井丈俊副社長COO データサイエンティストの不足を “AI開発コンペティション”で解決

広告代理店大手オプトホールディングは4月1日、AI開発コンペティションサイトを運営する新会社SIGNATE(シグネイト)を設立した。AI・ビッグデータの活用、データサイエンティストやAIエンジニアの採用・育成を支援する同社の夏井丈俊副社長に、ビジネスモデルや今後の事業展開などについて聞いた。

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中