2016年10月27日

採用支援サービスのディスコが社長交代人事を発表

 採用支援サービスのディスコ(東京・文京)は12日、取締役会で社長交代人事を決定し、新社長に新留正朗氏(52歳)の就任を発表した。新留氏は1987年ディスコに入社し、98年まで大阪支社に勤務、本社採用広報事業部事業部長などを経て2010年に取締役に就任していた。なお、前社長の夏井丈俊氏は同社顧問に就任した。

 (10600)

新社長の略歴

新留正朗(にいどめ まさろう)氏
生年月日:1964年1月23日
出身地:鹿児島県
最終学歴:同志社大学法学部法律学科卒業

略歴:
1987年4月 ディスコ入社 大阪支社採用広報営業部配属
1998年6月 本社採用広報事業部営業第二課マネージャー
2000年5月 本社採用広報事業部営業推進課課長
2005年4月 本社リサーチ&マーケティング部長
2007年4月 本社採用広報事業部事業部長
2009年3月 本社IT推進部部長
2010年10月 取締役就任
2016年10月 代表取締役社長就任

ディスコ 「バイリンガルのグローバル人財を、専門分野のコンサルタントが採用に導きます」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

ディスコ 「バイリンガルのグローバル人財を、専門分野のコンサルタントが採用に導きます」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
桒原 博之 キャリタスエージェント事業部 部長

ディスコ 「コンサルタントによる面談とスクリーニングで意欲の高い最適な人財を紹介します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

ディスコ 「コンサルタントによる面談とスクリーニングで意欲の高い最適な人財を紹介します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
桒原 博之 キャリタスエージェント事業部 部長
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

新ブランド「キャリタス」の展開で優良な企業との出会いをサポート ディスコ 新留正朗社長

新ブランド「キャリタス」の展開で優良な企業との出会いをサポート ディスコ 新留正朗社長

若年労働力の不足や労働力人口の減少で人材不足や人手不足はますます深刻になっている。こうした課題にさまざまな人材採用支援サービスを提供している老舗人材会社ディスコはどのように貢献していくのか。昨年、新社長に就任した新留正朗氏に企業の採用の課題や事業方針について聞いた。
2018年卒学生の4月1日時点の内定率14.6%、中堅企業の内定出しが増加 ディスコ調べ

2018年卒学生の4月1日時点の内定率14.6%、中堅企業の内定出しが増加 ディスコ調べ

 人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の学生モニター調査によると、2018年卒学生の4月1日時点の内定率は14.6%で、前年同期に比べ内定の前倒しが進んでいることが分かった。
ディスコ 企業と学校を結ぶオンライン求人票システムをリニューアル

ディスコ 企業と学校を結ぶオンライン求人票システムをリニューアル

 ディスコ(東京・文京、新留正朗社長)は、オンライン求人票システム「キャリタスUniCareer(略称:キャリタスUC)」をリニューアルした。今後、採用広報の開始にあわせ、求人情報を大学に向けて配信していく。
採用期間の短縮化 どう変わる新卒採用

採用期間の短縮化 どう変わる新卒採用

採用活動スタートが12月に変更されて今年で2年目となり、採用期間中における活動の前倒しが顕著となった。さらに、政府の要請で2016年新卒の採用からは採用期間が後ろ倒しになる可能性がある。2014年新卒の採用活動を振り返り、採用期間短縮化の影響を取材した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース